赤かぶら漬(あかかぶらづけ)

飛騨に根付く食文化(旅館の朝食で食べたい)

11月~12月頃に収穫した赤かぶをいかに長く食していくかという飛騨人の生活の知恵から生まれたもので、赤かぶが持つ豊富な養分を生かして「植物性乳酸発酵」による手法で漬け込まれています。発酵漬物独特の旨みと酸味が特徴です。

エリア
飛騨
カテゴリー
名物・ご当地グルメ

基本情報

住所
岐阜県
ウェブサイト

http://kankou.city.takayama.lg.jp/

関連スポット