地元レポーター発!旅のコラム

海津市「おちょぼさん(千代保稲荷神社)」で食べ歩き!!

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
投稿日;
地元では「おちょぼさん」の愛称で親しまれている、岐阜県海津市にある「千代保稲荷神社」。
商売繁盛にご利益がある神社で、事務所の方とも行ったことがあります。夜に行くことが多いのですが、今回は昼間に取材。時間帯問わず、いつでも楽しめる「おちょぼさん」をご紹介します。

大きな鳥居と門前町

千代保稲荷神社(ちよほいなりじんじゃ)は、商売繁盛・家内安全のご利益があるとされ、多くの参拝者が訪れる神社です。

曜日に関係なく、毎月最終日に夜通し開催される「月並祭」という縁日には、毎月末(晦日)から翌一日の明け方にかけて「月越参り」が行われ、さらににぎわいます。


「なぜ月末は夜通しなのか?」というと、商売繁盛にご利益があると言われている神社なので、自営業の方たちなどが「今月もありがとうございました、来月もよろしくお願いいたします」と、月をまたいで神様にお礼とご挨拶をするためなのです。


今回の取材では、車で千代保稲荷神社へと向かいました。

鳥居の近くへ行くと無料駐車場がありますが、満車だったため有料駐車場へ。すぐに誘導員の方が案内してくださいました。有料駐車場の料金は、駐車1回あたりの支払いで前払い制のところが多いので、サッと小銭を出せるよう準備しておくのがオススメです!


そして駐車場を出ると、神社の東口から南口までの約700メートルにわたる門前町に、たくさんのお店が並びます。

商売繁盛・家内安全のご利益や金運アップ!

おちょぼさんの楽しみ方はさまざまですが、僕はまず参拝のため境内へ向かいました。

鳥居をくぐる時に一礼し、手水で身を清めます。少し進み、稲荷神のお使いである狐に奉納するための油揚げとろうそくを購入。燈明場でろうそくを立てて献灯します。

本殿に進み、お供え台に油揚げをお供えし、お賽銭を納めて参拝。他の神社と同じ”二拝二拍手一拝”です。


参道に戻れば、お店に金運アップグッズも並んでいます。熊手や招き猫、カエルなど、カラフルで見てるだけでも楽しくなる、日本ならではの金運グッズがずらり。

今の自分に必要な1つをじっくり選びたくなります。

おちょぼさんと言えば「串カツ」!

”おちょぼさん”と言えば、有名なのが「串カツ」。だいたいのお店が1本から注文できます。

「ソース・味噌・どて」の3種類をぜひ食べていただきたいです。東海地方の方であれば「どて」が何か分かると思いますが、ホルモンを甘めに味付けして赤味噌で煮たものです。


おちょぼさんでは、これが串になっています。しかも柔らかくて美味しい!店先の大きな鍋の中で、たくさんのどてが煮られている光景もここならでは。


そして、串カツの「味噌」は、どての旨味が染み出たこの赤味噌に豚串をくぐらせたもの。

どても串カツも、お店によって衣の付き具合や味噌の味が異なります。自分好みのお店を探すのも楽しみですね。

 

[京や]

住所:岐阜県海津市平田町三郷1788-1

電話番号:0584-66-2190

地元のフルーツを使ったかき氷

串カツの後は、スイーツ!

おちょぼさんは草餅が有名ですが、今回久しぶりに訪れたら新しいお店が増えていました。

 

海津市は「南濃みかん」が有名。そのみかん果汁に鶏肉を漬け込んで作る「美濃からあげ」に惹かれて立ち寄ったお店に、手作りシロップのかき氷がありました。

海津生いちご、こめ飴ジンジャー、南濃みかん、生スイカ、海津はっさく、生巨峰、など、どの味も魅力的!悩んだ末に選んだのは「海津いちご」と「海津はっさく」。

ふわふわの氷にたっぷりかけられたフルーツシロップは、果物そのものの味がとても濃厚で最高でした。


[美濃からあげ でんえん]

住所:岐阜県海津市平田町三郷字村内1994-1

電話番号:0584-40-1280

映えスポットにお買い得なお店も!


おみやげ処にて、お芋のブリュレがパフェにトッピングされ、しかも好きなだけ”追いチップス”ができるお店を発見。ワークショップ気分で楽しくなり、ついついチップスをたくさん乗せてしましました!映え写真用の撮影スポットや、座って食べられるように椅子も置いてありました。

 

そしてちょっと懐かしい、昔ながらのお菓子を販売する店も数軒ありました。その中に、割れてしまったりした規格外のあられを販売するお店が。有名なお菓子メーカーのあられで、見たことのある商品がいくつも並んでいました。お値段は正規商品より安く、中身もたくさん入っているのでお買い得ですね!


夜に来た時は、混雑していてなかなか色々なお店を見られませんでしたが、平日の昼間に訪れたおちょぼさんでは、こんなにもゆっくりお店や商品を見ることができました。おかげで新たな発見がたくさんありました。


ぜひ、皆さんも”おちょぼさん”へお越しください!

この記事のレポーター

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
1996年10月6日岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市プロモーション大使。飛騨市観光プロモーション大使。
ボーイズグループMAG!C☆PRINCEのメンバーとして、東海地方を中心に活動中。
テレビやラジオ番組・舞台などで、活躍の場を広げている。

記事一覧

岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
more
ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
more
海津市「おちょぼさん(千代保稲荷神社)」で食べ歩き!!
海津市「おちょぼさん(千代保稲荷神社)」で食べ歩き!!
more
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
more

関連記事

いま読まれている人気記事

センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
面積が広く、数々のツーリングスポットを有している岐阜県。白川郷や下呂温泉などがその代表例でしょう。中部や関西のライダーでも1泊2日ほどあれば、手軽に訪れられるのも魅力です。

そんな岐阜県ですが、ツーリングでぜひ着目してほしいポイントが、四季折々の美しい道。アクセスという側面だけでなく、その道を走ることが目的になるような、素晴らしい名道が数々存在します。

今回はシーズン別に、筆者オススメの道を5つご紹介していきましょう!
more
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
岐阜に気軽に遊びに来ていただきたい。
その移動手段は車でもいいし、公共交通機関でも。
まずは気軽に日帰りできてもらいたいが、ぜひそのまま宿泊もしていただきたいところ。
なぜなら、岐阜のモーニングを楽しんでもらいたいからだ。
モーニングが当たり前だと思っていたが、仕事でほかの土地へ行くと、モーニング無い事に驚く。
岐阜県民としては普通だが、普通ではないモーニング。

「信長公のおもてなしが息づく城下町ぎふ」

モーニングサービスも、おもてなしだと僕は思っています。
今回は、岐阜駅から歩いて行ける範囲の10店舗を選んでみました。
これを参考に、朝から岐阜を楽しんでいただけたらと思います。
more

オススメのPick Up 記事

中華そば屋「丸デブ 総本店」と喫茶店「サロン ド マルイチ」、岐阜柳ヶ瀬の老舗店へ
中華そば屋「丸デブ 総本店」と喫茶店「サロン ド マルイチ」、岐阜柳ヶ瀬の老舗店へ
岐阜市の繁華街、柳ヶ瀬商店街にある老舗店へ行ってきました!
創業100年以上の老舗中華そば屋さん「丸デブ 総本店」と、70年以上の歴史があり、2021年にリニューアルされた喫茶店「SALON DE MARUICHI(サロン ド マルイチ)」さん。
地元で愛され続ける名店をご紹介します。
more
岐阜の喫茶店で味わうクリームソーダ6選
岐阜の喫茶店で味わうクリームソーダ6選
喫茶店文化が根付く岐阜県ですが、喫茶店で飲みたい1杯といえば、私は断然「クリームソーダ」!
カラフルなソーダの上にアイスクリームをのせた昔懐かしいドリンク、クリームソーダは見ているだけでキュンキュン。シュワシュワっとした炭酸と甘いアイスクリームの組み合わせは、なんだか贅沢な気持ちにさせてくれます。最近はそのレトロ感から再び、人気が高まっているということで、今回は、岐阜の喫茶店で味わえるオススメのクリームソーダをご紹介。これを読んで「ソーダ!クリームソーダ」を飲みに行こうと思ってもらえたら嬉しいです。
more
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
雑誌の撮影で訪れたのをきっかけに、プライベートでも写真を撮りに行くようになった岐阜県各務原市(かかみがはらし)。僕は”旅行”というより、”探検”に行く気分で街を巡っています。
自慢できる場所やおススメしたいスポットが豊富で、訪れる度に新しい発見がある各務原市を紹介します。
more