• 20181
  • 20182
  • 20183
  • 20184
  • 20185
  • 20186
  • 20187
  • 20188
  • 20189
  • 201810
  • 201811
  • 201812
  
ユネスコ無形文化遺産に登録された360年余の伝統を誇る大垣まつり
城下町大垣に初夏の訪れを告げる大垣まつりは、慶安元年(1648)、大垣城下町の総氏神の八幡神社が再建整備された折、10両のやまを造って曳きまわしたのが始まりです。360年余の伝統を誇り、13両の“やま”が城下町を練り歩き、華麗な祭絵巻を繰り広げます。

藩主下賜の”やま”と町衆の”やま”が並存し、中京圏のからくり人形と近畿圏の”やま”上芸能という東西の祭礼文化の特徴を持ち合わせています。平成27年3月2日に国重要無形民俗文化財に指定され、平成28年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

また、会場には、毎年、約600店もの露店が軒を連ねており、お祭りムードを盛り上げます。
基本情報
開催期間 2017/5/13(土)~14(日)
5月15日直前の土曜日、日曜日
会場名 大垣八幡神社を中心に旧市内一円
住所 岐阜県大垣市西外側町
電話番号 0584-77-1535 (大垣まつり実行委員会)
アクセス JR大垣駅南口から徒歩6分
HP 公式サイト
備考 駐車場 市営清水駐車場230台(100円/30分)ほか
資料 ダウンロード
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約