地元レポーター発!旅のコラム

岐阜駅前から出発!GUJOスノーシャトルで行く日帰りスキー

透 千保
透 千保
投稿日;
かつて、冬のレジャーといえばスキー!ユーミンの曲をかけながら雪山を目指したものです。3年ほど前、久しぶりにスキー場へ行ってみたら、意外と身体が覚えていてスキーの楽しさを思い出した私。

でも、雪道を長時間運転するのはちょっと心配。新たに道具を一から揃える程じゃないし。もっと手軽にスキーに行きたいと思っていたところ、JR岐阜駅前から出発する「GUJOスノーシャトル」を発見!

今回はスキーバスで行く日帰りスキーへGoGo!

GUJOスノーシャトルで出発

「GUJOスノーシャトル」は、白鳥交通が岐阜地区のお客様にも気軽にウィンタースポーツに親しんでほしいと、今シーズン試験的に始めたスキー場への送迎バス。


JR岐阜駅から、郡上市大和町にあるホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜郡上」を経由して、ダイナランドと鷲ヶ岳スキー場を結びます。


10日前までに予約をすれば1名でも毎日運行するシステム。土日しか運行しないツアーバスが多い中、うれしい試みです。

スケジュールについて


【往路】JR岐阜駅 07:30出発⇒フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜郡上 08:45⇒ダイナランド 09:45到着⇒鷲ヶ岳スキー場 10:35到着


【復路】ダイナランド 16:30出発⇒鷲ヶ岳スキー場 17:20⇒フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜郡上 18:15到着⇒JR岐阜駅 19:40到着

朝7時30分にじゅうろくプラザ前にある団体バス乗降場へ集合。東海北陸自動車道の高山方面を目指します。


この日は、偶然「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜郡上」から乗車する人がいなかったため、ダイナランドへ直行。通常は、いったん郡上市内の国道を走るそうです。


雪景色の山々が近づいてくるとワクワクしますね。

高鷲インターチェンジを降りてスキー場に着いたのは9時すぎ!何とたった90分でスノーリゾートへ。


車で行くと、時間によってはゲレンデから遠い駐車場に停めねばなりませんが、バスだとセンターハウス隣の駐車場で降りることができ、とっても便利~!

ダイナランド

ダイナランドは、岐阜県郡上市高鷲町にある西日本最大級の規模を誇るスキー場。


標高1,709メートルの名峰「大日ヶ岳」の山肌に、初級者から上級者までが楽しめる様々なコースが18本開放されています。

「GUJOスノーシャトル」を利用すると、スキー場の1日リフト券に加えて、スキーウェアや用具のレンタル割引チケットも付いています。


今回は、スキー用具一式をレンタルしました。レンタルの際は、免許証などの身分証明書が必要ですので、お忘れなく!

更衣室やコインロッカーも完備されています。

センターハウス1階のリフト券売り場で、リフト券を引き替えます。リフト券ICカードの補償金としてリフト券1枚につき500円がかかりますが、リフト券を返却した際に戻ってくるそうです。


さらに調べてみると、今はインターネットで事前にリフト券を購入することも可能なのだとか。専用サイトで購入したチケットを自動発券機から発券し、そのままリフトに向かえるため便利なのだそうです。

いよいよ、リフトに乗ってゲレンデへ!数日前に雪が降ったので、ふわふわのパウダースノーでした。

様々なコースを滑り、雪を被った木々の美しさや、雄大な雪山の眺望も堪能しました。出戻りスキーヤーの私も、自分のペースで楽しめました。


ゲレンデには、スキーヤーだけでなくスノーボーダーも多いので、滑る時は衝突しないように気をつけましょう。

フードコートでお昼休憩

お昼は、ゲレンデ中腹にある「Baboon(バブーン)フードコート」でいただくことに。美味しそうなメニューがたくさんあって迷います。


今回は奥美濃の郷土料理「鶏(けい)ちゃん定食」を選びました。岐阜名産の飛騨牛を使用した飛騨牛ステーキ丼もありますよ。

フードコートの前には、子どもを遊ばせるスノーエリアもありました。小さなかまくらを作ったり、雪遊びをしたりして、子どもたちは楽しそうです。

休憩後は、もうひと滑り。自然の中で楽しむウィンタースポーツは、爽快感があります。


シーズン初めということもあり、スキーの感覚を取り戻すまでに時間がかかったのもありますが、それにしても運動不足を実感。日頃から足腰を鍛えておけばよかった…。

センターハウス

センターハウスにも飲食店があり、地元岐阜県のグルメやスキー場定番のメニューが楽しめるレストラン「Berruna(ベルーナ)」や「LUAR(ルアール)」、さらにハンバーガーやクレープやさん、コーヒー専門店など様々なお店が出店されています。


また、スキー場内には特設のDJブースもあり、音楽やトークでリゾート気分を盛り上げてくれていました。

そろそろ帰りの時間が近づきました。リフト券を返却すると、補償金の500円が戻ってきます。


もしわからないことがあったら、インフォメーションを利用しましょう。

帰りの時間までの過ごし方

帰りのバスの出発時間16時30分まで、お土産やスキー用品を見て過ごすのもいいですね。


インバウンドの方向けに、外国語の案内表記が充実しているのも印象的でした。

スキー場の駐車場が広いので、駐車場とスキー場間を結ぶシャトルバスが往復しています。


様々なツアーバスに混じって、「GUJOスノーシャトル」がお迎え。名残惜しいのですが、スキー場に別れを告げます。


◆ダイナランド

住所:岐阜県郡上市高鷲町西洞3035-2

TEL:0575-72-6636



GUJOスノーシャトルで帰着

車窓から夕日を眺めながら帰路に着きます。車を運転していると見過ごしてしまう景色も、バスならゆっくり見られて、写真に収めることもできます。


帰りも、JR岐阜駅までノンストップ。快適な道中でした。

18時過ぎにJR岐阜駅前に到着。リフト券付きの往復で8,000円とリーズナブルなため、運転免許を持たない学生さん達にも人気です。往路、復路のみでも利用できます。


「GUJOスノーシャトル」の運行は2024年2月29日(木)まで。今シーズンは試験的に行っていることもあり、アンケートをお願いされました。


多くの方に利用していただき、ぜひ来シーズン以降も定期運行してほしいですね。


◆株式会社白鳥交通

住所:岐阜県郡上市白鳥町中津屋881-1

TEL:0575-82-5081

FAX:0575-82-5635


この記事のレポーター

透 千保
透 千保
岐阜市出身・在住。
フリーアナウンサー、ビジネスマナー講師。
公共交通機関の案内アナウンスも担当。
海外渡航歴21カ国。ニュースや番組取材を通じて得た岐阜の魅力を、多くの方にご紹介します。

記事一覧

篠田桃紅の世界観に浸る!「岐阜現代美術館」リニューアルオープン
篠田桃紅の世界観に浸る!「岐阜現代美術館」リニューアルオープン
more
岐阜のカワイイを詰めこんで!もらってうれしいプチギフト
岐阜のカワイイを詰めこんで!もらってうれしいプチギフト
more
八百津町で見つけた!おしゃれカフェ4選
八百津町で見つけた!おしゃれカフェ4選
more
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
more

関連記事

いま読まれている人気記事

センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
飛騨高山で観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買わなきゃ帰れません!(個人の感想です)
ご家族や同僚へ、はたまた、帰ってからも飛騨高山の余韻に浸るためのセルフお土産など、選ぶのも楽しいお土産物探し。

でも、おすすめってお店によってもさまざまで、迷ってしまいますよね…。
今回は、地元高山大好きレポーターの私が推してるお土産(食べ物系)を6つ選んでみました!もちろん他にも素晴らしいものがたくさんあります!(こちらは私の主観で選んでいます)

番外編として、高山イチたくさんの品物が揃っていると言っても過言ではないお土産物館「飛騨高山物産館」でのお買い物についてもお伝えします!お土産をお得に買えて、そのまま郵送もできちゃうなんて…必見です!

高山土産を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more

オススメのPick Up 記事

家族で楽しめる飛騨のスポット5選
家族で楽しめる飛騨のスポット5選
「子連れでも楽しめる場所ってありませんか?」と聞かれることが多い飛騨地域。
せっかくお出かけするなら、ご家族皆さんで楽しめるのが一番ですよね!
そこで、筆者が訪れたことのある場所の中から、大人も子供も楽しめる場所5ヶ所を厳選してご紹介いたします(個人の感想です)。
中にはペット連れが可能な施設もあります。ぜひご覧いただき、旅の一助となれば幸いです。
どうぞ素敵な休暇となりますように!
more
初夏の薫り!恵那の朴葉寿司6選
初夏の薫り!恵那の朴葉寿司6選
2年前に出会った「恵那の朴葉寿司プロジェクト」の皆さん。みずみずしい朴の木の葉を使った朴葉寿司は、新緑の季節にしか味わえないおいしさです。

プロジェクトによると、毎年5月の第3土曜日は「新葉朴葉寿司(ホーバー・ヌーボー)の解禁日」。6月にかけて、様々なお店に朴葉で包んだお寿司が並びます。

朴葉に酢飯と具材をのせて包んだ郷土料理として、岐阜県内の各地域で食べられていますが、恵那の朴葉寿司は、具材が多く彩りも鮮やか。個性豊かな朴葉寿司を食べ比べてみませんか。
more
様々な「鮎」のお土産特集!長良川鵜飼が開幕し注目の岐阜市
様々な「鮎」のお土産特集!長良川鵜飼が開幕し注目の岐阜市
毎年5月11日~10月15日まで開催される「ぎふ長良川の鵜飼」は1300年の歴史があり、伝統的な漁法は今も一子相伝で受け継がれています。鵜飼は奥深く、知っているつもりでも船に乗るたび新たな発見があります。
僕は年に3回~5回鵜飼に行っていますが、同じ鵜飼は2度となく、毎回新鮮な気持ちで楽しんでいます。特に、少し早めの夕方5時過ぎに行って船を待ち、乗船場近くでカメラを構えながら、船頭さんの動きや観光客の方を見るのが好きです。
今回は鵜が取る魚「鮎」を、色々な形で楽しめる物を集めてみました。
more