地元レポーター発!旅のコラム

絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge

各務ゆか
各務ゆか
投稿日;
瑞浪市の標高約500メートルにあり最高の眺望を望むことができる「カフェー清涯荘」。肉や魚を使わないヴィーガンランチ等が楽しめるお店です。一般席とは別に、会員だけしか利用できないスペース「TEN KUH Lounge」が店の屋上にあったのですが、なんと2024年4月1日より、誰でも利用できるように開放されました! 早速訪れて、最高な空間で食事を楽しんできたのでその様子をリポートします。

2024年4月1日から「TEN KUH Lounge」が一般解禁

2017年にオープンした「カフェー清涯荘」。広いテラス席からの眺めで人気を博しているお店ですが、2022年7月、店の屋上を改装し「TEN KUH Lounge(天空ラウンジ)」としてオープンしました。120平米の広さで東西150kmの大パノラマを見渡せるスペースは、さらに極上の開放感を味わうことができる空間となっています。

これまでは会員のみが訪れることができるスペースだったのですが、2024年4月1日より一般のお客様にも解禁! 


まるで天空にいるかのような開放感抜群の空間で、ヴィーガン対応のランチやスイーツを食べながら、非日常の時間を過ごせます。


■店舗情報

店名:カフェー清涯荘

住所:岐阜県瑞浪市大湫町221−159

電話:0572-63-3010(カフェー清涯荘・TEN KUH Lounge)

利用時間:11:00~14:00ランチタイム(予約優先) 14:00~16:00カフェタイム(土・日は16:30まで)

※中学生以上

定休日:火曜日・水曜日


■店舗情報

店舗・施設名:TEN KUH Lounge

住所:同上

電話:同上

時間:11:00〜14:00 ランチタイム(全席予約制)、13:30〜16:30 ティータイム(ご予約優先・当日ご利用可)

利用時間:ランチ・ティータイムとも2時間制(予約は電話から)

利用料金:3,000円/人(お食事代は別途・会員は4名まで無料)

※中学生以上

定休日:火曜日・水曜日


写真映えしかしない「TEN KUH Lounge」

270度の大パノラマを遮るものがなく見渡せる絶景。心地いい風が吹き抜けるので大自然の中にいるような気分を味わうことができます。


また、テラス席はわんちゃん連れもOK(※ケージ持参など条件があるため、同伴の場合は事前に電話確認がベター)。ペットと一緒に最高の景色を楽しめるスペースでもあります。

羽のオブジェが椅子とともに飾られたスペースもあり、座って撮影も可能。まるで空を飛んでいるような気分になれます。

肉や魚を使用しないヴィーガンランチ

ラウンジではカフェのメニューをより洗練させた、アフタヌーンティースタイルの食事や飲み物がセットになったランチコースがいただけます。1番のポイントは植物性のもののみを使用したヴィーガン料理になっていること。発酵食材や栄養価の高い地元農家の野菜などを中心に、中庸的な現代の精進料理を目指しているそうです。

食前に「発酵玄米の甘酒」で乾杯。清涯荘さんは元々甘酒に力を入れていて、地元の麹屋さんの麹と、地元の農家さんの無農薬玄米を炊いて熟成させた酵素玄米を使い、出来上がるまで4日ほどかけて作っていらっしゃいます。とっても優しい甘みにほっこり。この日はいちごの甘酒でした。

酵素玄米と大豆テンペの彩寿司やおからのフィッシュナゲット風自家製タルタルソース添え、たけのこと大根のエスニック甘味噌たれ添えなど、趣向をこらしたものばかり。見た目も華やかで、ヴィーガン対応メニューとは思えないほど食べ応えがあり、満足感が得られるのも嬉しいポイントです。

グルテンフリーのデザート

デザートはヴィーガン対応のグルテンフリー。5種類のスイーツがプレートに盛られています。いちごの甘酒ババロアや、米粉のヴィーガンカカオケーキなど厳選した材料を使って手作りしたスイーツが幸せな時間を演出してくれます。

1日1組限定の「Villa TEN ZAN」

2023年7月には、同敷地内に1棟貸のスウィートヴィラ「Villa TEN ZAN」もオープン。約1,000坪の敷地に建てられた建物で、50年前の豪華な造りをそのままに残した室内はヴィンテージ感も抜群。
28帖のLDK、和室2部屋、ベッドルーム2部屋、バスルーム2室、ライブラリーなどからなる広々とした室内は、家族連れやグループで貸し切って泊まるのに最適です。

「Villa TEN ZAN」宿泊客は、「TEN KUH Lounge」の利用も可能です。早朝、辺り一面を覆いつくす雲がどこまでも広がり続ける風景を見たい方はぜひ宿泊をおすすめします!

大湫宿のご神木や近くの「天野裕夫アトリエ」にも立ち寄ろう

清涯荘からほど近くに立ち寄りスポットがあります。


一つは、「大湫神明神社のご神木」です。清涯荘からは車で約3分。元々、根元から清水が湧き出していた大杉は、中山道の宿場町でもある大湫宿にある神社の中で旅人たちの疲れを癒していたそう。推定樹齢が約670年ほどのご神木だったのですが、2020年7月に大雨で倒木。それでも地域で親しまれてきた大杉を未来に引き継ぐため、地元住民らは根元から約5メートルを切断し、保存すると決定。ご神木が今でも地域を見守るように立っている姿は圧巻です。

もう一つの立ち寄りスポットは、瑞浪市出身の彫刻家、天野裕夫(あまのひろお)氏のアトリエです。天野氏は石や木にブロンズを組み合わせて動物をモチーフとした独創的な作品を作る彫刻家。現在は「兎塔(うとう)プロジェクト」として、倒木した大湫神明神社のご神木の一部を使い、大湫のシンボルとして再生できるよう巨大モニュメント「兎塔」を作成していらっしゃいます。


作成している様子や作品が保管してあるアトリエは、事前に連絡すると見せていただくことも可能です。じゃらんの体験サイトでもアトリエ見学ツアーがあるので、ぜひ探してみてください!

大湫の小高い山間いにある木造校舎の一部を移築したアトリエには、所狭しと天野氏の作品が並んでおり、見応え抜群です。


清涯荘からは車で約3分。ぜひ併せて見学をしてみてください!


■施設情報

施設名:天野裕夫アトリエ(兎塔制作工房)

住所:岐阜県瑞浪市大湫町221 

この記事のレポーター

各務ゆか
各務ゆか
東京や名古屋の出版社に勤務後2014年に地元岐阜にUターン。ライターとして雑誌やWEBで執筆を行う。県内を思いつくままにドライブして地元情報を探すのが大好き。“岐阜ってこんなにすごい”を伝えるために日々奮闘中。

記事一覧

センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
more
ご当地スーパーで買える「岐阜のお土産」。おすすめ8選
ご当地スーパーで買える「岐阜のお土産」。おすすめ8選
more
【岐阜・大垣】最新!オープンしたばかりのモーニング店4選
【岐阜・大垣】最新!オープンしたばかりのモーニング店4選
more
この夏食べたい!岐阜のかき氷 おすすめ6選|地元素材を使ったものも豊富
この夏食べたい!岐阜のかき氷 おすすめ6選|地元素材を使ったものも豊富
more

関連記事

いま読まれている人気記事

センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
飛騨高山で観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買わなきゃ帰れません!(個人の感想です)
ご家族や同僚へ、はたまた、帰ってからも飛騨高山の余韻に浸るためのセルフお土産など、選ぶのも楽しいお土産物探し。

でも、おすすめってお店によってもさまざまで、迷ってしまいますよね…。
今回は、地元高山大好きレポーターの私が推してるお土産(食べ物系)を6つ選んでみました!もちろん他にも素晴らしいものがたくさんあります!(こちらは私の主観で選んでいます)

番外編として、高山イチたくさんの品物が揃っていると言っても過言ではないお土産物館「飛騨高山物産館」でのお買い物についてもお伝えします!お土産をお得に買えて、そのまま郵送もできちゃうなんて…必見です!

高山土産を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more

オススメのPick Up 記事

家族で楽しめる飛騨のスポット5選
家族で楽しめる飛騨のスポット5選
「子連れでも楽しめる場所ってありませんか?」と聞かれることが多い飛騨地域。
せっかくお出かけするなら、ご家族皆さんで楽しめるのが一番ですよね!
そこで、筆者が訪れたことのある場所の中から、大人も子供も楽しめる場所5ヶ所を厳選してご紹介いたします(個人の感想です)。
中にはペット連れが可能な施設もあります。ぜひご覧いただき、旅の一助となれば幸いです。
どうぞ素敵な休暇となりますように!
more
初夏の薫り!恵那の朴葉寿司6選
初夏の薫り!恵那の朴葉寿司6選
2年前に出会った「恵那の朴葉寿司プロジェクト」の皆さん。みずみずしい朴の木の葉を使った朴葉寿司は、新緑の季節にしか味わえないおいしさです。

プロジェクトによると、毎年5月の第3土曜日は「新葉朴葉寿司(ホーバー・ヌーボー)の解禁日」。6月にかけて、様々なお店に朴葉で包んだお寿司が並びます。

朴葉に酢飯と具材をのせて包んだ郷土料理として、岐阜県内の各地域で食べられていますが、恵那の朴葉寿司は、具材が多く彩りも鮮やか。個性豊かな朴葉寿司を食べ比べてみませんか。
more
様々な「鮎」のお土産特集!長良川鵜飼が開幕し注目の岐阜市
様々な「鮎」のお土産特集!長良川鵜飼が開幕し注目の岐阜市
毎年5月11日~10月15日まで開催される「ぎふ長良川の鵜飼」は1300年の歴史があり、伝統的な漁法は今も一子相伝で受け継がれています。鵜飼は奥深く、知っているつもりでも船に乗るたび新たな発見があります。
僕は年に3回~5回鵜飼に行っていますが、同じ鵜飼は2度となく、毎回新鮮な気持ちで楽しんでいます。特に、少し早めの夕方5時過ぎに行って船を待ち、乗船場近くでカメラを構えながら、船頭さんの動きや観光客の方を見るのが好きです。
今回は鵜が取る魚「鮎」を、色々な形で楽しめる物を集めてみました。
more