地元レポーター発!旅のコラム

ブルーベリー摘み取り、鮎釣り、BBQ!岐阜で夏の思い出を作ろう

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
投稿日;
休日の過ごし方はいろいろあると思いますが、時には少し時間をかけて遠出し、テーマパークのような所ではなく、ゆっくり自分の時間を過ごすことも最近は気に入ってます。
今回はそんな僕のお気に入りの場所である、岐阜県山県市の伊自良湖(いじらこ)にスポットをあて、夏休みに手ぶらで行ける場所と、そこでオシャレBBQをするために寄って行きたい所を紹介します。

【体験農園みとか】

名古屋市内から車で1時間程度の距離にある岐阜県山県(やまがた)市。伊自良湖へ向かう途中に、実と果実の狩り体験ができる「体験農園みとか」があります。

今回はブルベリーの摘み取りをして、BBQのデザートにすることにしました。

ブルーベリーの品種は6種類あり、約250本の木が栽培されています。鳥などに食べられないよう大きな網の中に木が設置されていて、実を摘み取ってカップの中に入れていきます。

濃い色のものが収穫時だと農園の方に教えていただき、大粒のものをとりました。

入園料の他に、摘み取りの持ち帰り分は1g3円で購入できます。

【みとかのカフェ】

敷地内にある「mitocafe」では、体験農園みとかで栽培されている新鮮な果物を食べることができます。

さっぱりスッキリした味わいの「いちごアイスティー」は絶品でした。

いちごパフェやハヤシライスランチもいただき、大満足です。

山県市はハヤシライスに力を入れている地域でもあり、ご当地グルメとして食べていただきたい1品です。

ここだけでも大満足でしたが、デザート用のブルーベリーを調達し、この農園で収穫したいちごの加工品であるジャムも購入し、目的地の伊自良湖へ向かいます。


体験農園みとか

住所:〒501-2124 岐阜県山県市小倉726

電話番号:0581-78-5556

営業時間:カフェ 8:30~17:00(ラストオーダー16:00)

定休日:水曜日、年末年始

駐車場:43台

※体験農園は時期によってとれるものが違います

【伊自良湖】

伊自良湖は東海環状自動車道・山県ICから車で約20分の所にあります。

山県市という読めない漢字の市ですが、「山の方にある所」という意味とのこと。

そんな由来を持つ地域なので、伊自良湖まではICを降りて田舎道や山道が続き、こんなに何もない所の先に湖があるの?と最初は思いましたが、ちゃんとあるので大丈夫です!景色を楽しみながら進んでください。


伊自良湖は周囲約2.4キロメートルの人工の湖で、四季折々の楽しみ方ができます。

今回は、湖をバックに撮影スポットでもあるハートのモニュメントを写してみました。ベンチに座って撮影できるようになっているので、カメラを構えてみると「あれ?ベンチが壊れてる?」

どうやら、座ると自然と真ん中に寄って距離が近くなるように工夫してあるみたいです。

さすが伊自良湖ですね。ぜひここで写真を撮ってくださいね。

【伊自良湖周辺の施設紹介】

伊自良湖にはさまざまなアクティビティができるエリアがあります。

わかさぎ釣りやボートに乗れる「FISH ONE」、BBQや鮎釣りが楽しめる「伊自良湖 FISING&ADVENTURE PARK」、キャンプができる「アンバイエ」、カフェ「ラブレイク」。

湖は歩いて1周できるので、写真を撮りながら散歩するのもおすすめです。

【カフェ・ラブレイク】

カフェ「ラブレイク」でも山県市名物のハヤシライスが食べられますが、その他にも「山県市産米粉高山ラーメン」など興味深いメニューがあります。

実は、この伊自良湖周辺の施設は地元の企業が経営しています。海津市の千代保稲荷神社にもお店があるので、どて系のメニューも得意中の得意。食にこだわり抜いているので、カフェ飯がとても美味しいのです。

これからBBQをやろうというのに食べずにはいられなくなり、ラブレイクに因んだピンク色の担々麺を注文。

スープが本当にピンク色でしたが、ビックリするほど美味しくて、坦々麺の辛みもしっかりとしていて、食べていて汗が出ました。

また、自家製クラフトコーラやラブレイクパフェなど、気になったものがたくさんありました。

ここのカフェが全体の総合案内的な役割をしているので、着いたらまずはラブレイクへ行ってみるのがよいと思います。


ちなみにカフェの名前である「ラブレイク」は公募で決まり、

ラブ(愛)+ブレイク(流行る)+レイク(湖)から来る造語だそうです。


ラブレイク 

住所:岐阜県山県市長滝25-1

電話番号:0581-78-4008

営業時間:10:00~17:30(オーダーストップ17:00)

【テントを張ってキャンプ気分】

僕は自然が好きと言ってはいますが、実はキャンプ用品を全く持っていないので、テントに憧れていました。

今回、宿泊はしませんでしたが、キャンプ気分を味わいたくて事前に予約して道具を全て借りました。家に持ち帰って片付けるのが面倒な方や、キャンプ用品を持ってない方には、現地で借りられるシステムはとてもおすすめです。

今回は湖の近くにテントを張りましたが、本格的にキャンプができる「アンバイエ」というエリアも同じ経営の方ですので、そちらもとってもおススメです。

【鮎釣り】

岐阜は「鮎のくに」でありますが、鮎釣りは難しいといいます。

僕は、撮影の時に何度か釣りをしたことはありますが、プライベートでは全く無いため、どう難しいのかを実はあまり分かっていません。

今回はなかなかできない鮎釣りが気軽に体験できる場所があると聞き、鮎釣り体験をしました。ラブレイクへ申込に行くと、釣竿などを有料で貸してもらえます。

建物横にある少し深い石でできた釣り堀には鮎がたくさん入っており、引っかけ釣りをします。

餌で釣るのではなく、針で鮎を引っかけるので、水の中に沈んだ針と鮎の動きを見て竿を引きます。

餌が無くて、釣りができるのか?と思いましたが、3匹釣れました。

自然の中でひたすら鮎の動きを見ていると、何とも言えない贅沢な時間を過ごすことができました。釣った鮎は、有料で塩焼きにして食べられます。

ゆっくり時間をかけて、自分で炭火で焼く鮎は最高に美味しかったです。

【BBQ】

食べてばかりいますが、念願のテント前でのBBQです。

今回食材はほとんど自分で準備し、道具を貸していただきました。

メニューは、ステーキ・焼きそば・フレンチトースト。グルテンフリーの焼きそばの麺があると聞いていたので、麺は準備していただきました。ちなみにソースもグルテンフリーでした。

静かな場所なので、鳥の声や風の音がしたり、そんな中でゆっくり食事をつくり、その場で食べる。

明日からガンバロー!という気持ちになれる空間と時間でした。

フレンチトーストは、材料を全て袋の中に入れ、フライパンで焼くだけの簡単なものでしたが、自分でとったブルベリーとジャムのチョイスが良すぎて、永遠に食べていたかったです。

次回はコーヒー豆を挽いたり、ここでコーヒーを淹れることにも挑戦したいです。

この記事のレポーター

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
1996年10月6日岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市プロモーション大使。飛騨市観光プロモーション大使。
ボーイズグループMAG!C☆PRINCEのメンバーとして、東海地方を中心に活動中。
テレビやラジオ番組・舞台などで、活躍の場を広げている。

記事一覧

ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
more
岐阜のソウルフード「冷やしたぬきそば」のお店5選
岐阜のソウルフード「冷やしたぬきそば」のお店5選
more
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
more
話題の岐阜城を色々な角度から眺めながら、周辺グルメを堪能!
話題の岐阜城を色々な角度から眺めながら、周辺グルメを堪能!
more

関連記事

いま読まれている人気記事

センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more
この夏食べたい!岐阜のかき氷 おすすめ6選|地元素材を使ったものも豊富
この夏食べたい!岐阜のかき氷 おすすめ6選|地元素材を使ったものも豊富
夏の旅行中、涼をとるために食べたいのが「かき氷」!岐阜にも行列を作る人気店から地元素材を使ったここでしか食べることのできないものなど、様々なかき氷がラインナップしています。せっかく夏に旅行に来たのであれば、岐阜でしか食べられない一杯を食べていただきたい。今回はおすすめのかき氷が食べられるお店を6軒ご紹介します。
more

オススメのPick Up 記事

ちょっぴりディープな高山の旅。宇津江四十八滝ハイキング&八光苑の飛騨とらふぐランチ
ちょっぴりディープな高山の旅。宇津江四十八滝ハイキング&八光苑の飛騨とらふぐランチ
飛騨高山といえば、古い街並みが印象的ですが、郊外に足を延ばすと、自然が豊かな秘境スポットが点在しています。その代表といえるのが、全国自然100選地、岐阜県名水50選地に選定された「宇津江四十八滝」です。

流れる水の美しさと力強さが調和した滝々は、繊細ながらも迫力があり、癒しの渓谷ハイキングを楽しめます。体を動かした後は、地元で有名な飛騨とらふぐランチの名店へ。冒険心をくすぐる、ちょっぴりディープな高山の旅を満喫しましょう。
more
夏の冷んやりスイーツ6選 in 飛騨高山
夏の冷んやりスイーツ6選  in 飛騨高山
暑い夏の高山観光や町歩きには、ひんやりスイーツで美味しく賢くクールダウンを!
飛騨高山の夏は、朝晩と日中との寒暖差が20度前後まで開く日が多い気候となっています。
今回は、熱中症予防をしつつ観光や食べ歩きを楽しんでいただけるよう、夏に食べたい冷んやりスイーツを集めてみました!
店舗によっては広いイートインスペースが設けられている場所もあります。
こまめに休憩を取り、涼みながら夏の飛騨高山観光をお楽しみください!
more
日本一の風鈴まつり、和傘物語開催「関ケ原ウォーランド」へ行こう!
日本一の風鈴まつり、和傘物語開催「関ケ原ウォーランド」へ行こう!
岐阜県関ケ原町にある「関ケ原ウォーランド」にお邪魔してきました!
関ケ原ウォーランドは、1600年に行われた歴史的な戦い「関ケ原合戦」を再現したテーマパークで、カラフルな200体以上の等身大の武将像がいる体験型資料館となっています。

また、現在は「関ケ原願掛け風鈴まつり2024」「関ケ原 和傘物語・和傘灯り物語2024」が開催されています。
歴史ファンや戦国時代に興味がある人はもちろん、どなたでも楽しめる観光スポットになっていて、連日多くの方でにぎわっています。
more