• 202011
  • 202012
  • 20211
  • 20212
  • 20213
  • 20214
  • 20215
  • 20216
  • 20217
  • 20218
  • 20219
  • 202110
  
岐阜の宝物・東美濃の山城

 

1537年に斉藤道三の養子斉藤大納言正義によって古城山の山頂に築かれた本格的山城で烏峰城と名付けられました。

1565年に森可成が織田信長からこの城を賜り、以後森家3代の居城となりました。

標高277mの山頂からは、明智光秀のふるさと明智荘や遠くは愛知県の山々が見渡せます。

基本情報
住所 〒505-0130 岐阜県可児市兼山1418-210
電話番号 0574-62-1111 (可児市役所)
アクセス ◆車の場合
東海環状自動車道「可児御嵩IC」から12分

◆電車・バスの場合
・名鉄明智駅からYAOバス「元兼山町役場前」で下車、徒歩15分(毎日運行)
・JR・名鉄可児駅からさつきバス「元兼山町役場前」で下車、徒歩15分(日曜日運休・本数が少ないため要確認)
駐車場
普通乗用車: 58台
HP 公式サイト
備考 駐車場は「蘭丸ふる里の森」の駐車場をご利用ください。
近くの「可児市観光交流館」・「可児市戦国山城ミュージアム」にもお立ち寄りください。
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約

ここに行くモデルコース