地元レポーター発!旅のコラム

地元ライターおすすめ!岐阜の紅葉登山スポット5選。絵画のような絶景に出会う山旅

土庄雄平
土庄雄平
投稿日;
夏の猛暑が終わる9月下旬、北アルプスをはじめとする日本屈指の高峰で、山が色づき始めます。そこから約2ヶ月にわたり、町に秋が降りてくるまで、岐阜の山々には絵画の如き山岳紅葉の絶景が広がるのです。

これまで岐阜のマニアックな山に登るたびに、「こんなに美しい景色があったのか...!」と感動してきた筆者。今回は、そんな岐阜の秘められた自然が見せる紅葉の名山をご紹介します。

【北アルプス】硫黄岳/平湯尾根(紅葉:9月下旬〜10月上旬)

北アルプスの紅葉が始まる9月下旬。一足早く紅葉を鑑賞できる名所として「乗鞍岳(のりくらだけ、標高3,026m)が有名ですが、実はその近くに見事な紅葉を鑑賞できる隠れた名山が存在します。


その名は「硫黄岳(いおうだけ、標高2,554m)」。それほどメジャーではないですが、平湯温泉から乗鞍岳へアプローチする際に使う登山道(平湯尾根)の途中に位置しています。

ハイマツ帯を歩き、天気が良ければパノラマ稜線から穂高連峰を一望。周囲の峰々を覆い尽くすように、圧倒的な山岳紅葉が展開します。さながら”紅葉彩る天空の稜線”という趣を味わえますよ。


平湯温泉から平湯尾根を登る以外に、乗鞍岳  畳平バスターミナルまでバスで向かい、そこから乗鞍スカイラインを歩いてアプローチすることも可能です。自身の体力に合わせて訪れてみてください。

【両白山地】白山/平瀬道(紅葉:10月中旬〜下旬)

岐阜・石川・福井の3県にまたがる霊峰「白山(はくさん、標高2,702m)」。福井側の別当出合(べっとうであい)からアプローチするのが一般的ですが、紅葉のシーズンにオススメしたいのが岐阜側の平瀬道。


その理由は、深い樹林帯を通り過ぎて、途中の大倉山(標高2,038m)周辺まで至ると分かるはず。何とそこには、山肌を覆い尽くす紅葉の絶景が待っています。

まるで別世界に足を踏み入れたような、筆舌に尽くし難い美しい大紅葉。辺り一面、オレンジと赤色で満たされる景色は圧巻です。また雲の具合で表情を刻々と変え、どこかメルヘンチックな雰囲気も醸し出しています。


山頂直下の白山室堂へ至る直前には、別山(べっさん、標高2,399m)とナナカマドのコントラストに心奪われます。平瀬道は中級者向けの内容ですが、ぜひ体力をつけて歩きたい、岐阜を代表する紅葉登山の名ルートです。

【中央アルプス】恵那山/神坂峠ルート(紅葉:10月中旬〜下旬)

中央アルプスの最南部に位置している「恵那山(えなさん、標高2,191m)」。恵那・中津川のトレードマークとなっている山です。日本百名山にも選出されており、多くの登山愛好家が足を運びます。


例年紅葉が見られるのは10月上旬から。10月下旬へ移行するにつれて、山頂から山腹にかけて紅葉が降りてきます。山全体がパッチワークの装いで、まるで風景画のような凛とした美しさを放ちます。

そんな秋の恵那山でおすすめしたいのは、神坂峠(みさかとうげ、標高1,569m)からの縦走尾根ルート(往復6〜7時間)。中央アルプス最南端を形成するこの区間は、ダイナミックな展望と野趣に富んでいるのが魅力です。


道中、陽光に照らされて、紅葉が宝石のように輝く稜線を進む道のりは、秋らしい趣が抜群!山頂には中央アルプスと紅葉の共演が待ち、運が良ければ雄大な雲海が広がります。遠く御嶽山(おんたけさん、標高3,067m)や富士山(3,776m)の山容が眺められることも。

【両白山地】銚子ヶ峰(紅葉:10月中旬〜11月上旬)

岐阜と福井の県境に位置している両白山地。霊峰白山へと続く美濃禅定道(みのぜんじょうどう)の途中に位置している「銚子ヶ峰(ちょうしがみね、標高1,810m)も、知る人ぞ知る紅葉の名山です。


10月中旬には山頂周辺、11月になると前半の登山道まで紅葉が降りてきて、格別に美しい登山を楽しめます。ブナの回廊と呼びたくなるほど、広葉樹林が密集しており、色鮮やかな奥美濃の別天地です。

5〜6合目の”おたけり坂”を越えると、紅葉の稜線歩きが始まります。ここからがフォトジェニックです。ダケカンバを中心として、山全体がオレンジ色に染まっていきます。山頂手前の母御石(ははごいし)が撮影ポイントです。


霧が出ても趣があり、雲の流れにより山肌に陰影が生まれます。白山の伝説が残る山ならではの臨場感を味わえること間違いなし。日帰りでも往復5〜6時間と比較的手軽な内容なので、初心者の方にもオススメです。

【高賀三山】高賀山(紅葉:10月下旬〜11月上旬)

美濃のトレードマークになっている高賀三山(こうがさんざん)。その最高峰が「高賀山(こうがさん、標高1,224m)」です。古来から山岳信仰の山として知られ、高賀神社から御坂峠を経て山頂に至る登山道は、多くの修験者に利用されました。


山全体がブナをはじめとして、広葉樹林で覆われていることが特徴。そのため10月下旬〜11月上旬には、登山道を包み込むように紅葉のトンネルが形成されます。

太陽の光に照らし出され、キラキラと輝く様は、まるで宝石のような美しさ。一瞬一瞬で濃淡を生みながら、赤・黄色・オレンジと溢れる色彩が、進むたびにシャワーのように降り注ぎます。


山頂は360度の大展望。御嶽山(おんたけさん、標高3,067m)や白山(はくさん、標高2,702m)といった、日本屈指の高峰を望むことができます。手頃な里山でありながら、しっかりと紅葉や山岳絶景を味わえる名山と言えるでしょう。

登山には入念な準備や計画を!

最後に登山を楽しむための準備や計画のポイントを4点お伝えしましょう。せっかく素晴らしい自然を味わう登山。リスクなく安全に楽しみたいですね。


・都道府県のHPなどから取得した登山届をあらかじめ記載して、登山口にあるポストへ投函しましょう。YAMAPの登山計画書も登山届代わりに使用できます。


・いずれの山も本格的な登山装備が必要です。トレッキングシューズや歩きやすい服装、天候変化に備えてレインウェアを携行しましょう。水分や食料も多めに持ち歩くのがオススメです。


・YAMAPなどの登山地図サービスなどで、事前にルートを把握しておくのがベター。地図に付された標準時間に沿って、行動計画もしっかりと練っておきましょう。


・山ごとの天気がわかる「天気と暮らす(通称てんくら」で事前に気象条件をチェックしましょう。登山指数がAかBの時に登山を行いましょう。登山指数がCでの登山はオススメできません。

この記事のレポーター

土庄雄平
土庄雄平
1993年生まれ、愛知県豊田市出身。会社員のかたわら、山岳自転車旅ライターとして活動する。飛騨地方の雪山が大好物。春は北アルプス麓の桜に見惚れ、夏は清流と瀑布に涼み、秋は霊峰白山の紅葉に抱かれる。

記事一覧

初心者にも最適!​​岐阜県の絶景・登山スポット10選 美濃から北アルプスまでご紹介
初心者にも最適!​​岐阜県の絶景・登山スポット10選 美濃から北アルプスまでご紹介
more
雪解けの絶景・ドラゴンアイを目指して。濁河温泉から「御嶽山」へ日帰り登山体験記
雪解けの絶景・ドラゴンアイを目指して。濁河温泉から「御嶽山」へ日帰り登山体験記
more
地元ライターがイチオシ!美濃地方で見られる「世界の絶景」4選
地元ライターがイチオシ!美濃地方で見られる「世界の絶景」4選
more
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
more

関連記事

いま読まれている人気記事

私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
飛騨高山で観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買わなきゃ帰れません!(個人の感想です)
ご家族や同僚へ、はたまた、帰ってからも飛騨高山の余韻に浸るためのセルフお土産など、選ぶのも楽しいお土産物探し。

でも、おすすめってお店によってもさまざまで、迷ってしまいますよね…。
今回は、地元高山大好きレポーターの私が推してるお土産(食べ物系)を6つ選んでみました!もちろん他にも素晴らしいものがたくさんあります!(こちらは私の主観で選んでいます)

番外編として、高山イチたくさんの品物が揃っていると言っても過言ではないお土産物館「飛騨高山物産館」でのお買い物についてもお伝えします!お土産をお得に買えて、そのまま郵送もできちゃうなんて…必見です!

高山土産を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
more
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more

オススメのPick Up 記事

家族で楽しめる飛騨のスポット5選
家族で楽しめる飛騨のスポット5選
「子連れでも楽しめる場所ってありませんか?」と聞かれることが多い飛騨地域。
せっかくお出かけするなら、ご家族皆さんで楽しめるのが一番ですよね!
そこで、筆者が訪れたことのある場所の中から、大人も子供も楽しめる場所5ヶ所を厳選してご紹介いたします(個人の感想です)。
中にはペット連れが可能な施設もあります。ぜひご覧いただき、旅の一助となれば幸いです。
どうぞ素敵な休暇となりますように!
more
地元ライターがイチオシ!美濃地方で見られる「世界の絶景」4選
地元ライターがイチオシ!美濃地方で見られる「世界の絶景」4選
さまざまな観光名所が揃う岐阜県ですが、実は美濃地方に目を向けると、世界の絶景を彷彿とさせるスポットが点在していることはご存知でしょうか?そこで今回は、美濃地方で見られる「世界の絶景」4選をピックアップ!メジャーどころのモネの池以外にも、近年話題になってきている岐阜のマチュピチュや岐阜のグランドキャニオン、奥美濃のマッターホルンをご紹介します。
more
絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
瑞浪市の標高約500メートルにあり最高の眺望を望むことができる「カフェー清涯荘」。肉や魚を使わないヴィーガンランチ等が楽しめるお店です。一般席とは別に、会員だけしか利用できないスペース「TEN KUH Lounge」が店の屋上にあったのですが、なんと2024年4月1日より、誰でも利用できるように開放されました! 早速訪れて、最高な空間で食事を楽しんできたのでその様子をリポートします。
more