大良の戦い 金矮鶏神社・大浦城跡・大浦の蛇(おおらのたたかい きんちゃぼじんじゃ・おおらじょうあと・おおらのじゃ)

殿軍は、織田信長が自身!

大浦城跡(大浦の寺砦跡)は、一名聖徳寺砦とも言われています。
弘治2年(1556年)4月、
織田信長(道三の娘婿)は、斎藤道三と嫡子 義龍が争った「長良川の戦い」に道三の援軍として木曽川を越え「大良(現・岐阜県羽島市正木町大浦周辺)」へ進軍します。
父 道三を破り勝利した斎藤義龍は、
長良川の戦い直後、大良に陣取る信長軍へ兵を差し向け「大良の戦い」になります。
道三の死を知り、撤退を決めた信長は、先ず雑人や牛馬を退かせ、「
殿軍(しんがり)は俺がやる!」と言い、舟一艘のみを残し全軍を先に渡河させた逸話が信長公記に残っています。

尚、義龍軍の攻撃で大浦城に落城が迫った時、大浦城のお姫様は家宝の金矮鶏を抱いて城内の井戸に身を投げました。
その後、毎年元旦の早朝に金矮鶏の鳴き声が3声聞かれると伝えられており、金矮鶏神社の由来でもあるそうです。

又、大浦の蛇(大浦の蛇踊)は、正木町大浦地区に伝わる雨乞いの伝承で、雄・雌二頭の蛇が伝えられています。
由来は、江戸時代中期と考えられ、農耕生活の中で、雨乞いや豊作の祈願や感謝の神事に使われていました。

基本情報

住所
岐阜県羽島市正木町大浦新田7-41
アクセス
【公共交通機関】・名鉄本線 笠松駅で名鉄竹鼻線に乗換え「不破一色駅」から徒歩約20分【車】・名神高速自動車道 岐阜羽島ICから車で約15分(約7.1km)・東海北陸道 一宮木曽川ICから車で約18分(約7.2km)
ウェブサイト

https://www.city.hashima.lg.jp/0000003488.html

関連スポット

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

乱闘橋の戦い跡 乱闘橋供養塔
乱闘橋の戦い跡 乱闘橋供養塔
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
竹中半兵衛公生誕之地
竹中半兵衛公生誕之地
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
稲葉一鉄の墓・月桂院
稲葉一鉄の墓・月桂院
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
今城跡
今城跡
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
福島正則陣跡
福島正則陣跡
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
加賀野井城跡
加賀野井城跡
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
瑠璃光禅寺 <島津の退き口ゆかりの地>
瑠璃光禅寺 <島津の退き口ゆかりの地>
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
野原城趾
野原城趾
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
藤堂高虎・京極高知陣跡
藤堂高虎・京極高知陣跡
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
安藤守就戦死の地
安藤守就戦死の地
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら