• 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  • 20225
  • 20226
  • 20227
  • 20228
  • 20229
  • 202210
  • 202211
  
奇跡の清流がここにもある!円原川のヒミツ!?

《お知らせ》
令和2年7月の大雨により、円原地内(伏流水の湧水ポイント手前)の市道において落石および土砂崩れが発生しました。
そのため、令和3年度から山の崩落した箇所の治山工事が実施されます。
この工事期間中、工事区間付近の市道は全面通行止めとなりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


【令和3年度工事期間】令和3年5月24日~令和4年2月15日(予定 ※現場状況や天候により変更となることがあります)


※この工事により伏流水の湧水ポイント手前までしか行けませんが、それまでの道中でも川に降りることが可能な場所や、川霧・光芒が発生します。周辺の農家レストラン「舟伏の里へ おんせぇよぉ~」やカフェ「Phin and Bean」も営業していますので、ぜひお立ち寄りください。


山県市の北部を流れる約8キロほどの円原川。神崎川に合流したのち武儀川となり、最終的には長良川に注ぎます。
透き通る水と岩に張り付く苔のきれいな川は「ぎぶ・水と緑の環境百選」にも選ばれており、まさに清流長良川となる源流の一つです。
水のきれいさのヒミツは、円原川が「伏流水」であること。伏流水とは流れる水が一旦地中に潜りこみ、ふたたび岩間から湧き出る現象のことをいいます。円原川は付近が石灰岩質の岩場であり、約2キロほど地中に潜る間に浄化されていることがきれいさの要因と考えられます。

ここ最近では、水と苔のきれいさだけでなく、夏場の朝、気象条件によって発生する「川霧」の幻想的な様子や、木々の間から太陽の光が差し込む「光芒」の景色を写真におさめようと、多くのカメラマンが訪れています。

山県市観光総合サイト「はじめての山県市めぐり」
https://www.kankou-gifuyamagata.jp/article/deatils/enbarafuku

【川霧と光芒を撮影するポイント】

・季節は主に夏(7・8月が良い)
・川霧が発生しており、太陽の日差しが必要です。
・時間は午前7時30分頃~9時頃まで(8時頃がピークです)


※道中狭い箇所があり、付近には駐車スペースが限られています。住民の迷惑となる路上駐車等はご遠慮ください。
※岩場の苔などを踏み荒らすことのないよう、自然を大切にお楽しみください。
※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、河原でのバーベキューやキャンプ等はお控えください。
基本情報
住所 岐阜県山県市円原
電話番号 0581-22-6831
駐車場
普通乗用車: 8台
HP 公式サイト
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約