• 201910
  • 201911
  • 201912
  • 20201
  • 20202
  • 20203
  • 20204
  • 20205
  • 20206
  • 20207
  • 20208
  • 20209
  
神渕神社の大杉

豊潤な暮らしの糧をもたらしてくれる自然を神と仰ぎ、朝な夕なに天に祈りを 捧げてきた七宗の先人たち。その素朴な心の象徴ともいえるのが、御佩山 (みはぎやま)の頂上近くから、まちを見守るようにたたずむ神渕神社である。

社へと続く参道沿いの崖には”御佩郷”と巨大な磨崖文字が刻まれています。一字は実に2m四方と、そのスケールはまさに圧巻。御佩山、御佩郷と は神代の頃、高天原に登る須佐之男命が、自ら佩いた十劵剣(とつかのつるぎ) をこの地に祀ったという神話に由来するもの。

神渕神社は壬申の乱(672) の際、大海人皇子(後の天武天皇)が皇運挽回祈願のため、神鏡を祀ったことが始まりだといわれています。

七宗町は神々にとって”特別な地”だったのでしょうか。それを知るのは、神域と呼ぶにふさわしい静寂に包まれた社の境内で、850年のときを見つめてきた大杉だけかもしれません。

基本情報
住所 岐阜県加茂郡七宗町神渕
電話番号 0574-48-2291 (七宗町役場)
備考 お問い合わせ先:七宗町役場 企画財政課 企画振興係
        TEL 0574-48-2291
        FAX 0574-48-2347
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約