• 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  • 20225
  • 20226
  • 20227
  • 20228
  • 20229
  
西軍の望楼のあった河間故郷桜堤

この辺り(大垣市河間)を「権現のぞき」と呼んでいたと伝えられています。

関ケ原の合戦の時、大垣城に居た
西軍 石田三成が、東軍の陣地「岡山(勝山)」を望む望楼を立てました。

慶長5年(1600年)9月14日、
関ケ原の合戦の前哨戦 杭瀬川の戦いにも使われました。

関ケ原の合戦図にも井楼が書かれています。
基本情報
住所 岐阜県大垣市河間4-45 河間故郷桜堤(東側下)
アクセス 【公共交通機関】
・JR大垣駅前(南口)から名阪近鉄バス・赤坂線利用約18分河間バス停下車、徒歩5分(約0.4km)
【車】
・東海環状道 大垣西ICから約4分(約2.3km)
備考 ・駐車場はありません。
・河間故郷桜堤は、車1台が通行できる程度の道路ですのでご注意下さい。
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約