妻木城士屋敷跡(つまぎじょうさむらいやしきあと)

妻木城のある通称城山の北側の山麓には、御殿と呼ばれる領主の館と家臣の武家屋敷が築かれ、万治元年(1658年)の妻木家断絶まで陣屋として存続しました。

屋敷敷地を区切っていた石垣や石段、井戸などが現在も残されており、山麓の御殿跡および武家屋敷は「妻木城士屋敷跡」として県史跡に指定されています。

エリア
東濃
カテゴリー
歴史を知る
戦国・城郭

基本情報

住所
〒509-5301 岐阜県土岐市妻木町
料金
無料
アクセス
土岐南多治見ICから車で15分

関連スポット