旧太田脇本陣林家住宅(きゅうおおたわきほんじんはやしけじゅうたく)

国重要文化財

明和6(1769)年に建てられた建物で、格子戸と連子窓、屋根の両端に設けられた「うだつ」など、

江戸時代そのままの姿を今に伝えています。

明治15(1882)年、板垣退助が岐阜で遭難する前日に宿泊しました。




基本情報

住所
岐阜県美濃加茂市太田本町3-3-34
電話番号
0574-28-1110
問い合わせ先
みのかも文化の森
営業時間
9:00~16:00
休業日
月曜日(祝日の場合は、翌平日)、年末年始
料金
無料
アクセス
JR美濃太田駅より徒歩20分
東海環状自動車道「美濃加茂IC」より車で約10分
コロナウィルス感染症に関する情報
※ご利用にあたり、3密を避け、マスクの着用・手洗い・消毒・チェックシート等の記入・ゴミの持ち帰りなど、ご理解とご協力をお願いいたします。
ウェブサイト

http://www.forest.minokamo.gifu.jp/

関連スポット

この周辺のスポットを探す

武田耕雲斎歌碑
武田耕雲斎歌碑
ゆかりの歌碑
more
中山道太田宿界隈
中山道太田宿界隈
宿場情緒を楽しみながら散策
more
御代桜醸造(株)
御代桜醸造(株)
中山道の酒蔵
more
太田宿中山道会館
太田宿中山道会館
旅の出発点
more
旧太田宿本陣門
旧太田宿本陣門
more
旧小松屋吉田家住宅
旧小松屋吉田家住宅
国登録有形文化財
more
祐泉寺
祐泉寺
臨済宗妙心寺派の禅寺
more
承久の乱古戦場跡 大井戸渡
承久の乱古戦場跡 大井戸渡
朝廷側が迎え打った地 大井戸の戦い
more
虚空蔵堂と承久の乱古戦場跡
虚空蔵堂と承久の乱古戦場跡
「承久の乱」戦場の北端・大井戸の戦い
more
逍遥公園 
逍遥公園 
偉大な学者 
more

近くの宿泊施設

シティホテル美濃加茂  <推奨旅館>
シティホテル美濃加茂  <推奨旅館>
中濃の拠点として観光やビジネスに最適
more
フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園
フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園
フェアフィールド・バイ・マリオットで、代々受け継がれてきた温かいおもてなしを体験し、気軽にゆったりと滞在をご満喫ください。 フレンドリーなスタッフによるお出迎えから快適な睡眠、無料のWi-Fiなど、必要なものはすべて揃っています。
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

太田宿中山道会館
太田宿中山道会館
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
OSボウル
OSボウル
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
旧太田宿本陣門
旧太田宿本陣門
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
可児市文化創造センター アーラ
可児市文化創造センター アーラ
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
ぎふ清流文化プラザ
ぎふ清流文化プラザ
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
サンプルビレッジいわさき
サンプルビレッジいわさき
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
冬の遊び体験(飛騨の里)
冬の遊び体験(飛騨の里)
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
瑞浪市化石博物館
瑞浪市化石博物館
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
飛騨高山まちの体験交流館
飛騨高山まちの体験交流館
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら
虚空蔵堂と承久の乱古戦場跡
虚空蔵堂と承久の乱古戦場跡
リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト
詳細はこちら