朴葉ずし(ほおばずし)

地域によってさまざまな味が楽しめます。

朴の木の葉で酢飯を包んだ料理です。地域や家庭によって作り方が異なると言われています。朴葉は、殺菌効果があるといわれ、手も汚さず食べられることから、農作業や山仕事の携帯食として作られたのが始まりと言われています。

 <各市町村のコメントはこちら>

【中津川市】
初夏を代表する郷土料理「朴葉ずし」。朴葉に酢飯をのせ、その上に山菜やサケの切り身、川魚の甘露煮など、さまざまな具材を包みます。持ち運びやすく日持ちもすることから、農繁期の食事としても重宝されてきました。地域や家庭によって具材が異なり、現在では道の駅などでも購入することができます。

 【下呂市】(朴葉寿司)
 下呂の初夏の風物詩である朴葉寿司。大きな朴葉に酢飯と旬の具材を包んで作られます。
 朴の葉には殺菌効果があると言われており、古くから、田植えの共同作業の時などに振舞われた山郷の味です。
 中に入れられる具材は家庭によっても異なりますが、マスや山菜が多く使われています。

"

基本情報

住所
岐阜県中津川市、下呂市

関連スポット