• 20197
  • 20198
  • 20199
  • 201910
  • 201911
  • 201912
  • 20201
  • 20202
  • 20203
  • 20204
  • 20205
  • 20206
  
京都龍安寺のモデル「大智山愚溪寺」
必見!!枯山水の庭「臥竜石庭」

 愚溪寺は山号を大智山といい、臨済宗妙心寺派の名刹で、約17,000平方メートルの広大な境内敷地と美しい枯山水の庭「臥竜石庭」を有しています。

平庭に白砂が敷かれ、現在は3つの石と松が配されていますが、かつて鈴が洞に作庭されていた石庭には7つの石が用いられ、臥龍形(臥して横たわる龍の形)を表現していたとされています。



 

京都龍安寺のモデルの地

愚溪寺の前身は、応永16年(1409)美濃春木(現、御嵩町御嵩)に設けられた「無著庵」という草庵で、のちに京都龍安寺を開山した義天玄承禅師が、応永35年(1428)中村鈴が洞の地(現、御嵩町中)に「無著庵」を移転し、開いた愚溪庵が愚溪寺の始まりといわれています。 

現在の伽藍は、江戸時代(天保年間1830-1844)に移築整備されたものです。
 
基本情報
住所 〒505-0121 岐阜県可児郡御嵩町中2635-1
電話番号 0574-67-0123
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約