• 20219
  • 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  • 20225
  • 20226
  • 20227
  • 20228
  
ミズバショウが美しい「三湿原回廊」のひとつ

※令和3年5月17日(月)午後より仮設トイレは湿原駐車場に設置します。
(洋式トイレ2基、多目的トイレ1基。また、6月22日(火)以降は、洋式トイレ1基のみの設置)

奥飛騨数河流葉(おくひだすごうながれは)県立自然公園内にある「池ヶ原湿原」は、飛騨市の他の湿原の天生湿原(あもうしつげん)、深洞湿原(ふかどしつげん)とともに「三湿原回廊(さんしつげんかいろう)」と呼ばれ、飛騨の美しい自然を象徴するスポットとして親しまれています。約6ヘクタールの湿原は、県内最大規模の湿原で、遊歩道や木道が整備されており、一面に広がる季節の花々を鑑賞しながら散策を楽しむことが出来ます。特に4月下旬から5月中旬に見頃をむかえるミズバショウとリュウキンカ群生は一見の価値があります。

※令和3年4月24日から池ヶ原湿原への道路を開放します。通行可能な道路は下記のとおりです。
 ・林道洞~数河線(宮川町打保付近からのルート) :4月24日開通
 ・市道菅沼ニコイ線(宮川町種蔵付近からのルート):4月24日開通

湿原散策を楽しむモデルコースは こちら

北飛騨の森を歩こうHPは こちら

池ヶ原湿原の開花情報は こちら

 

 

  飛騨市 宮川振興事務所 0577-63-2311

基本情報
住所 〒509-4453 岐阜県飛騨市宮川町洞
電話番号 0577-63-2311 (飛騨市宮川振興事務所産業振興係)
定休 冬期は湿原へ行けません。池ヶ原湿原へのアクセス道路の洞数河線が冬期閉鎖期間(11月下旬~翌年4月中旬)
料金 無料
アクセス 国道360号沿い、JR高山本線「打保駅」近くの塩釜金清神社付近から林道(舗装道路)を車で約20分登る
駐車場あり@70台
駐車場
普通乗用車: 70台
HP 公式サイト
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約

観光連盟からのおすすめコンテンツ