• 202012
  • 20211
  • 20212
  • 20213
  • 20214
  • 20215
  • 20216
  • 20217
  • 20218
  • 20219
  • 202110
  • 202111
  
西軍の総大将「毛利輝元」の名代として

毛利秀元は、穂井田元清(毛利元就の四男・毛利元清)の長男として生まれる。

関ケ原合戦では、西軍に属し毛利輝元の名代として南宮山に布陣。

一族の吉川広家らの内通により、合戦では動けず参加できませんでした。(西軍敗戦の要因の1つ)

合戦後は、吉川広重の思惑がはずれ、毛利家は大減封され長府3万6千石の領主となりました。

吉川の裏切り行為により、幕末まで毛利本家と吉川家は確執を残しました。

北麓の南宮大社から良く整備された登山道がある。陣跡は山頂に至る手前。


(関ケ原古戦場記念館/関ケ原メモリアル)
基本情報
住所 岐阜県不破郡垂井町
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約