• 観光スポット
  
  
  
  • 201811
  • 201812
  • 20191
  • 20192
  • 20193
  • 20194
  • 20195
  • 20196
  • 20197
  • 20198
  • 20199
  • 201910
  

現在の検索条件

802件ありました
大矢田もみじ谷 [岐阜の紅葉]

大矢田もみじ谷 [岐阜の紅葉]

中濃エリア
鮮やかなもみじに感動 
ヤマモミジの巨木が多く神社本殿への登り口の石段から社殿東側一帯の谷川沿いの約90aが国の天然記念物に指定されています。 飛騨・美濃紅葉33選に選ばれた、秋の紅葉は見事で、大矢田神社社殿の精巧な彫刻とのコントラストは見ものです。 例年の見ごろは、11月中旬~下旬です。
モネの池

モネの池

中濃エリア
まるで「モネの池」!岐阜県関市の美しすぎる池 
口コミで広がった話題の池を紹介!! 岐阜県関市板取にある名もなき池(通称 モネの池) 透明度の高い湧水に咲く睡蓮がとても美しく、まるで絵画の「モネの池」よう。 池には錦鯉が泳いでおり、まさに『和風モネの池』 初夏の睡蓮の花が咲く時期は、絶景ですので、 是非、お越しください! 場所がわかりづらいので、お車でお越しになる際は 池の前にある施設の「フラワーパーク板取」をナビに登録してお越しください…
曽木公園もみじライトアップ  [岐阜の紅葉]

曽木公園もみじライトアップ  [岐阜の紅葉]

東濃エリア
「逆さもみじ」の幻想的な世界を是非! 
飛騨・美濃紅葉33選に選ばれる紅葉の名所。土岐市曽木(そぎ)町、正面には温泉施設”バーデンパークSOGI”もあります。   夜はライトアップによりモミジやイチョウなど紅葉した約120本の木々が、鏡のような水面に姿を見せる「逆さもみじ」を見学に多くの人が訪れます。
多良峡の紅葉  [岐阜の紅葉]

多良峡の紅葉  [岐阜の紅葉]

西濃エリア
 
多良峡森林公園は、全長2.5kmほどの峡谷で、長彦神社周辺の紅葉は鮮やかに色づきます。   吊り橋や遊歩道が設置され、清流に映えるケヤキやコナラなどの紅葉をより身近に楽しむことができます。   「飛騨・美濃紅葉33選」にも選ばれた紅葉の名所です。   例年11月中旬~11月下旬が見ごろです。
両界山横蔵寺  [岐阜の紅葉]

両界山横蔵寺  [岐阜の紅葉]

西濃エリア
即身成仏のミイラがある珍しいお寺 紅葉がすばらしい 
薬師如来像をはじめ22体の国の重要文化財が安置されている両界山横蔵寺。   他にも多くの仏像や絵画・書籍を所蔵し、別名「美濃の正倉院」と呼ばれています。約200年前に即身成仏したという妙心法師のミイラがあります。   飛騨・美濃紅葉33選に選ばれ、風格ある建物と鮮やかな紅葉のコントラストはため息が出るほどの美しさです。11月第3日曜日には「横蔵もみじまつり」実…
恵那峡

恵那峡

東濃エリア
ダム建設物語と雄大な渓谷美 
四季折々の渓谷美を満喫しながら優雅なひとときを♪ 恵那峡は約80年前に木曽川をせき止めて作られた大井ダムによってできた人造湖で、大正9年に地理学者の志賀重昴によって恵那峡と命名されました。 両岸には、奇岩・怪石が立ち並び、春にはさざなみ公園の約200本の桜をはじめツツジも美しく咲きます。夏には濃緑に赤い恵那峡大橋が映え、秋には、モミジ、カエデなどが湖面を彩ります。冬にはオシドリやムク…
馬籠宿

馬籠宿

東濃エリア
風情ある家並み、粋な石畳。まさにノスタルジーな世界。 
ちょっと気取って歩きたい。中山道の街道さんぽ。 馬籠宿は、石畳が敷かれた坂に沿う宿場町。日常から離れ、水のせせらぎ、小鳥のさえずり、街道を横切る風を感じながら、粋なひとときをお過ごしいただけます。宿場の中間地点には、この地が生んだ文豪・島崎藤村の生家跡(本陣)も資料館として馬籠の歴史を伝えています。 都会にはない雑貨屋さんを覗いたり、レトロなカフェでお茶したり、木曽路を愛する歴女を気取ったり・・…
岐阜公園・金華山・岐阜城の紅葉 [岐阜の紅葉]

岐阜公園・金華山・岐阜城の紅葉 [岐阜の紅葉]

岐阜エリア
岐阜公園と山頂の岐阜城を彩る紅葉 
岐阜市の中央に位置する金華山。   その山麓の岐阜公園と山頂の岐阜城は、飛騨・美濃紅葉33選に選ばれており、秋になると一体を彩る紅葉はため息が出るほど見事です。   例年見ごろは、11月上旬~下旬です。
虎渓山永保寺の紅葉  [岐阜の紅葉]

虎渓山永保寺の紅葉  [岐阜の紅葉]

東濃エリア
燃える様に色づくモミジが池を囲む 
虎渓山永保寺の、国の名勝に指定される美しい庭園が最もひきたつのが、秋の紅葉の時期。   燃える様に色づくモミジが池を囲み、樹齢700年の大イチョウが黄金色に輝く眺めは、時間を忘れさせてくれます。   平成15年の火災では、大銀杏も半分が焼けてしまいましたが、傷跡を感じさせることなく力強く色づく銀杏には多くの人が励まされます。普段は静寂に包まれる永保寺ですが、…