地元レポーター発!旅のコラム

岐阜を旅するならここ!観光名所と一緒に巡りたい「ご当地グルメ」5選

土庄雄平
土庄雄平
投稿日;
一つの県でありながら、エリアによって様々な表情を見せる岐阜県。自然や街並みといった景色が分かりやすいと思いますが、食についても同様です。

山間部ならではの自然の恵みを生かした郷土料理や、古くから愛される老舗食堂の逸品、新進気鋭のB級グルメなど、実にバリエーションに富んでいます。

今回は【岐阜を旅をするなら】をテーマとして、ぜひ食べて欲しい「ご当地グルメ」と観光名所を一緒にご紹介!美味しいご飯と、密を避けるアウトドアな旅はいかがですか?

手打ちうどん朝日屋「カツ丼」と大垣船町川湊の桜(大垣市)

 岐阜県の南部、西濃の中心にあたる大垣市は、かつて水運で栄えた湊町です。市の中心部を流れる水門川沿いには、水運の要となった川湊(かわみなと)の文化景観が今でも残っています。


「手打ちうどん朝日屋」は、そんな水門川近くに位置する、こじんまりとした老舗食堂。看板メニューの「カツ丼(税込680円)」は、泡状のふわふわ卵が特徴で、食べ応えのあるカツに卵と出汁が優しく染み込み、一口で思わず笑みがこぼれる美味しさです。


同じく常連さんに支持されている中華そば(税込480円)とのセット注文もオススメ!

桜が満開を迎える4月上旬、水門川沿いはソメイヨシノのピンク色で満たされます。中でも四季の広場周辺では、残雪の伊吹山とのコラボレーションを眺められることも! ぜひお腹を満たした後は、春を感じながら散策を楽しんでみてください。


<大垣船町川湊の桜の基本情報>  

住所:岐阜県大垣市船町1丁目30番 

アクセス:手打ちうどん朝日屋から徒歩約15分、大垣駅から徒歩約17分 

見頃:3月下旬〜4月上旬

付知ばあちゃんち「ひょうたんプレート」と付知峡(中津川市付知)

岐阜県屈指の景勝地「付知峡(つけちきょう)」。 御嶽山(おんたけさん、標高3067m)を中心とする阿寺山地が育んだ、宝石のように透き通った清流が特徴です。


「付知ばあちゃんち」は、そんな付知峡の一角に位置する古民家カフェ。名物の「ひょうたんプレート(税込1,400円)」は、加子母川(かしもがわ)と付知川、川上川の3つの川が、阿寺断層により同じ角度でズレている景観をデザインしているというディープな逸品となっています。


スキレットで自ら焼けば、ベーコンの中からチーズがとろり。地元で採れたお野菜とともにいただきます。また郷土料理の五平餅を作ることもできますよ。

食後はマイナスイオンがたぎる「付知峡」へ。特に、付知川へ垂直に注ぎ込む「観音滝」は圧巻の美しさです。日差しが差し込めば、虹が見られることも。 付知川のキャンプ場が集まっている川辺では、水遊びを楽しむことができるので、家族連れにもオススメです。

郡上豚骨ラーメンカンミナ白鳥店「カンミナセット」と石徹白大杉(郡上市白鳥)

美濃地方の中で、もっとも北に当たる「白鳥(しらとり)」。ひるがの高原へ行く道中に通過したり、福井県の九頭竜湖(くずりゅうこ)へ抜ける拠点として、利用される方も多いのではないでしょうか?


そんな白鳥でオススメしたいグルメが、郡上豚骨ラーメンカンミナ白鳥店の「カンミナセット(税込1,320円)」。豚骨と野菜をじっくり煮込んだスープが特徴の豚骨ラーメンと、岐阜名物の鶏ちゃんがセットになった逸品です。


別々に食べても美味しいのですが、後半にラーメンと鶏ちゃんを混ぜて味変するのがオススメ!クリーミーなスープに濃い郡上みそ味が溶け出します。

白鳥の周辺は、王道的な観光名所というより、少しディープなスポットが点在しています。中でも石徹白(いとしろ)に佇む、樹齢1800年の大樹「石徹白大杉」は必見! 日本三大霊山の一つ白山へと続く、美濃禅定道の入り口付近にあり、悠久の自然の趣を今に残す場所です。

国八食堂「鉄板焼き豆腐」と宇江津四十八滝(高山市)

岐阜を代表する郷土料理・鶏ちゃん。鉄板で炒められた濃いみそ味のお肉は、ご飯と相性抜群ですが、そんな鶏ちゃんに引けを取らないぐらい、高山市で大人気となっている鉄板料理があります。


それが国八食堂の「鉄板焼き豆腐(税込420円)」です。特製油と一緒にジュージューと音を立てながら提供される姿は、見るからにB級グルメ感らしい逸品。


濃いめの味付けがよく染みており、普段の豆腐とは一線を画す、麻婆豆腐を超えるご飯の最強のおともです。表面の焦げ目の香ばしさも格別!リーズナブルな価格も相まって、いつも追加注文をしてしまいます。


コリコリとしたビールによく合う、もう一つの看板メニュー・鶏ちゃんとのダブル注文が定番です。

国八食堂は高山市街からすぐ近くのところにあるため、高山観光との組み合わせが定番ですが、少し穴場スポットとして「宇江津四十八滝」がオススメです。 往復2kmほどで、13もの見応えのある滝を巡ることができ、マイナスイオンと心地よい森林浴を楽しむことができます。

蕎麦正「源流そば」とひるがの分水嶺公園(高山市荘川)

高山市の山間部、世界遺産の白川郷へ抜ける途中に位置する「荘川町(しょうかわちょう)」。清らかな庄川の源流と、冷涼な気候を生かした、香りと味の素晴らしい「そば」作りが盛んで、全国各地からこの地を訪れる”そば通”を唸らせています。


荘川そばが食べられるお店は4店舗ほどありますが、中でもイチオシが「蕎麦正(そばしょう)」。ご主人が打つ「源流そば(税込1,000円)」は、コシがあって喉越しよく、出汁に引き立てられたそばの豊かな香りが口いっぱいに広がります。


単品でも注文できますが、家族やグループの場合、お得な板そばを注文すると良いでしょう!こちらは3人前〜5人前を選択できます。

荘川町は白川郷とひるがの高原の中間にあり、どちらとも組み合わせやすいのが嬉しいところ。 少しマニアックですが、筆者のオススメはひるがの高原にある「ひるがの分水嶺(ぶんすいれい)公園」。特に11月初旬の紅葉の美しさは格別です。周囲一帯がオレンジ色一色に包まれます。

グルメと自然を満喫する旅へ

いかがでしたでしょうか?今回は、観光名所と一緒に巡りたい「ご当地グルメ」をご紹介しました。


一つの県とは言えど、岐阜県は驚くほど自然が豊かで、町によって歴史や背景、また郷土文化も異なります。だからこそ深掘りし甲斐があり、何度訪れても飽きることはない魅力を有していると思います。


一つの観光名所だけでなく、色々な要素の組み合わせ次第で、旅の楽しみ方や趣は大きく変わるはず。この記事を参考に、貴方だけの岐阜の巡り方を探していただけたら嬉しいです。

この記事のレポーター

土庄雄平
土庄雄平
1993年生まれ、愛知県豊田市出身。会社員のかたわら、山岳自転車旅ライターとして活動する。飛騨地方の雪山が大好物。春は北アルプス麓の桜に見惚れ、夏は清流と瀑布に涼み、秋は霊峰白山の紅葉に抱かれる。

記事一覧

「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
more
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
more
アクティブな避暑のたび。夏の郡上の楽しみ方〜絶景、グルメにスイーツも〜
アクティブな避暑のたび。夏の郡上の楽しみ方〜絶景、グルメにスイーツも〜
more
日本最高所の道へ!ヒルクライマーの聖地「乗鞍スカイライン」を徹底解説
日本最高所の道へ!ヒルクライマーの聖地「乗鞍スカイライン」を徹底解説
more

関連記事

いま読まれている人気記事

センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
面積が広く、数々のツーリングスポットを有している岐阜県。白川郷や下呂温泉などがその代表例でしょう。中部や関西のライダーでも1泊2日ほどあれば、手軽に訪れられるのも魅力です。

そんな岐阜県ですが、ツーリングでぜひ着目してほしいポイントが、四季折々の美しい道。アクセスという側面だけでなく、その道を走ることが目的になるような、素晴らしい名道が数々存在します。

今回はシーズン別に、筆者オススメの道を5つご紹介していきましょう!
more
親子で水遊びの問題を解決!「清流長良川あゆパーク」なら快適に1日が過ごせます
親子で水遊びの問題を解決!「清流長良川あゆパーク」なら快適に1日が過ごせます
岐阜県郡上市にある「清流長良川あゆパーク」は、東海北陸自動車道白鳥ICから車で10分。安全なパーク内の人工河川、魚つかみ、釣り、広い芝生、食事に自動販売機、綺麗なお手洗い、そして駐車場完備。親子の水遊びで問題になることを全て解決した施設をご紹介します。
more

オススメのPick Up 記事

うまいお酒と出逢う旅!飛騨高山の酒蔵を巡る「のん兵衛まつり」へ行ってきた!
うまいお酒と出逢う旅!飛騨高山の酒蔵を巡る「のん兵衛まつり」へ行ってきた!
飛騨高山「酒蔵のん兵衛まつり」は、古い町並周辺の歴史ある酒蔵を巡り、呑み比べを楽しむ「のん兵衛」の為のイベントです。例年、新酒の出来上がる冬の寒い時期に開催されていましたが、令和4年は初夏の開催となりました。
地酒大好きな地元レポーターが、イベントアイテムの「NOMBE(のんべえ)バッグ」を手に、レンタル着物で酒蔵を巡り、「のん兵衛まつり」期間中や期間外の酒蔵での楽しみ方を学んできました!
お酒のことは「のん兵衛」に聞くのが一番!!
というわけで、今回イベントに参加された6つの酒蔵でお話を伺ってきましたので、ぜひ参考にしていただき、ほろ酔い気分で酒蔵や周辺のお店をハシゴしていただければと思います。

※のん兵衛(のんべえ)…お酒が好きでよく飲む人を人名のように言った語。呑兵衛。
more
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
北アルプスや御嶽山など、日本屈指の山岳地帯である岐阜県。日本三名泉にも選ばれている下呂温泉や、野趣に富んだ奥飛騨温泉郷をはじめとして、山麓のいたるところから温泉が湧き出ています。

そんな温泉県の岐阜県ですが、意外に面白い観点が「秘湯+グルメ」の組み合わせ。日帰りでも宿泊でも、野趣ある温泉と、岐阜ならではの山川の幸を味わえます!今回は、秘湯 & グルメ巡りができるスポットを5つご紹介したいと思います。
more
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
雑誌の撮影で訪れたのをきっかけに、プライベートでも写真を撮りに行くようになった岐阜県各務原市(かかみがはらし)。僕は”旅行”というより、”探検”に行く気分で街を巡っています。
自慢できる場所やおススメしたいスポットが豊富で、訪れる度に新しい発見がある各務原市を紹介します。
more