地元レポーター発!旅のコラム

岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
投稿日;
岐阜に気軽に遊びに来ていただきたい。
その移動手段は車でもいいし、公共交通機関でも。
まずは気軽に日帰りできてもらいたいが、ぜひそのまま宿泊もしていただきたいところ。
なぜなら、岐阜のモーニングを楽しんでもらいたいからだ。
モーニングが当たり前だと思っていたが、仕事でほかの土地へ行くと、モーニング無い事に驚く。
岐阜県民としては普通だが、普通ではないモーニング。

「信長公のおもてなしが息づく城下町ぎふ」

モーニングサービスも、おもてなしだと僕は思っています。
今回は、岐阜駅から歩いて行ける範囲の10店舗を選んでみました。
これを参考に、朝から岐阜を楽しんでいただけたらと思います。

【トレビアン】

ホットコーヒーセットを注文すると、トースト・卵・フルーツが付いてくる。

トーストは、このお店のママさんが作る自家製パン。その上にはバターとジャムの2種類が。

バターの塩味とジャムの甘じょっぱさが合わさると贅沢な気分になれる。

こちらのお店のモーニングの特徴は、細かいメニュー設定がされています。

店内も、今はやりの”純喫茶”といった昭和レトロな感じで落ち着きます。


【Speech Balloon(スピーチ バルーン)】

ドリンク代のみでモーニング!

ワンプレートの上に、トーストや茶碗蒸し、ブラックペッパーが効いたパスタも。

朝からしっかり食べたい方にはおすすめです。

サラダの量も多店舗より少し多めでコーンまで乗っている。

さらに、不思議な揚げ物が!


少し疑問に思いながらも食べてみると…オニオンフライ!

これがまた、もう1個!とおかわりして食べたくなる美味しさでした。

 

住所:岐阜市長旗町1丁目4-1

電話番号:058-262-0045

定休日:日曜日

営業時間:7:00~17:00  

名鉄岐阜駅から 徒歩5分

【紅茶専門店 くらぜん】

住宅街にあるお店で、民家と間違えるような外観。

紅茶専門店という事で、少し敷居が高い気がするが、オーナーさんはとても気さくな方。

メニュー表には沢山の茶葉の種類が書かれ、どれを頼むか迷っていると

「説明しますよ」と、声を掛けてくださいました。

20種類ほどの紅茶の中から今回僕が注文したのは、アールグレイ。

ポットで提供されるので、たっぷり2杯は楽しめる。

ドリンク代のみで付いてくるモーニングは、オーナーの手作りパンやキッシュ。

この日のキッシュは3種のジャガイモのキッシュでした。

他にも、焼き菓子やケーキなども置いてあり、ティータイムにも楽しめそうなお店です。


住所:岐阜市元町4-17

電話番号:058-262-1039

定休日:月・火・日曜日

営業時間:9:00~16:00

JR岐阜駅から 徒歩約15分

【Beringei cafe(ベリンゲイ カフェ)】

岐阜駅からすぐ、問屋町の中にあるオシャレカフェ。

さっと食べるなら1階、ゆっくり寛ぐなら2階に上がるのがオススメ。

一人でも入れる雰囲気がとても良い。

モーニングはドリンク代のみでバタートーストとヨーグルトが付く。

シンプルだが、少し大きめの厚すぎないバタートーストが、たっぷり注がれたコーヒーと良く合う。

出かける前に、ゆったりとした朝の時間を過ごすことができます。

【Cafe グランシャリオ】

JR岐阜駅から少しだけ離れた場所にあるこのお店は、なんと!朝6時から営業。

ドリンク代のみで付いてくるモーニングサービスも人気だが、追加料金でグレードアップしたセットメニューの多さに驚きます!

ドリンク代のみで楽しめるモーニングも3種類。

『日替わりモーニング』は店頭で確認を。

『ふつうのトーストモーニング』にはトースト・ミニサラダ・フルーツ・茶碗蒸し。

『おにぎりモーニング』まであり、こちらはおにぎり・ミニサラダ・フルーツ・茶碗蒸しが付く。

こちらも十分楽しめそうだが、今回はせっかくなので追加料金でオーダー。


【スープモーニング/ドリンク代+200円】

こちらには、スープ・2種類のトースト・サラダ・フルーツ入りヨーグルト・アイスが付いてきました。

朝からスープというのは胃にも優しく、ホッとして活力になる。

活動的な1日にするにはもってこいのモーニングセット。


【かまやきパンケーキモーニング/ドリンク代+1段200円(2段300円)】

メニューを見てどうしても気になった、この分厚いパンケーキ。

オーダーしてから焼くので、少し時間はかかるとのことだったが好奇心に負けた。

シロップは3種類の中から選べ、今回は定番のメープルで。

ふわふわな食感が、幸せな気分にさせてくれます。

サラダにかかっているコーンドレッシングが美味しすぎて、ついつい購入してしまった…

【ぐうて(Caffe de Gouter)】

可愛い一軒家のような見た目の喫茶店。

JR岐阜駅・南口からすぐ近くのこちらのお店は、朝7時からオープン。

電車を降りたらすぐ向かえる手軽さが良い。

ドリンク代のみでトースト・ヨーグルト・フルーツ・サラダ・茶碗蒸しが付いてくる。

今までご紹介したお店をご覧いただいてお気づきかと思いますが、岐阜のモーニングに茶碗蒸しが付いてくるのは珍しくない。

自分の家の朝食で茶碗蒸しを食べる習慣があるわけではなく、喫茶店ではゆで卵の代わりに付く場合が多いようで、朝から食べる茶碗蒸しはリッチな感がする。

こちらのお店はランチも500円からととてもリーズナブルなので、ランチでもぜひ訪れてみたい。

 

住所:岐阜市加納栄町通2丁目19

電話番号:058-273-6110

定休日:不定休

営業時間:7:00〜(曜日によって変わる)

✳︎詳しい時間などは直接お店へご確認下さい

JR岐阜駅から 徒歩5分

【敷島珈琲店・岐阜駅店】

JR岐阜駅直結で、改札から歩いて1分でたどり着ける。

モーニングサービスは朝7時~10時半まで。

この時間に駅でモーニングが食べられるのはとても嬉しい。

 

この日僕がオーダーしたのはカフェ・オレ。

たっぷりサイズで得した気分。

 

ドリンク代のみで付いてくる『トーストモーニング』は、サラダが色とりどりでボリューム満点!

ヨーグルトは自家製で、4つの菌から作ったオリジナルだ。

敷島町にある本店には『健康だしの雑炊モーニング』もあるとのこと。

次は少し足を伸ばしてそちらも楽しんでみたい。


【お茶処 あずきの花】

柳瀬商店街にあるこちらのお店では、450円のコーヒーにトースト・サラダ・茶碗蒸しが付いてくる。

実際はフルーツも付いていたのだが、このフルーツはサラダの一部のようだ。

店主の謙虚さが出て、ホッコリする。

プレートに綺麗に盛られたセットは、丁寧にお盆に乗って運ばれて来る。

これもまたアットホームな雰囲気でとても良い印象を受けた。

店名の「あずきの花」からのも分かるように、「おはぎ」や「ぜんざい」など、小豆スイーツがメニューに多いのが特徴。


住所:岐阜市柳ケ瀬通3丁目23

電話番号:058-262-2406

定休日:木曜日

営業時間:9:00~17:30

名鉄岐阜駅から 徒歩15分

【自家焙煎珈琲 珍竹林】

問屋町にこちらのお店の外観は、中華店?和食店?かと思ってしまうが、ご夫婦で経営されている、れっきとした純喫茶。

中に入ると、西洋風の家具や絵画に囲まれ、BGMのオペラを聴きながらゆったりとした時間を過ごせる、とても雰囲気の良いお店です。

そんなお店でいただけるモーニングは、ドリンクにトーストと玉子付き。

トーストはハムトーストに。ハムの下にはオニオンスライスとスパイスが効いたソースが薄く塗られている。

ゆで玉子はとても良い感じの半熟。一杯ずつ淹れられるコーヒーがまた絶品だ。

コーヒーカップもお洒落で、店主のこだわりがつまったおもてなしを受けることができる。

 

住所:岐阜市玉姓町3丁目17-6

電話番号:058-262-5157

定休日:日曜日 

営業時間:7:30~19:00

JR岐阜駅から 徒歩5分

【COMEDIAN(コメディアン柳ケ瀬店)】

昔からある喫茶店、と母から聞き伺ってみた。

2階に上がると、ガラス張りで中が良く見え、たくさんのお客さんが座っていた。人気店だ。

ドリンク代のみで、バタートースト・サラダ・ゆで玉子がワンプレートで出てくる。

サラダのレタスは大き目に切ってあり、シャキシャキの食感がとても良い。

この日はレモンティーをオーダー。

バタートーストのバターがまた美味しい。しっかり染み込んでいて、このサイズの厚切りトーストととても合う。

店内は明るい雰囲気で、ゆったりできる空間になっている。

 

住所:岐阜市日ノ出町1丁目20 柳ケ瀬ロイヤルビル2階

電話番号:058-264-0618

定休日:無休  

営業時間:8:30~18:30

名鉄岐阜駅から 徒歩11分(820m)

【番外編!Yanagase Coffee Counter(柳ケ瀬コーヒーカウンター)】

柳ケ瀬のモーニングサービス取材中、偶然にもコーヒーイベントが開催されていた。

柳ケ瀬で年に年に4回程行われるイベントで、朝10時からの開催とのこと。

喫茶店に入れば、飲み物に無料のモーニングサービスが付くが、この日開催されていたコーヒーイベントには、もちろんトーストも玉子もつかない。

それなのに大勢のコーヒー好きが集まっていた。何がそんなに引き付けるのか?

イベントの様子を写真撮影させていただきました。

この記事のレポーター

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
1996年10月6日岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市プロモーション大使。飛騨市観光プロモーション大使。
ボーイズグループMAG!C☆PRINCEのメンバーとして、東海地方を中心に活動中。
テレビやラジオ番組・舞台などで、活躍の場を広げている。

記事一覧

ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
more
岐阜のソウルフード「冷やしたぬきそば」のお店5選
岐阜のソウルフード「冷やしたぬきそば」のお店5選
more
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
more
話題の岐阜城を色々な角度から眺めながら、周辺グルメを堪能!
話題の岐阜城を色々な角度から眺めながら、周辺グルメを堪能!
more

関連記事

いま読まれている人気記事

私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
飛騨高山で観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買わなきゃ帰れません!(個人の感想です)
ご家族や同僚へ、はたまた、帰ってからも飛騨高山の余韻に浸るためのセルフお土産など、選ぶのも楽しいお土産物探し。

でも、おすすめってお店によってもさまざまで、迷ってしまいますよね…。
今回は、地元高山大好きレポーターの私が推してるお土産(食べ物系)を6つ選んでみました!もちろん他にも素晴らしいものがたくさんあります!(こちらは私の主観で選んでいます)

番外編として、高山イチたくさんの品物が揃っていると言っても過言ではないお土産物館「飛騨高山物産館」でのお買い物についてもお伝えします!お土産をお得に買えて、そのまま郵送もできちゃうなんて…必見です!

高山土産を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more

オススメのPick Up 記事

絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
瑞浪市の標高約500メートルにあり最高の眺望を望むことができる「カフェー清涯荘」。肉や魚を使わないヴィーガンランチ等が楽しめるお店です。一般席とは別に、会員だけしか利用できないスペース「TEN KUH Lounge」が店の屋上にあったのですが、なんと2024年4月1日より、誰でも利用できるように開放されました! 早速訪れて、最高な空間で食事を楽しんできたのでその様子をリポートします。
more
飛騨古川に来たら行くべき「定番」スポットと「オススメ」お土産をご紹介!
飛騨古川に来たら行くべき「定番」スポットと「オススメ」お土産をご紹介!
旅行といえば、テーマパークや温泉、歴史に触れる旅もいいですが、ふる里へ帰るように田舎の空気を感じたいなら、岐阜県飛騨市の飛騨古川は本当におすすめ。
友達とはしご酒を楽しんだり、1人でまちをぶらぶら散策したり、とても落ち着ける魅力的な場所です。
今回は、何度も訪れている飛騨古川で、ここに来たらこれを買うよね!さらに新しいものも発見!をテーマにまちを巡ったお土産特集です。
more
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
俳聖 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えたむすびの地である岐阜県大垣市船町。

かつては、川湊(かわみなと)として栄えたこの町の一角に、和菓子店とカフェが併設された憩いの空間が誕生しました。

近くには「大垣市 奥の細道むすびの地記念館」や遊歩道「四季の路」があり、春は水門川に沿ってお花見や舟下りも楽しめる観光名所です。

今回は、2024年3月20日にオープンした「船町ベース」をご紹介します。
more