地元レポーター発!旅のコラム

海津市「おちょぼさん(千代保稲荷神社)」で食べ歩き!!

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
投稿日;
地元では「おちょぼさん」の愛称で親しまれている、岐阜県海津市にある「千代保稲荷神社」。
商売繁盛にご利益がある神社で、事務所の方とも行ったことがあります。夜に行くことが多いのですが、今回は昼間に取材。時間帯問わず、いつでも楽しめる「おちょぼさん」をご紹介します。

大きな鳥居と門前町

千代保稲荷神社(ちよほいなりじんじゃ)は、商売繁盛・家内安全のご利益があるとされ、多くの参拝者が訪れる神社です。

曜日に関係なく、毎月最終日に夜通し開催される「月並祭」という縁日には、毎月末(晦日)から翌一日の明け方にかけて「月越参り」が行われ、さらににぎわいます。


「なぜ月末は夜通しなのか?」というと、商売繁盛にご利益があると言われている神社なので、自営業の方たちなどが「今月もありがとうございました、来月もよろしくお願いいたします」と、月をまたいで神様にお礼とご挨拶をするためなのです。


今回の取材では、車で千代保稲荷神社へと向かいました。

鳥居の近くへ行くと無料駐車場がありますが、満車だったため有料駐車場へ。すぐに誘導員の方が案内してくださいました。有料駐車場の料金は、駐車1回あたりの支払いで前払い制のところが多いので、サッと小銭を出せるよう準備しておくのがオススメです!


そして駐車場を出ると、神社の東口から南口までの約700メートルにわたる門前町に、たくさんのお店が並びます。

商売繁盛・家内安全のご利益や金運アップ!

おちょぼさんの楽しみ方はさまざまですが、僕はまず参拝のため境内へ向かいました。

鳥居をくぐる時に一礼し、手水で身を清めます。少し進み、稲荷神のお使いである狐に奉納するための油揚げとろうそくを購入。燈明場でろうそくを立てて献灯します。

本殿に進み、お供え台に油揚げをお供えし、お賽銭を納めて参拝。他の神社と同じ”二拝二拍手一拝”です。


参道に戻れば、お店に金運アップグッズも並んでいます。熊手や招き猫、カエルなど、カラフルで見てるだけでも楽しくなる、日本ならではの金運グッズがずらり。

今の自分に必要な1つをじっくり選びたくなります。

おちょぼさんと言えば「串カツ」!

”おちょぼさん”と言えば、有名なのが「串カツ」。だいたいのお店が1本から注文できます。

「ソース・味噌・どて」の3種類をぜひ食べていただきたいです。東海地方の方であれば「どて」が何か分かると思いますが、ホルモンを甘めに味付けして赤味噌で煮たものです。


おちょぼさんでは、これが串になっています。しかも柔らかくて美味しい!店先の大きな鍋の中で、たくさんのどてが煮られている光景もここならでは。


そして、串カツの「味噌」は、どての旨味が染み出たこの赤味噌に豚串をくぐらせたもの。

どても串カツも、お店によって衣の付き具合や味噌の味が異なります。自分好みのお店を探すのも楽しみですね。

 

[京や]

住所:岐阜県海津市平田町三郷1788-1

電話番号:0584-66-2190

地元のフルーツを使ったかき氷

串カツの後は、スイーツ!

おちょぼさんは草餅が有名ですが、今回久しぶりに訪れたら新しいお店が増えていました。

 

海津市は「南濃みかん」が有名。そのみかん果汁に鶏肉を漬け込んで作る「美濃からあげ」に惹かれて立ち寄ったお店に、手作りシロップのかき氷がありました。

海津生いちご、こめ飴ジンジャー、南濃みかん、生スイカ、海津はっさく、生巨峰、など、どの味も魅力的!悩んだ末に選んだのは「海津いちご」と「海津はっさく」。

ふわふわの氷にたっぷりかけられたフルーツシロップは、果物そのものの味がとても濃厚で最高でした。


[美濃からあげ でんえん]

住所:岐阜県海津市平田町三郷字村内1994-1

電話番号:0584-40-1280

映えスポットにお買い得なお店も!


おみやげ処にて、お芋のブリュレがパフェにトッピングされ、しかも好きなだけ”追いチップス”ができるお店を発見。ワークショップ気分で楽しくなり、ついついチップスをたくさん乗せてしましました!映え写真用の撮影スポットや、座って食べられるように椅子も置いてありました。

 

そしてちょっと懐かしい、昔ながらのお菓子を販売する店も数軒ありました。その中に、割れてしまったりした規格外のあられを販売するお店が。有名なお菓子メーカーのあられで、見たことのある商品がいくつも並んでいました。お値段は正規商品より安く、中身もたくさん入っているのでお買い得ですね!


夜に来た時は、混雑していてなかなか色々なお店を見られませんでしたが、平日の昼間に訪れたおちょぼさんでは、こんなにもゆっくりお店や商品を見ることができました。おかげで新たな発見がたくさんありました。


ぜひ、皆さんも”おちょぼさん”へお越しください!

この記事のレポーター

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
1996年10月6日岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市プロモーション大使。飛騨市観光プロモーション大使。
ボーイズグループMAG!C☆PRINCEのメンバーとして、東海地方を中心に活動中。
テレビやラジオ番組・舞台などで、活躍の場を広げている。

記事一覧

ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
more
岐阜のソウルフード「冷やしたぬきそば」のお店5選
岐阜のソウルフード「冷やしたぬきそば」のお店5選
more
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
more
話題の岐阜城を色々な角度から眺めながら、周辺グルメを堪能!
話題の岐阜城を色々な角度から眺めながら、周辺グルメを堪能!
more

関連記事

いま読まれている人気記事

私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
飛騨高山で観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買わなきゃ帰れません!(個人の感想です)
ご家族や同僚へ、はたまた、帰ってからも飛騨高山の余韻に浸るためのセルフお土産など、選ぶのも楽しいお土産物探し。

でも、おすすめってお店によってもさまざまで、迷ってしまいますよね…。
今回は、地元高山大好きレポーターの私が推してるお土産(食べ物系)を6つ選んでみました!もちろん他にも素晴らしいものがたくさんあります!(こちらは私の主観で選んでいます)

番外編として、高山イチたくさんの品物が揃っていると言っても過言ではないお土産物館「飛騨高山物産館」でのお買い物についてもお伝えします!お土産をお得に買えて、そのまま郵送もできちゃうなんて…必見です!

高山土産を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
more
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more

オススメのPick Up 記事

絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
瑞浪市の標高約500メートルにあり最高の眺望を望むことができる「カフェー清涯荘」。肉や魚を使わないヴィーガンランチ等が楽しめるお店です。一般席とは別に、会員だけしか利用できないスペース「TEN KUH Lounge」が店の屋上にあったのですが、なんと2024年4月1日より、誰でも利用できるように開放されました! 早速訪れて、最高な空間で食事を楽しんできたのでその様子をリポートします。
more
飛騨古川に来たら行くべき「定番」スポットと「オススメ」お土産をご紹介!
飛騨古川に来たら行くべき「定番」スポットと「オススメ」お土産をご紹介!
旅行といえば、テーマパークや温泉、歴史に触れる旅もいいですが、ふる里へ帰るように田舎の空気を感じたいなら、岐阜県飛騨市の飛騨古川は本当におすすめ。
友達とはしご酒を楽しんだり、1人でまちをぶらぶら散策したり、とても落ち着ける魅力的な場所です。
今回は、何度も訪れている飛騨古川で、ここに来たらこれを買うよね!さらに新しいものも発見!をテーマにまちを巡ったお土産特集です。
more
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
俳聖 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えたむすびの地である岐阜県大垣市船町。

かつては、川湊(かわみなと)として栄えたこの町の一角に、和菓子店とカフェが併設された憩いの空間が誕生しました。

近くには「大垣市 奥の細道むすびの地記念館」や遊歩道「四季の路」があり、春は水門川に沿ってお花見や舟下りも楽しめる観光名所です。

今回は、2024年3月20日にオープンした「船町ベース」をご紹介します。
more