光秀公手植えの楓(みつひでこうてうえのかえで)

戦略に長けた明智光秀のルーツ

「金幣社八王子神社」境内にある「柿本人麻呂社」は、萬葉の歌人柿本人麻呂を祭神とする社殿です。

伝承によれば、文武を志す光秀公が「学問所」には天神を、「八王子神社」には人麻呂を祀り、「社前」に紅葉(楓)を植えたと伝えられています。


この社殿には、明智氏の家紋である桔梗紋が彫られ大和絵風の歌聖柿本人麻呂の画像が祀られています。

エリア
東濃
カテゴリー
歴史を知る
戦国・城郭

基本情報

住所
岐阜県恵那市明智町1400-1 金幣社八王子神社内 柿本人麻呂社前

関連スポット

この周辺のスポットを探す

金幣社 八王子神社
金幣社 八王子神社
唐門は白鷹城(明知城)の城門を移築
more
龍護寺
龍護寺
明知遠山家の菩提寺 龍護寺
more
日本大正村
日本大正村
大正浪漫にタイムスリップ
more
日本大正村役場 (旧明智町役場)
日本大正村役場 (旧明智町役場)
超モダンな洋館の村役場
more
大正路地 
大正路地 
大正時代のたたずまい
more
大正ロマン館
大正ロマン館
大正のモダンなイメージをした洋風建築
more
大正村資料館
大正村資料館
建物そのものが重要な大正時代の資料
more
大正村浪漫亭
大正村浪漫亭
・・・旧いけれど新しい・・・
more
旧三宅家
旧三宅家
合掌造りの茅葺き屋根を持つ近世農家建築
more
中馬街道 うかれ横丁
中馬街道 うかれ横丁
誰が名付けたか? うかれ横丁 受験生にお勧め
more