地元レポーター発!旅のコラム

アクティブな避暑のたび。夏の郡上の楽しみ方〜絶景、グルメにスイーツも〜

土庄雄平
土庄雄平
投稿日;
家に閉じこもりがちになる、暑い暑い日本の夏。「どこか暑さを忘れて、涼感に浸れる旅行先はないだろうか?」という方にオススメしたいのが、岐阜県北部の郡上(ぐじょう)エリアです。

“水の都”として親しまれる中心部の「郡上八幡」では、湧き水スポットを巡ったり、名水スイーツを味わい、北西部の「ひるがの高原」では花々を愛で、異国情緒漂うペンションでの滞在に癒されます。

今回は、そんな夏こそ訪れたい郡上の楽しみ方をご紹介します。

湧水スポットで涼む

  • 用水沿いの隠れた小径
  • いきいきと鯉が泳ぐ水路

名水に恵まれた郡上八幡。歴史情緒あふれる町並みと、潤いに富んだ水の風景が結びつき、夏でも涼しげな時間を過ごせます。

 

中でもとっておきのスポットが「いがわ小径」。郡上八幡旧庁舎記念館のすぐ裏手にある島谷用水沿いに整備された散策路です。

 

3つの共同井戸が設けられ、生活に湧き水が根付いている様子がよく分かります。水路で鯉が泳いでいる姿にも癒されますね。夏にはスイカが冷やされ、おとり鮎が籠に入れられている風景も。

  • 水の都・郡上のパワースポット
  • さらさらと水が流れる水舟

そしてもう一つ、ぜひ立ち寄って欲しいスポットが、環境省が認定する名水百選の第一号にも認定されている「宗祇水」です。

 

室町時代の連歌師・宗祇にゆかりのある史跡で、水の都・郡上八幡の象徴となっている場所となっています。


郡上八幡特有の「水舟」が残っており、飲料用、米や食器などの洗い場、土のついた野菜などの洗場に分かれています。人の暮らしとともにある水辺の風景は、何だかノスタルジックな気持ちを抱かせてくれますね。

ひんやりスイーツを食べる

  • 抹茶の甘さが染み渡る
  • 郡上おどりのパフェ

町並みを散策しながら、たくさんの絶品スイーツに出会えることが、郡上八幡の隠れた魅力です。冷たい甘味で涼んだあと、町並みの日陰を歩いていると、清々しい風に心洗われるよう。

 

ぜひ立ち寄りたいのが、宗祇水に隣接している「宗祇庵」さんです。雰囲気ある空間で、近くの清流を望みながら、お抹茶や甘味をいただけます。

 

人気メニューは、郡上おどりのポーズをあしらった「宗祇庵パフェ」。また夏限定の特製かき氷「天空の城」は、雲海の郡上八幡城を表現した一品です。抹茶のやさしい甘さと、心地よい苦味が喉に染みわたります。

  • 夏こそ溶けないくずアイス
  • フレーバーがいっぱい

また、町歩きの最高のおともになるのが、老舗和菓子店「金華堂」さんの自家製葛アイス。

 

葛粉を凍らせているため暑くても溶けないという変わったアイスで、常時5種類ほどと幅広いラインナップを揃えています。ひんやりシャリシャリした食感が、暑い夏の散策に最適です。

 

キウイはフルーティーで爽快な味わいで、桃は優しい甘さがたまりませんでした。1個150円とリーズナブルなので、ダブル買いもあり。

旧庁舎でグルメに舌鼓

  • 昭和レトロな空間で一息
  • 文化財の中で食事ができる

名水で仕込んだ郡上の蕎麦は絶品です。しかし、飛騨名物の鶏ちゃんも捨てがたい...。どちらにしようか決めきれない、という方にとっておきのスポットがあります。

 

それは、郡上八幡旧庁舎記念館の中で営業している「旧庁舎食堂」さんです。実は、蕎麦と鶏ちゃんのセットメニューがあるのです。しかも、登録文化財の中でお食事ができるという特典付き。

  • 病みつきの美味しさ!鶏ちゃん
  • なぜだか癒される食堂の台所

「この絶妙なタレの味を自宅で再現できないかな?」と常に考えてしまうほど、鶏ちゃんは病みつきになる味わい。そして、爽やかなお蕎麦で心地よくお腹の中を満たしていきます。

 

濃い味の鶏ちゃんと、香り豊かな蕎麦を交互にいただく時間は最高です!

 

お腹に加えて「旧庁舎食堂」の調理場のお母さんたちの人情味にも、きっと心が安らぐはず。

リゾートペンションに泊まる

  • 家族水入らずの時間を過ごす
  • 洋風のロビーで気分も華やかに

郡上八幡から少し離れた「ひるがの高原」は、郡上市が誇る高原リゾートです。牧歌的な風景を見せるこの場所には、洋風なペンションが点在しています。

 

ゆったりと流れる時間とともに、美味しいご飯を味わい、アットホームな滞在を楽しむ。家族水入らずの、とっておきの思い出を作ることができますよ。

 

白山の山麓にあたる高原は、夏でも過ごしやすい気候が特徴。ウインタースポーツで賑わう冬も良いですが、静かで心地よい夏もイチオシです。

  • ペンション「シェソワ ワカミヤ」さん
  • どれも美味しい家庭料理のおもてなし

例えば筆者は、先日「シェソワ ワカミヤ」さんに宿泊してきました。華やかなロビーにて夫婦でゆったり過ごしつつ、地元の味覚が詰まった和洋折衷のお料理の豪華さに感動したことを覚えています。

 

中でもトマトの甘さと、濃厚なミート&ホワイトソースが絡んで本当に美味しかったです。食べきれないほどのボリュームも、家庭的なペンションならではですね。

 

またデザートの盛り付け方が、アフタヌーンティーみたいで、ちょっぴり贅沢でした!

高原で花とBBQを楽しむ

  • ラベンダーと花の教会
  • アルストロメリアが埋め尽くす

ひるがの高原の観光スポット「牧歌の里」。岐阜県奥美濃の標高1000mにある花と緑のテーマパークで、春から秋へかけて色とりどりの花が咲き誇ります。

 

花畑はオーロラの花畑、高原の花畑、虹色の花畑、教会の花畑、秘密の花畑といった5つのエリアに分けられており、約4.5haの面積を誇っています。


5月〜6月はチューリップやポピー、7月〜8月はラベンダーやアルストロメリア、9月〜10月はマリーゴールド、サルビアなどの花々が見られます。花の教会と花畑の共演は美しく、どこか異国情緒漂う絶景です。

  • お父さんがBBQ奉行で
  • コスパ抜群!ぼっかセット

花の鑑賞のみならず、動物とのふれあい体験やグルメも楽しめる「牧歌の里」。イチオシは、バーベキューハウス味広場でいただくBBQです。

 

黒毛和牛肉、豚ロースに野菜の付いた「ぼっかセット」などのセットメニューから、飛騨牛、 奥美濃古地鶏などの地元ブランドのお肉を味わうことができます。

 

散策してお腹をすかせた後に、雄大な高原の風景を楽しみながらいただくBBQは格別です。上質な脂が口に広がる「飛騨牛」は、取り合いにならないようにご注意を!(笑)

この記事のレポーター

土庄雄平
土庄雄平
1993年生まれ、愛知県豊田市出身。会社員のかたわら、山岳自転車旅ライターとして活動する。飛騨地方の雪山が大好物。春は北アルプス麓の桜に見惚れ、夏は清流と瀑布に涼み、秋は霊峰白山の紅葉に抱かれる。

記事一覧

「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
more
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
more
アクティブな避暑のたび。夏の郡上の楽しみ方〜絶景、グルメにスイーツも〜
アクティブな避暑のたび。夏の郡上の楽しみ方〜絶景、グルメにスイーツも〜
more
日本最高所の道へ!ヒルクライマーの聖地「乗鞍スカイライン」を徹底解説
日本最高所の道へ!ヒルクライマーの聖地「乗鞍スカイライン」を徹底解説
more

関連記事

いま読まれている人気記事

センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
面積が広く、数々のツーリングスポットを有している岐阜県。白川郷や下呂温泉などがその代表例でしょう。中部や関西のライダーでも1泊2日ほどあれば、手軽に訪れられるのも魅力です。

そんな岐阜県ですが、ツーリングでぜひ着目してほしいポイントが、四季折々の美しい道。アクセスという側面だけでなく、その道を走ることが目的になるような、素晴らしい名道が数々存在します。

今回はシーズン別に、筆者オススメの道を5つご紹介していきましょう!
more
親子で水遊びの問題を解決!「清流長良川あゆパーク」なら快適に1日が過ごせます
親子で水遊びの問題を解決!「清流長良川あゆパーク」なら快適に1日が過ごせます
岐阜県郡上市にある「清流長良川あゆパーク」は、東海北陸自動車道白鳥ICから車で10分。安全なパーク内の人工河川、魚つかみ、釣り、広い芝生、食事に自動販売機、綺麗なお手洗い、そして駐車場完備。親子の水遊びで問題になることを全て解決した施設をご紹介します。
more

オススメのPick Up 記事

うまいお酒と出逢う旅!飛騨高山の酒蔵を巡る「のん兵衛まつり」へ行ってきた!
うまいお酒と出逢う旅!飛騨高山の酒蔵を巡る「のん兵衛まつり」へ行ってきた!
飛騨高山「酒蔵のん兵衛まつり」は、古い町並周辺の歴史ある酒蔵を巡り、呑み比べを楽しむ「のん兵衛」の為のイベントです。例年、新酒の出来上がる冬の寒い時期に開催されていましたが、令和4年は初夏の開催となりました。
地酒大好きな地元レポーターが、イベントアイテムの「NOMBE(のんべえ)バッグ」を手に、レンタル着物で酒蔵を巡り、「のん兵衛まつり」期間中や期間外の酒蔵での楽しみ方を学んできました!
お酒のことは「のん兵衛」に聞くのが一番!!
というわけで、今回イベントに参加された6つの酒蔵でお話を伺ってきましたので、ぜひ参考にしていただき、ほろ酔い気分で酒蔵や周辺のお店をハシゴしていただければと思います。

※のん兵衛(のんべえ)…お酒が好きでよく飲む人を人名のように言った語。呑兵衛。
more
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
北アルプスや御嶽山など、日本屈指の山岳地帯である岐阜県。日本三名泉にも選ばれている下呂温泉や、野趣に富んだ奥飛騨温泉郷をはじめとして、山麓のいたるところから温泉が湧き出ています。

そんな温泉県の岐阜県ですが、意外に面白い観点が「秘湯+グルメ」の組み合わせ。日帰りでも宿泊でも、野趣ある温泉と、岐阜ならではの山川の幸を味わえます!今回は、秘湯 & グルメ巡りができるスポットを5つご紹介したいと思います。
more
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
雑誌の撮影で訪れたのをきっかけに、プライベートでも写真を撮りに行くようになった岐阜県各務原市(かかみがはらし)。僕は”旅行”というより、”探検”に行く気分で街を巡っています。
自慢できる場所やおススメしたいスポットが豊富で、訪れる度に新しい発見がある各務原市を紹介します。
more