乗鞍岳・乗鞍スカイライン(のりくらだけ・のりくらすかいらいん)

バスで気軽に2700mの世界へ!

乗鞍岳は北アルプス(飛騨山脈)の南端に位置し、高山市と長野県松本市にまたがっています。
標高3026メートルの剣ケ峰を主峰とする23の峰と7つの湖、8の平原からなり、壮大な山岳風景を形成しています。
乗鞍岳からは槍ヶ岳、穂高連峰など、まさに雲上の世界が眺められるほか、乗鞍スカイラインの終点である標高2702メートルの畳平には約4ヘクタールのお花畑が広がり、夏には、白、黄、ピンクなど色とりどりの高山植物をご覧いただけます。
乗鞍岳は国立公園の特別保護地域に指定されており、特別天然記念物のライチョウをはじめ、高山植物など貴重な動植物の宝庫でもあります。山のルールを理解し、乗鞍の自然をみんなで守りましょう。


乗鞍スカイラインは高山市平湯峠から乗鞍岳畳平を結ぶ延長14.4キロメートルの山岳観光道路です。
現在、乗鞍岳の貴重な自然を保護するためマイカー規制が行われており一般車両の通行はできません。
乗鞍岳へはバスまたはタクシーをご利用ください。

基本情報

住所
岐阜県高山市丹生川町
営業時間
<通行時間>
(5・6・10月)7:00~18:00
(7・8・9月) 3:30~18:00
休業日
11月1日~5月14日は閉鎖
料金
<バス運賃>
ほおのき平~乗鞍畳平:片道1290円
平湯~乗鞍畳平:片道1450円
※往復割引有、小学生は半額
アクセス
高山濃飛バスセンター(高山駅横)からほおのき平までバスで約40分
ウェブサイト

https://norikuradake.jp/

地元レポーター発!旅のコラム

動画

関連スポット

この周辺のスポットを探す

乗鞍スカイライン
乗鞍スカイライン
日本一の高度を走る雲上のスカイライン
more