長良川鵜飼 信長が愛した清流絵巻

ライトアップされた岐阜城が山頂で輝く金華山を背景に繰り広げられる幻想的な古典絵巻、岐阜市の長良川鵜飼。かがり火に照らされた鵜舟の上で、濃紺の上着と藁の腰蓑(こしみの)を身につけた鵜匠が鵜を巧みに操って魚を捕えます。1300年もの時を経てなお、清流長良川に受け継がれている岐阜の宝です。
お話を伺ったのは、40年以上も鵜匠を務める杉山雅彦さん。先人に学び、そして自ら積み上げてきた、鵜匠に宿る心意気を語っていただきました。

<この記事は、(株)岐阜新聞社と岐阜県観光連盟との共同企画で制作しました。>

訪ねた人:杉山雅彦さん
屋号「マルワ」の鵜匠家に生まれる。18歳の時に父が急逝し、大学に通いながら鵜匠を務めた。2017年から岐阜市の長良川鵜飼に所属する6人の鵜匠を束ねる鵜匠代表に。鵜飼の魅力を伝えるため、国内外で講演や実演に尽力する。
長良川鵜飼 信長が愛した清流絵巻

野生の習性を巧みに操る、鵜匠の技

岐阜市の長良川鵜飼が行われるのは、例年5月11日から10月15日の夜。鵜匠は鵜に結び付けた手縄(たなわ)を左手で握り、見事な手さばきで最大12羽の鵜を操ります。鵜は、かがり火の明るさに驚いて動きだす魚めがけて瞬時に飛び込み、捕えると丸ごと飲みこみます。鵜匠は頃合いを見計らって鵜を舟に引き揚げ、魚を出していきます。

「小さな魚はおなかに入るよう、首に結ぶ紐の加減を調節する。鵜に負担かけないようさらっと出させるのも、技術がいるね」。

「鵜呑み」という言葉の語源となる鵜の習性を利用し、人が編み出した古典漁法。豊かな清流長良川で育まれた味の良い鮎を獲る鵜飼は、古くから漁獲と観賞の双方の面で評価され、時の権力者などから保護を受けました。

日々鵜と接し続ける鵜匠の暮らし

岐阜市の長良川鵜飼に所属する鵜匠は、全部で6人。「宮内庁式部職鵜匠」を拝命しており、世襲制のため他人がなることはできません。それぞれの鵜匠が20羽前後の鵜を飼って生活しています。

「毎日顔色を見て、のどや体を触りながら、鵜たちの体調を確認する。昨日と今日、昼と夜でも違う。生き物との対峙だから、同じ状態はないね」。

鵜飼シーズンの前後には、鵜の健康診断や予防接種も欠かしません。鵜匠に飼われる鵜の寿命は、野生の倍で20年前後。長い場合は30年も生きるとか。生涯ここで暮らすため、鳥屋(とや)には若く新米の鵜から、現役を退いた年老いた鵜まで一緒になって過ごしています。

「次の世代を育てながら、一羽一羽と接し続けている」。

光の当たらないシーズンオフでも変わらない、鵜匠の暮らしです。

技術は自分で積み上げるしかない

舟に鵜を上げて魚を吐かせるタイミングや、鵜の体の触り方、羽や首の紐のかけ方、縛り方も、すべて自分の感覚。伝承された鵜匠の技とはいえ、これらの技術は手取り足取り教えてもらって身に付くものではないそうです。もちろん父親や船頭から手ほどきを受けますが、経験を積み、自分の感覚を研ぎ澄ましていくしかないのだとか。

「他人に聞くのは恥ずかしいしね。若いころ、一度だけ縛り方を先輩に聞いたことがあるけど、『どうって、こうやないかい』ってさらーっと見せられて。全然、あかんかった。やり方がもう全く違って。やっぱりやってみて、自分で洗練させていかないといけない。鵜飼の技術はそういうもん。6人同じように見えて、それぞれ違う」。

古代に発生し、信長が「鵜匠」と命名

  • 「濃州長良川鵜飼図」岐阜市歴史博物館所蔵

日本での鵜飼の始まりは定かになっていません。古墳から鵜飼を想起させる埴輪(はにわ)が出土されており、8世紀の『日本書紀』、『古事記』にも記述があります。

岐阜県の鵜飼については、702(大宝2)年の美濃国(現在の岐阜県)のものとされる戸籍に記述があります。

高い技術を持ち、鵜飼を生業とする者を「鵜匠」と名付けて保護したのは織田信長とされ、武田信玄の使者が岐阜へ来たときの接待に使ったといいます。

皇室に保護され、つながれた伝統

長良川鵜飼は江戸幕府にも保護され、鵜飼でとれた鮎で作った「なれ鮨」を献上していました。参勤交代の道中に藩主らが鵜飼に寄ったり、松尾芭蕉に歌を詠まれたりと、格式高い層から評価を受けていました。

しかし明治維新が起きて新政府になると保護が外され、政府に鵜飼税を支払って続ける状態になりました。消滅の危機を迎えますが、明治天皇の巡幸に随行した岩倉具視らが鵜飼を見て、天皇に鮎が献上されたのを契機に、岐阜県は宮内庁に保護を願い出ます。結果、皇室専用の御猟場(現在の御料場)と、そこで唯一漁を行える「鵜匠」の職が与えられました。

「近代でいえば、このときが一番の変革期だろうね。ここで保護されなければ、その歴史は途絶えていたかもしれない」。

常に考えるのは、魚をいかに獲るかということ

「かがり火の大きさや位置にも意味があって、電気みたいに全体が明るくなっちゃ、周り全部の魚が驚いてすぐに逃げてしまう。明るさで丁度良いのが、松を燃やしたかかがり火だろう。鮎が獲れる場所や川の状態を見ながら、薪の量やタイミングを調整する。漁業効率が上がるよう、毎日毎日これらをたっくさん考えてやっている」。

最近は自然環境の変化などから鵜飼で獲れる魚の数が減り、文化的・歴史的な価値に重きを置かれることが多いといいます。

それでも鵜飼はあくまで漁であることを雅彦さんは強く胸に刻み、日々工夫を重ねています。

昨日よりも獲る。本質は「漁としての鵜飼」

「時代の変化で、観光要素が強くなったり、鮎が獲れなかったり売れなかったりで、変わることもあるだろうけど。根本は変えない。魚を獲る。昨日よりも獲る。そのために生まれ、受け継がれてきた技術だから。ただのパフォーマーじゃなく、鵜匠は腕もしっかりあるところを、見に来てくれた人たちに思ってほしい」。

準備も明確な覚悟ないまま、弱冠18歳で鵜匠の名を背負い、漁に向き合い続けてきた雅彦さん。長良川と鵜飼の源流である「漁としての鵜飼」を忘れてはならない、この想いを次世代にもつなぎたいと、強く願っています。

遠くで「静」、間近で「動」を感じる

観覧船に乗って鵜飼を見れば、激しくしぶきをあげながら繰り広げられる荒々しい躍動感に飲み込まれます。

「水の音、鵜の声、舟べりをたたく音、鵜の羽ばたく音が聞こえてくる。鵜匠の手縄さばきや、鵜が魚を捉える瞬間、飲み込む瞬間が見られる。かがり火の火の粉が体に当たって、鵜匠が『アツッ』って言っている声なんかも聞こえるかもね」。

少し遠目に、長良川プロムナードから全景を眺めるのもまた違った雰囲気です。光る岐阜城がそびえる金華山を背景に、かがり火の明かりと鵜匠の「ほう、ほう」という声が静寂な夜に際立ち、幻想的な光景をゆったりと味わうことができます。

古式ゆかしい姿を見せてくれる中で、漁として真剣に立ち向かう鵜匠たち。この揺らがない心意気こそが、各時代の権力者たちに認められてきた本質かもしれません。

旅のメモ

ぎふ長良川の鵜飼を観覧船で

毎年5月11日~10月15日までの期間中、中秋の名月と増水時を除いて毎夜行われている「ぎふ長良川の鵜飼」。

電話やインターネット、ホテル・旅館から鵜飼観覧船の申し込みができます。弁当・飲み物をセットにした手軽で便利な「おまかせパック」などもあるので事前に要チェック!

ぎふ長良川の鵜飼を観覧船で