この秋見たい!西濃の絶景満喫コース

1泊2日
飛騨・美濃紅葉33選に選ばれる「谷汲山華厳寺」「両界山横蔵寺」「養老公園」を巡る西濃の紅葉旅

スタート

大垣IC 車で約1時間

約1時間
谷汲山華厳寺の紅葉 

谷汲山華厳寺の紅葉 

その歴史を感じさせる佇まいは壮観の一言

西国33番満願霊場で、「谷汲さん」の愛称で親しまれている華厳寺。

 

飛騨・美濃紅葉33選に選ばれ、秋はもみじまつりが開催され、土産物屋が並ぶ参道は、参拝者でいっそう賑やかになります。

 

例年の見ごろは、11月中旬~12月上旬です。

住所 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23
電話番号 0585-22-2111 (揖斐川町商工観光課)
アクセス JR東海道本線大垣駅→樽見鉄道(約40分)谷汲口駅下車→名阪近鉄バス・揖斐川町コミュニティバス(谷汲山行き・約10分)谷汲山下車
HP 公式サイト
備考
車で約15分

約30分
両界山横蔵寺  

両界山横蔵寺  

即身成仏のミイラがある珍しいお寺 紅葉がすばらしい

薬師如来像をはじめ22体の国の重要文化財が安置されている両界山横蔵寺。

 

他にも多くの仏像や絵画・書籍を所蔵し、別名「美濃の正倉院」と呼ばれています。約200年前に即身成仏したという妙心法師のミイラがあります。
 

飛騨・美濃紅葉33選に選ばれ、風格ある建物と鮮やかな紅葉のコントラストはため息が出るほどの美しさです。11月第3日曜日には「横蔵もみじまつり」実施。11月にはもみじのライトアップも実施されます。例年の紅葉の見ごろは、11月上旬~下旬です。

住所 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲神原1160
電話番号 0585-22-2111 (揖斐川町観光文化戦略課)
営業時間 10:00~16:00
定休 年中無休(宝物殿は12/1~3/31と雨天休み)
料金 無料(宝物殿とミイラ堂は大人500円、小中学生200円、幼児100円)
アクセス JR東海道本線「大垣駅」から樽見鉄道「谷汲口駅」下車→揖斐川町コミュニティバス(名阪近鉄バス)谷汲行き「谷汲山」下車→揖斐川町コミュニティバス(名阪近鉄バス)横蔵線終点下車すぐ
HP 公式サイト
車で約1時間

長良川温泉で宿泊

ぎふ長良川温泉

ぎふ長良川温泉

清らかな水をたたえる長良川 心温まる温泉街

1300年の歴史を誇る「鵜飼」(毎年5/11~10/15開催)で有名な温泉地。

 

「観光経済新聞社 にっぽんの温泉100選」に5年連続で選ばれています。

 

鉄分やラドンを多く含む鉄泉で、銅色のにごり湯。中心を流れる清流・長良川は「名水100選」に選ばれています。

 

川沿いに並ぶ宿泊施設では「鮎料理」や地元の薬草を用いた「薬膳料理」が楽しめるほか、鵜飼と宿泊をセットにした「ぎふ長良川温泉鵜飼パック」も好評です。

住所 〒502-0817 岐阜県岐阜市長良福光2610-4
電話番号 058-297-2122  (岐阜長良川温泉旅館協同組合)
営業時間 岐阜長良川温泉旅館協同組合の営業時間:
10:00~17:00
定休 岐阜長良川温泉旅館協同組合の休業日:
土日祝日及び年末年始
料金 岐阜長良川温泉旅館協同組合に所属の温泉・旅館の予約や相談無料
アクセス JR岐阜及び名鉄岐阜より岐阜バス岐阜公園、長良橋・高富方面行き及び市内ループ左回りのバス乗車。「鵜飼屋」バス停下車、徒歩3分。
HP 公式サイト
翌朝は川原町の散策もおすすめ

川原町界隈

川原町界隈

どこか懐かしくどこか新鮮

格子のある町家、赤くて丸いポスト、蔵の高い黒壁には挟まれた路地。織田信長の時代から商人の行き交う川湊だった川原町。

間口が狭く奥行きのある昔ながらの日本家屋が続く町並には、古きよき趣はそのままに、町家や蔵を改装したお店が多く点在します。

年々その数は増え続け、イタリアンから中華料理、カフェやスイーツ、雑貨と実に多彩。

鮎の塩焼きや鮎菓子、岐阜うちわなど、岐阜ならではの伝統的なお土産がそろうのも魅力です。

鵜飼観覧船のりばからすぐなので、鵜飼観覧前の散策におすすめ。

住所 岐阜県岐阜市湊町・玉井町・元浜町界隈
電話番号 058-266-5588 ((公財)岐阜観光コンベンション協会)
アクセス JR岐阜及び名鉄岐阜より岐阜バス岐阜公園、長良橋・高富方面行き及び市内ループ左回りのバス乗車。「長良橋」バス停下車、徒歩5分。
HP 公式サイト
車で約40分

いちのえだ田園フラワーフェスタコスモス

いちのえだ田園フラワーフェスタコスモス

住所 〒5090141岐阜県羽島市(羽島市浄化センター北)
電話番号 090-3308-9604
車で約40分

約2時間30分
養老公園の紅葉  

養老公園の紅葉  

モミジのアーチがロマンチック

養老公園は、飛騨・美濃紅葉33選に選ばれた約78.6haに及ぶ広大な公園です。
例年、11月中旬から12月上旬に紅葉の見頃を迎え、山全体が赤や黄に染まり、園内の散策路は、モミジやカエデのアーチが掛かりロマンチックな雰囲気に包まれます。

また、養老公園には泉の水がお酒に変わったという親孝行の「孝子伝説」の昔話を秘めた、高さ30m幅4mの名瀑「養老の滝」があります。美しい紅葉と雄麗な滝の姿をお楽しみください。

住所 岐阜県養老郡養老町高林1298-2
電話番号 0584-32-0501 (養老公園事務所)
営業時間 午前9時00分から午後5時00分
定休 月曜日(祝日の場合はその翌日)、
12/29~1/3
料金 駐車場は無料。
ただし、民営駐車場は有料。
アクセス JR大垣駅より養老鉄道・養老駅下車、徒歩15分
東海環状自動車道・養老ICより車で約10分
HP 公式サイト
備考
車で約40分

約1時間
木曽三川公園「秋の花物語」

木曽三川公園「秋の花物語」

満開のコスモスにかこまれて

9月中旬~11月中旬にかけて花色が美しいセンセーション、大きな花が魅力的なスーパービッキーなどコスモスが園内を秋色に彩ります。

 

花丈が長いので、花壇の園路を歩けば、間近に花を見ることができ、小さい子どもならかくれんぼすることもできます。

 

花の見頃にあわせて親子で楽しめるイベントも盛りだくさん!

 

是非家族そろってお出かけ下さい。

 

 

 

住所 〒503-0625 岐阜県海津市海津町油島255-3
電話番号 0584-54-5531 (木曽三川公園管理センター)
定休 毎月第2月曜日
期間中の休園日 10月15日(火)
料金 無料
展望タワーは有料
アクセス 養老鉄道石津駅から海津コミュニティバス「木曽三川公園」下車すぐ。
名阪高速道路大垣I.C.より国道258号線を南下約40分。
名古屋方面から東名阪自動車道弥冨I.C.より約15分、長島I.C.より約10分。
岐阜方面から長良川右岸を南下し約50分。
四日市方面から東名阪自動車道桑名東I.C.より15分。
HP 公式サイト
備考 駐車場は無料
第1P 1,100台(うち身障者用7台)、バス16台
第2P 131台(うち身障者用8台)
資料
(PDF)
ダウンロード
車で約20分 弥富IC

ゴール

コースマップ