• 20199
  • 201910
  • 201911
  • 201912
  • 20201
  • 20202
  • 20203
  • 20204
  • 20205
  • 20206
  • 20207
  • 20208
  
武家館で中世の殿様気分を味わおう!

「史跡江馬氏館跡公園」は、室町時代から戦国時代にかけて北飛騨を治めていたといわれる武将・江馬(えま)氏の館跡に、中世の武家館(下館跡の庭園、庭園を鑑賞する会所、主門、土塀など)が復元された歴史体験ゾーンです。
公園のある江馬氏の館跡周辺は、近世以降水田として利用されてきましたが、地元では「水田の中にある5つの大きな石は江馬の殿様の庭石だ」と古くから言い伝えられており、昭和51年から行なわれた発掘調査では、この伝承のとおり庭園をもつ中世武家館跡が見つかりました。
昭和55年に国の史跡「江馬氏城館跡」の指定、平成29年10月に国の名勝「江馬氏館跡庭園」を受けています。国の名勝指定は飛騨地方初、史跡と名勝の二重指定は岐阜県内初となります。

【最終更新日:2017年10月20日】

神社・仏閣の参考写真はこちら
 
基本情報
住所 〒506-1121 岐阜県飛騨市神岡町殿573番地1
電話番号 0578-82-6001
営業時間 10時~16時(入館は15時30分まで)
定休 12月1日~翌年3月31日(冬季休館)
料金 <一般>
大人:200円、小・中学生:100円
<団体> (20名以上)
大人:160円、小・中学生:80円
アクセス 〔高山市街より〕国道41・471号経由で約60分
〔富山市街より〕国道41・471号経由で約60分
〔飛騨市内より〕JR飛騨古川駅より車で約30分
HP 公式サイト
備考 駐車場あり
道の駅「スカイドーム神岡」の駐車場を利用し徒歩5分(約350m)
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約