• 20214
  • 20215
  • 20216
  • 20217
  • 20218
  • 20219
  • 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  
光秀の謎がこの地に眠る

《新型コロナウィルス感染症拡大防止のために》

安心・安全に楽しんでいただくためにも、以下の注意事項を守っていただくようお願い致します。

・体調が悪い方は来訪を控えていただくようお願い致します。
・空いた時間や他の人と一定以上の距離を取り、密集・密接を避けてください。
・マスクを着用、手洗い、うがいを徹底しましょう。




山県市には明智光秀の出生や晩年に関する伝承が残っています。

生誕の地と伝わる中洞地区


山県市中洞地区は、明智光秀が生まれた地とされています。
この地区の伝承によると、光秀は土岐四郎基頼と、中洞の豪族である中洞源左衛門の娘との間に生まれ、その後、明智城主明智光綱の養子となったと伝えられています。
誕生にまつわるものとして、中洞白山神社境内には、光秀の母が産湯の水を汲んだという井戸が残されています。また、地区内を流れる武儀川には、光秀を身ごもった際に母が「生まれてくる子が男の子であれば、たとえ三日でも天下を取る男子を」と祈ったという行徳岩があります。


光秀はこの地で生きていた!?


また、中洞地区の伝承では、本能寺の変のあと、山崎の合戦で討ち死にしたのは影武者であり、中洞に落ち延びて住んでいたと伝えられています。
光秀は郷里の中洞に落ち延びた後、山崎の合戦で討ち死にした影武者・荒木行信の忠誠に深く感銘して「荒」と「深」をとって、自ら荒深小五郎と名乗り、この地で暮らしていました。その後、慶長5年(1600年)、関ケ原の合戦に参戦しようとした道中、増水した藪川(根尾川)で馬共に流されて亡くなったとされています。
中洞白山神社の林の中に光秀の墓とされる「桔梗塚」があり、現在まで地元の荒深氏一族によって大切に守り続けられ、年に2回(4月第2日曜日、12月第1日曜日)供養祭が行われています。

基本情報
住所 〒501-2258 岐阜県山県市中洞1020番地 中洞白山神社
電話番号 0581-22-6831 (山県市まちづくり・企業支援課)
営業時間 いつでも見学可能
定休 いつでも見学可能
料金 無料
アクセス 岐阜バス板取線樫瀬バス停下車徒歩約16分
関広見ICから車で約16分
駐車場
普通乗用車: 8台
HP 公式サイト
備考 国道256号アンダーパス手前の臨時駐車場をご利用ください。
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約