• 20215
  • 20216
  • 20217
  • 20218
  • 20219
  • 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  
皇女和宮ゆかりの地 小簾紅園(おずこうえん)

公武合体のため仁孝天皇の第8皇女和宮(かずのみや)が、徳川第14代将軍徳川家茂に嫁ぐため中山道を御降嫁された際、

呂久川(現在の揖斐川)を御座船でお渡りになる時、色麗しく紅葉している楓を一枝舷に立てさせられ、玉簾の中からご覧になり、




 『 おちていく 身と知りながら もみじ葉の 人なつかしく こがれこそすれ 』



                                             と御感慨をお詠みになりました。



この御渡船を記念し、歴史ゆかりの呂久の地に記念碑建立の気運が高まり、昭和4年4月その名もゆかしい「小簾紅園」が完成しました。

その後、毎年春と秋の2回宮の遺徳をしのび、

春の例祭(4月最終日曜日)は小祭が神式で、秋の例祭(10月26日)は大祭が仏式でおこなわれています。


令和元年に改修工事を行い、池の周りが散策路できるようになるなど、より観光客の皆様に楽しんでいただけるようになりました。

園内には多くの楓が植えられており、紅葉の季節には写真愛好家の方も多く訪れます。

 3・4・5・10・11月の土日祝日は、園の横にある休憩所を散策者向けに開放しています。

尚、2021年大河ドラマでは、皇女和宮が登場します。

基本情報
住所 岐阜県瑞穂市呂久1350
営業時間 9:00-17:00
定休 無し
料金 無料
アクセス みずほバス十九条古橋線「呂久」より徒歩すぐ
駐車場
大型バス: 1台
普通乗用車: 17台
HP 公式サイト
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約