地元レポーター発!旅のコラム

岐阜県・岐阜市QQ実験所でここでしか手に入らない世界の素敵なアイテムと出会いませんか?

ハマダアヤノ
ハマダアヤノ
投稿日;
岐阜県岐阜市を流れる清流・長良川。その水はとても美しく、春から秋にかけて行われるぎふ長良川の鵜飼は、全国的にも有名な観光行事です。そんな長良川の流れる地域では、豊かな自然とそこで暮らす人たちの、ゆるやかな時間を感じることができます。

今回は長良川を散策しつつ、胸がときめくアイテムを探しにQQ実験所にお邪魔してきました。

鵜飼を行う清流・長良川を散策

1分でも外に立っているだけで汗が吹き出してくる梅雨明けした7月某日。暑いと感じながらも、歩いていると川を抜けてくる風が心地よく、散策するにはちょうど良いなと思いながら、長良川を歩いてきました。


観光地の散策の仕方は、人それぞれではありますが、私はよくマンホールのデザインを見たり、その土地特有のデザインを探したりして歩くことを楽しんでいます。今回は、全国的にも有名な観光行事・鵜飼を行っている長良川に来たので、鵜飼デザインの扉や時計台、長良川にかかる橋など、日常に溶け込みつつも、個性的なデザインを見つけては、写真に納めてみました。


散策しながら川へ辿り着くと、視界が一気にひらけて、川の美しさや金華山を一望できます。近所の夏休みのお子さんが川で遊んでいたりと、とても穏やかな時間に触れながら、ゆったりすることができます。

昔ながらの街並みに現れるワクワクする空間・QQ実験所

昔ながらの街並みを眺めつつ、長良川から街中へ向かって5分ほど歩いていくと、今回の目的地・QQ実験所に辿り着きます。


カゴや雑貨がたくさん吊るされているその空間は、ひと目見るだけでワクワクするのではないでしょうか。QQ実験所では、世界中で作られた様々な雑貨が販売されています。


QQ実験所とは、元々雑貨関係のお仕事をされていたご夫婦が、コロナをきっかけに、奥さんの地元である岐阜に移住して、開業された雑貨店です。


そしてお店の名前のQQとは、台湾の食べ物屋さんのトッピングなどで見かける言葉で、「もっちりとした食感」という意味があります。奥さんが台湾旅行をした時からずっと記憶に残っていた語感だったので、せっかくならお店の名前にしようとなり、実験所というのは「常に色々なことを試して、最終は何屋さんになってもいい」という意味がこめられています。

大量生産されたアイテムでは感じることができない、手作りのよさとは

店内で取り扱っているアイテムは、職人さんがひとつひとつ作った手作り感や温かみを感じられるものであったり、生活に必ず必要ではないかもしれないけれど、そのアイテムがあることで、心豊かな暮らしができるものばかりです。


同じ道具でも、性格がおおらかな人が作っていて、少し位置が違ったり、長さが違ったりするのは、表情や味があり、面白さを感じられます。そんなアイテムと出会ったりじっくり見る楽しさを、QQ実験所では教えてくれます。


また、ものに対する考え方としても、普段大量生産された愛着のないものを使っていると、どれも同じに見えて、無くなったり壊れたりしても安易に買うことができてしまいます。しかし、他に同じアイテムがない自分のお気に入りならば、メンテナンスしながらずっと大切に使おうとすることで、より心も豊かになっていくのではないでしょうか。

作り手の個性を感じる面白いアイテム

店内では、毎日の暮らしに使いやすいたくさんのカゴが販売されているのですが、このカゴも同じように見えて、世界各国で素材や形、編み方などが異なっており、作り手の背景まで楽しむことができます。


作り手の面白さを感じられるアイテムがたくさんあることは、QQ実験所の魅力の一つだと思うので、ひとつひとつじっくりアイテムを見てみてくださいね。

自分だけのお気に入りのアイテムと出会ってみませんか?

今の時代は、どこでも便利にものを購入することが可能です。しかし、人間らしい手作り感のある道具の中から、自分の胸がときめくものと出会うことで、きっと特別なアイテムになると思います。今回私も、ときめくアイテムが欲しいと、タイで作られたマルシェカゴバック&タッセル2種類をお迎えしました。手作りのカゴは、大きな工場で作られたものより、ここにしかない可愛らしさを感じることができるので、大切にしていきたいと思います。


ゆったり、のんびりした週末旅を過ごして、特別なお土産と出会うべくぜひQQ実験所へ行ってみてください。

この記事のレポーター

ハマダアヤノ
ハマダアヤノ
28歳でウェディング専門花屋を起業。新型コロナウイルスの影響を受け、自分の人生をより自由に選択できるようにと店舗を縮小し、フリーのライター兼フォトグラファーとして活動を始める。現在はクリエイティブな仕事を請け負うマルチクリエイターとして活動中。

記事一覧

何気ない休日観光におすすめ。岐阜県・海津市にある千代保稲荷神社で写真散歩をしませんか?
何気ない休日観光におすすめ。岐阜県・海津市にある千代保稲荷神社で写真散歩をしませんか?
more
食卓を一段とおしゃれに。今、手に入れたい美濃焼の器が売っているお店はここ。
食卓を一段とおしゃれに。今、手に入れたい美濃焼の器が売っているお店はここ。
more
ぶらりお散歩旅。岐阜県・可児市でゆっくりひとり時間を楽しんでみませんか?
ぶらりお散歩旅。岐阜県・可児市でゆっくりひとり時間を楽しんでみませんか?
more
岐阜県・各務原市にある学びの森でゆったりとした時間と自然を満喫しませんか?
岐阜県・各務原市にある学びの森でゆったりとした時間と自然を満喫しませんか?
more

関連記事

いま読まれている人気記事

センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
飛騨高山で観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買わなきゃ帰れません!(個人の感想です)
ご家族や同僚へ、はたまた、帰ってからも飛騨高山の余韻に浸るためのセルフお土産など、選ぶのも楽しいお土産物探し。

でも、おすすめってお店によってもさまざまで、迷ってしまいますよね…。
今回は、地元高山大好きレポーターの私が推してるお土産(食べ物系)を6つ選んでみました!もちろん他にも素晴らしいものがたくさんあります!(こちらは私の主観で選んでいます)

番外編として、高山イチたくさんの品物が揃っていると言っても過言ではないお土産物館「飛騨高山物産館」でのお買い物についてもお伝えします!お土産をお得に買えて、そのまま郵送もできちゃうなんて…必見です!

高山土産を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more

オススメのPick Up 記事

家族で楽しめる飛騨のスポット5選
家族で楽しめる飛騨のスポット5選
「子連れでも楽しめる場所ってありませんか?」と聞かれることが多い飛騨地域。
せっかくお出かけするなら、ご家族皆さんで楽しめるのが一番ですよね!
そこで、筆者が訪れたことのある場所の中から、大人も子供も楽しめる場所5ヶ所を厳選してご紹介いたします(個人の感想です)。
中にはペット連れが可能な施設もあります。ぜひご覧いただき、旅の一助となれば幸いです。
どうぞ素敵な休暇となりますように!
more
初夏の薫り!恵那の朴葉寿司6選
初夏の薫り!恵那の朴葉寿司6選
2年前に出会った「恵那の朴葉寿司プロジェクト」の皆さん。みずみずしい朴の木の葉を使った朴葉寿司は、新緑の季節にしか味わえないおいしさです。

プロジェクトによると、毎年5月の第3土曜日は「新葉朴葉寿司(ホーバー・ヌーボー)の解禁日」。6月にかけて、様々なお店に朴葉で包んだお寿司が並びます。

朴葉に酢飯と具材をのせて包んだ郷土料理として、岐阜県内の各地域で食べられていますが、恵那の朴葉寿司は、具材が多く彩りも鮮やか。個性豊かな朴葉寿司を食べ比べてみませんか。
more
様々な「鮎」のお土産特集!長良川鵜飼が開幕し注目の岐阜市
様々な「鮎」のお土産特集!長良川鵜飼が開幕し注目の岐阜市
毎年5月11日~10月15日まで開催される「ぎふ長良川の鵜飼」は1300年の歴史があり、伝統的な漁法は今も一子相伝で受け継がれています。鵜飼は奥深く、知っているつもりでも船に乗るたび新たな発見があります。
僕は年に3回~5回鵜飼に行っていますが、同じ鵜飼は2度となく、毎回新鮮な気持ちで楽しんでいます。特に、少し早めの夕方5時過ぎに行って船を待ち、乗船場近くでカメラを構えながら、船頭さんの動きや観光客の方を見るのが好きです。
今回は鵜が取る魚「鮎」を、色々な形で楽しめる物を集めてみました。
more