• 観光スポット
  
  
  
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  • 20225
  • 20226
  • 20227
  • 20228
  • 20229
  • 202210
  • 202211
  • 202212
  

現在の検索条件

  • 岐阜
174件ありました
岐阜大仏(正法寺)

岐阜大仏(正法寺)

岐阜エリア
日本三大仏の一つ 
1832年に、実に38年の歳月を費やして完成した岐阜大仏は、高さ13.7m日本三大仏の一つに数えられ、乾漆仏としては日本一の大きさ。   大イチョウを直柱として、骨格は木材で組み外部は良質の竹材と粘土で造られ、その上を一切経で糊張りし漆を塗り金箔を置いたもので、胎内には薬師如来がまつられています。そのやさしい表情と荘厳さ、そして静寂な大仏殿の中はまさに癒しの空間です。
岐阜城

岐阜城

岐阜エリア
斎藤道三・織田信長の居城 
  金華山(きんかざん)山頂に位置し、岩山の上にそびえる岐阜城は、難攻不落の城としても知られ『美濃を制すものは天下を制す』と言われるほどでした。   戦国時代には小説「国盗り物語」の主人公である斎藤道三の居城でもありました。その後、織田信長がこの城を攻略、城主となり、地名を「岐阜」に、「稲葉山城」を「岐阜城」に改めたといわれています。 現在の城は、昭和3…
大龍寺

大龍寺

岐阜エリア
だるま観音 
「だるま観音」として知られるお寺で、境内には約5メートルもある達磨大師坐像が安置され、毎年1月中旬に念願かなって両目を入れ奉納されただるまを供養する「だるま供養」が行なわれます。このほか、戦国時代、斎藤道三や織田信長、豊臣秀吉に仕え美濃三人衆の筆頭に挙げられた「稲葉一鉄」ゆかりの寺で多くの遺品が残されています。 ドウダンツツジの名所としても有名で、境内の庭園や裏山には約1,200本のドウダンツツジ…
根尾谷淡墨ザクラ 

根尾谷淡墨ザクラ 

岐阜エリア
日本三大桜の一つ、国指定の天然記念物 
樹齢1500余年を誇る孤高の桜。継体天皇お手植えの桜と伝えられ、淡いピンクのつぼみが、満開になれば白に、そして散り際には淡い墨色になることから淡墨桜と名付けられたと言われています。 樹高17.3m、幹回9.4mの大木は、山梨県の「山高神代桜」と福島県「三春滝桜」と並んで日本三大桜のひとつに数えられ、国の天然記念物に指定されています。
大桑城跡 (古城山)

大桑城跡 (古城山)

岐阜エリア
土岐氏最後の居館 
 金華山より北上すること約25分。山県市大桑地区は、天文4(1535)年、美濃国守護土岐氏が守護所をそれまでの枝広(岐阜市長良)からこの地に移した地です。標高407.5mの頂上には大桑城が築かれ、城下町も整えられ土岐氏の政治拠点として栄えました。遺構の様子から越前朝倉氏の居城一乗谷にならったとされ、出土物からも越前との関係が伺うことができます。  その後、斎藤道三との激戦の末に大桑城は落城し、美濃…
道三塚

道三塚

岐阜エリア
道三公 供養碑 
斎藤道三公は、長男斎藤義龍公との「長良川の戦い」で討死にし、その遺体が道三塚に葬られた。 斎藤家の菩提寺であった常在寺の日椿上人が、現在の地に移し、供養碑を建てたといわれている。 麒麟がくる、明智光秀
奥田農園(株)

奥田農園(株)

岐阜エリア
特大いちご「美人姫」といちご狩り体験 
岐阜県羽島市正木町の奥田農園(株)では、特大いちご「美人姫」の栽培をしています。 一般的ないちごは重さ20~30gですが、 「美人姫」は小さなもので40gほど、大きいものだと80~100gのものもあります。 糖度も13度前後と大きさと甘さを兼ね備えたいちごです。 一般的な市場には出荷していないため、直売所にてお買い求めください。 お求めやすい価格のものから、1粒10,000円を超えるもの…
体験農園「みとか」

体験農園「みとか」

岐阜エリア
岐阜県内最大級の体験農園 
果実 → 果+実 ⇒ 実と果(みとか) 岐阜県最大規模の面積を誇る体験農園「みとか」。 いちご、ブルーベリー、ぶどう、さつまいも、など年間を通じて果実の収穫体験を楽しめます。 併設されるmitocafe&Market(カフェ・直売所)ではふわっと木の香りにつつまれた癒しの空間の中で、「朝採り」「新鮮」「完熟」フルーツのオリジナルメニューを味わえ、お土産としてのフルーツを購…
ぎふ長良川の鵜飼

ぎふ長良川の鵜飼

岐阜エリア
芭蕉やチャップリンも愛した幽玄な水面の舞 
戦国のロマンを感じさせる金華山と山頂にそびえる岐阜城を背景に、漆黒の闇の中、赤々と燃える篝火を川面に映し、鵜匠と鵜が一体となって繰り広げる古典漁法「鵜飼」は、現在を忘れ千古の昔にタイムスリップしたような幽玄の世界へと誘います。 多くの文化人にも愛され、松尾芭蕉は「おもうしろうて やがてかなしき 鵜舟かな」という句を残したほか、名優チャールズ・チャップリンは2度鵜飼見物に訪れ、すばらしいと絶賛し…
マップで位置を確認する