• 20209
  • 202010
  • 202011
  • 202012
  • 20211
  • 20212
  • 20213
  • 20214
  • 20215
  • 20216
  • 20217
  • 20218
  
なぜか、ふしぎな、うつくしさ

★来館者の皆さまへの新型コロナウイルス感染症対策に関するお願い
○ご来館前
・土日祝日につきましては、ご来館の事前予約をお願いいたします 。
・発熱などの風邪症状のあるお客様は、ご来場をご遠慮ください 。
必ずマスクを着用 の上、ご来館をお願いします。
・10 人を超えるグループ 、団体 でのご来館については、その日の状況に応じて検討しますので、ご相談ください。
・混雑時は入館をお待ちいただくことがあります。

○ご来館時
・受付の際には、ご家族・同伴者ごとに間隔をあけ、会話を控えてお並びください。
・入館時に口頭でマスク着用、体調などの確認をいたします。
・こまめな手洗いと手指消毒をお願いいたします 。
・ご観覧される際は、他のお客様と2 メートル以上距離を空けてください。
・展示室内では、大きな声での会話をお控えください。
・ご観覧は1時間を目安に、展示物や展示ケース、展示室壁面などに触れないよう、お願いいたします。
・ご予約なしでご来場された場合には、岐阜県感染警戒QR システムもしくは連絡票へのご記入をお願いします。

★館としての対策
・「三つの密」を避けるため、体験工房は、6月30日より平日限定で人数制限のうえ再開、タイル相談会他、イベントの開催は当面の間休止します。
・館内出入口、ショップ、4 階展示室などに消毒液を設置します。
・スタッフは毎日検温を実施するなど健康管理に努め、マスク や手袋を着用します。
・受付などに、飛沫防止のパネルを設置します。
・手の触れる頻度の高い箇所を定期的に消毒します。
・休憩コーナーや産業振興フロアの椅子を撤去し、ショップの配置を変えるなどして、長時間の滞在や密集を避けられるようにいたします 。
・団体様のご見学受付や、解説の対応は、しばらく控えさせていただきます。

新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みへのご協力をお願いします。

 


多治見市笠原町は、全国一のモザイクタイルの生産地です。
モザイクタイルとは50センチ平方メートル以下の小ぶりなタイルのことで、多種多様な色と形を活かして人々の生活を豊かに彩ってきました。
その魅力を発信するために、2016年6月、多治見市笠原町の真ん中にモザイクタイルミュージアムが建設されました。

設計・デザインは、世界的に知られる建築家・藤森照信氏が担当しました。
一度見たら忘れられない不思議なかたちは、タイルの原料である「土」を取る「土取り場(どとりば)」から発想を得たそうです。

内部は昭和の国産タイルの膨大なコレクションをはじめ、レトロな洗面台・浴槽など多彩なタイルをご覧いただけます。
キラキラと光り輝くモザイクタイルがあふれる不思議な世界へ、ぜひあなたも遊びにきてみませんか。
基本情報
住所 〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町2082-5
電話番号 0572-43-5101 (モザイクタイルミュージアム)
営業時間 9:00~17:00
(入館は閉館の30分前まで)
定休 毎週月曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始
料金 個人 常設       310円
   年間パスポート 1,020円
団体(20名以上) 常設250円
高校生以下無料
※療育手帳、身体障害者手帳、精神障碍者手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は無料です。
※企画展の場合は別に定めます。
アクセス (公共交通機関の場合)
名古屋から、JR中央本線下り多治見・中津川方面行き、多治見駅下車。
多治見駅から東鉄バス東草口行きまたは羽根行きにて約20分、「モザイクタイルミュージアム前」(2016年6月30日までは「笠原町役場前」)下車。
(お車の場合)
多治見ICから約25分。
土岐南多治見ICから約15分。
駐車場
大型バス: 2台
普通乗用車: 150台
HP 公式サイト
備考 ※駐車場は笠原中央公民館との合同駐車場です。駐車スペースに限りがありますので、公共交通機関の利用をおすすめします。
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約