地元レポーター発!旅のコラム

温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選

土庄雄平
土庄雄平
投稿日;
北アルプスや御嶽山など、日本屈指の山岳地帯である岐阜県。日本三名泉にも選ばれている下呂温泉や、野趣に富んだ奥飛騨温泉郷をはじめとして、山麓のいたるところから温泉が湧き出ています。

そんな温泉県の岐阜県ですが、意外に面白い観点が「秘湯+グルメ」の組み合わせ。日帰りでも宿泊でも、野趣ある温泉と、岐阜ならではの山川の幸を味わえます!今回は、秘湯 & グルメ巡りができるスポットを5つご紹介したいと思います。

【日帰り】巌立峡 ひめしゃがの湯

  • 温泉と鉱泉を交互に楽しむ
  • 泡がプクプクと浮かぶ炭酸泉
  • 冷たいのに温まる源泉

御嶽山の北西山麓に育まれる「飛騨小坂(ひだおさか)温泉郷」。山の中腹にある濁河(にごりご)温泉と、麓にある湯屋温泉、下島温泉の3つの温泉から構成されています。


「厳立峡 ひめしゃがの湯」は、下島温泉の日帰り温泉施設。全国でも0.5%程しかないと言われる貴重な炭酸泉が供給されています。鉄分が大量に含まれる元湯は湧き出た時は無色透明で、時間とともに茶褐色に変化する神秘の温泉です。


源泉である冷泉は、さながら全身ミントに浸かっているような爽快感ながら、浴槽から出るとぽかぽか。不思議な効能を実感できます。

レストラン姫亭・ひめしゃがまるごと鉱泉定食

  • 世にも珍しい"食べられる温泉"
  • シュワシュワしゃぶしゃぶが楽しい
  • とろけ出す湯豆腐

「厳立峡 ひめしゃがの湯」では、日帰り入浴と食事のセット券を販売しています。併設しているレストラン姫亭で、飛騨なっとく豚の鉱泉しゃぶしゃぶを味わえますよ。


また、しゃぶしゃぶと一緒に鉱泉でいただく湯豆腐は、豆腐が溶け出し、とろ〜り食感の絶品。最後は食材の旨味がしみた鉱泉に、ご飯を投入して〆の雑炊をいただきましょう。

炭酸泉ならではのしゅわしゅわは、一度味わったら病みつきに。飲んで・食べて・入れる温泉です!

【日帰り】平湯民俗館・平湯の湯

  • コンコンと湧く源泉掛け流し
  • 四季の自然に囲まれる
  • 合掌造りの家がトレードマーク

北アルプス・乗鞍岳の山麓に佇む平湯温泉。日帰り利用もできるたくさんの温泉旅館が軒を連ねていますが、その中で穴場と言えるのが「平湯民俗館・平湯の湯」です。


40年以上前に富山県利賀村から移築した合掌造「旧高桑家」がトレードマーク。その一角に男女別の露天風呂が設けられています。


泉質は炭酸水素塩泉(ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉)。かすかに濁り湯を呈しており、鉄分の香りを感じます。とろとろとした気持ちの良い肌触りです。夏は森林浴、冬は雪見露天が楽しめるのも魅力の一つ。

禄次 ROKUJI・ひらゆマトン定食

  • 飛騨牛だけじゃない!平湯のマトン
  • 立派な古民家をリノベーション!
  • 風呂上がりのデザートも最高

平湯民俗館の奥には、お食事処「禄次ROKUJI」が位置しています。以前は、合掌造りの「旧高桑家」で営業していましたが、2019年に敷地奥の古民家をリノベーションして新しくオープンしました。


中でも一番のオススメは「ひらゆマトン定食」。平湯スキー場で放牧された羊はお肉が柔らかく、さっぱりとした美味しさ!シンプルな味付けでご飯がとても進みます。

温泉は、ほんのり甘い味のするお湯。緑褐色や赤褐色など、訪れるたびに色も少し変わります。

【宿泊】深山荘(新穂高温泉)

  • 奥飛騨有数の大露天風呂
  • 貸切露天で秘湯を独り占め
  • 秘境に佇む一軒宿

全国屈指の秘湯が集まっている「奥飛騨温泉郷」。先ほどご紹介した平湯温泉に加え、福地温泉、新平湯温泉、栃尾温泉、新穂高温泉など、北アルプスの山麓に湧く5つの温泉から構成されています。


深山荘は、新穂高温泉から少し離れて佇む一軒宿。奥飛騨温泉郷でも有数の大露天風呂からは、蒲田川の渓流に耳を傾け、北アルプス・焼岳(やけだけ、標高2455m)の山容を眺める、360度大自然の入浴を楽しめます。


北アルプスの登山基地としても人気の高いお宿。四季を問わず訪れる登山者の一日の疲れを癒しています。

山川の幸が詰まった郷土料理

  • 10品以上!秘境の和食御膳
  • 飛騨牛のステーキも込み込み
  • 朝から朴葉味噌!

温泉に注目がいきがちですが、お食事の内容もとても豪華な「深山荘」。飛騨の食材を中心として、真心のこもった郷土料理が並びます。食べきれないほどのボリュームで、品数は10品以上。


中でも目玉といえるのが「飛騨牛」です。口に入れると肉汁が溢れ出すお肉と、香り豊かな朴葉味噌が抜群に合う一品です。また朴葉味噌が朝食に付いてくるのも嬉しいポイント。

日帰りのお客さんがいない早朝がオススメ!北アルプスに抱かれる大露天風呂を独り占めできます。

【宿泊】いで湯山水(平瀬温泉)

  • 野趣溢れる岩風呂
  • 身体を芯から温めてくれる内湯
  • どこか懐かしい佇まい

世界遺産・合掌造り 白川郷の南に位置する「平瀬温泉」。霊峰・白山(標高2702m)の登山口の一つ、平瀬道に湧いている大白川露天風呂の源泉を引いており、麓の町で温泉を楽しめます。


「いで湯山水」は、長きにわたり愛される老舗の温泉民宿。野趣ある岩露天風呂を有しており、ひなびた秘湯ならではの風情が感じられます。少し熱めの内湯は、数分浸かっているだけで、身体の芯からポカポカに。


泉質は硫黄泉。肌がつるつるすべすべになる効能を持った美人の湯です。

自家製の栃餅も。地元食材の郷土料理

  • 食べ応え抜群の自家製栃餅
  • 飛騨牛と地元野菜を一緒に
  • 赤飯や川魚まで至れりつくせり

とてもリーズナブルながら、飛騨牛をはじめとして85%以上が地元産の食材を使用しており、ボリューム満点の郷土料理が楽しめるのも魅力です。地元の美味しいものをお腹いっぱい食べてもらいたいという、おもてなしが伝わってきます。


中でも自家製の栃餅は、香ばしくもちもちとしたお餅に、自家製味噌の相性が抜群!病みつきになる弾力があり、1個が大きくて食べ応えがありました。

内湯に描かれている乗鞍岳・善五郎の滝のタイル絵が個人的にお気に入りです!

【宿泊】ランプの宿 渡合温泉旅館

  • 緑写り込む浴室
  • 湯船に揺らぐランプ
  • 付知川源流にある秘湯

岐阜県が誇る、秘境の秘湯「ランプの宿 渡合(どあい)温泉旅館」。景勝地・付知峡からさらに山奥へ進んだ場所に佇む、ポツンと一軒宿です。かつて山の作業者に親しまれた名湯は、多くの温泉ファンが足を運ぶ聖地になっています。


温泉と山の湧き水を入れた二つの浴槽があり、香りの良い高野槙(こうやまき)で造られています。泉質はナトリウム – 塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉。肌に染み渡っていくような繊細な肌触りが特徴です。


電気が通っていない、いわゆる”ランプの宿”で過ごす秘境の夜も格別ですよ。

わらじ五平餅も。天然食材のおもてなし

  • 山川の幸が詰まったご馳走
  • 頭の大きさぐらいのわらじ五平餅
  • シンプルな朝食にも天然物がたくさん

渡合温泉らしい温かなおもてなしは、提供していただける豪華なお料理にもよく表れています。天然食材盛りだくさんの前菜の後には、川魚の塩焼き、顔の大きさぐらいあるわらじ五平餅や、山菜の天ぷらまで食べきれないボリュームです。


夕食後のランプ講習やゲームの時間も、渡合温泉をリピートしたくなる理由の一つ。お腹いっぱい食べて、童心に帰って遊びましょう!

「川魚を何匹使用しているのか?」と思うほど、惜しみないおもてなしの詰まった豪華なお料理です!

この記事のレポーター

土庄雄平
土庄雄平
1993年生まれ、愛知県豊田市出身。会社員のかたわら、山岳自転車旅ライターとして活動する。飛騨地方の雪山が大好物。春は北アルプス麓の桜に見惚れ、夏は清流と瀑布に涼み、秋は霊峰白山の紅葉に抱かれる。

記事一覧

「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
more
地元山岳旅ライターが紹介する。マニアックな岐阜の紅葉登山スポット5選
地元山岳旅ライターが紹介する。マニアックな岐阜の紅葉登山スポット5選
more
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
more
森林浴と山上の湿原、山岳パノラマを楽しむ東濃「屏風山」登山
森林浴と山上の湿原、山岳パノラマを楽しむ東濃「屏風山」登山
more

関連記事

いま読まれている人気記事

センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
面積が広く、数々のツーリングスポットを有している岐阜県。白川郷や下呂温泉などがその代表例でしょう。中部や関西のライダーでも1泊2日ほどあれば、手軽に訪れられるのも魅力です。

そんな岐阜県ですが、ツーリングでぜひ着目してほしいポイントが、四季折々の美しい道。アクセスという側面だけでなく、その道を走ることが目的になるような、素晴らしい名道が数々存在します。

今回はシーズン別に、筆者オススメの道を5つご紹介していきましょう!
more
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
岐阜に気軽に遊びに来ていただきたい。
その移動手段は車でもいいし、公共交通機関でも。
まずは気軽に日帰りできてもらいたいが、ぜひそのまま宿泊もしていただきたいところ。
なぜなら、岐阜のモーニングを楽しんでもらいたいからだ。
モーニングが当たり前だと思っていたが、仕事でほかの土地へ行くと、モーニング無い事に驚く。
岐阜県民としては普通だが、普通ではないモーニング。

「信長公のおもてなしが息づく城下町ぎふ」

モーニングサービスも、おもてなしだと僕は思っています。
今回は、岐阜駅から歩いて行ける範囲の10店舗を選んでみました。
これを参考に、朝から岐阜を楽しんでいただけたらと思います。
more

オススメのPick Up 記事

日本の棚田百選にも選ばれた坂折棚田の絶景を楽しもう
日本の棚田百選にも選ばれた坂折棚田の絶景を楽しもう
秋も深まる過ごしやすい季節。こんな季節は、大自然の中でゆったり過ごしてみてはいかがでしょうか?今回は、そんな秋の季節にドライブがてら楽しめる岐阜県・恵那市の坂折棚田をご紹介します。日本の棚田百選にも選ばれた坂折棚田は、圧倒的な美しい風景が一望できるので、撮影スポットとしてもおすすめです。
more
地元山岳旅ライターが紹介する。マニアックな岐阜の紅葉登山スポット5選
地元山岳旅ライターが紹介する。マニアックな岐阜の紅葉登山スポット5選
夏の猛暑が終わる9月下旬、北アルプスをはじめとする日本屈指の高峰で、山が色づき始めます。そこから約2ヶ月にわたり、町に秋が降りてくるまで、岐阜の山々には絵画の如き山岳紅葉の絶景が広がるのです。

これまで岐阜のマニアックな山に登るたびに、「こんなに美しい景色があったのか...!」と感動してきた筆者。今回は、そんな岐阜の秘められた自然が見せる紅葉の名山をご紹介します。
more
東美濃の山城はおもシロ〜い!「美濃金山城」篇
東美濃の山城はおもシロ〜い!「美濃金山城」篇
岐阜の宝ものに認定されている「東美濃の山城」。全国に通用するふるさとの自慢として、平成29年度に「岩村城跡と岩村城下町」「苗木城跡」「美濃金山城跡」が「東美濃の山城」として一体的に認定されました。そんな県下を代表する3つの山城を、恵那市生涯学習課の三宅唯美さんと、日本城郭協会 学術委員の長沼毅さんにご案内いただきました。今回は、可児市にある国史跡「美濃金山城(みのかねやまじょう)」の魅力をご紹介。自称、山城ガールの私、西村知穂がおもシロ〜い!と思ったポイントをリポートします。
more