• 観光スポット
  
  
  
  • 20208
  • 20209
  • 202010
  • 202011
  • 202012
  • 20211
  • 20212
  • 20213
  • 20214
  • 20215
  • 20216
  • 20217
  

現在の検索条件

  • 中濃
340件ありました
名もなき池(通称:モネの池)

名もなき池(通称:モネの池)

中濃エリア
まるで「モネの池」!岐阜県関市の美しすぎる池 
口コミで広がった話題の池を紹介!! 岐阜県関市板取にある名もなき池(通称 モネの池) 透明度の高い湧水に咲く睡蓮がとても美しく、 池の中を優雅に錦鯉が泳ぐ姿は、まるでモネの代表作「睡蓮」のよう。 初夏の睡蓮の花が咲く時期は絶景ですので、 是非、お越しください! 場所がわかりづらいので、お車でお越しになる際は 池の前にある施設の「フラワーパーク板取」をナビに登録してお越しください。
板取川洞戸観光ヤナ

板取川洞戸観光ヤナ

中濃エリア
美味しい鮎料理と板取川にふれあう 
板取川唯一のヤナ漁は通常毎年8月1日解禁。   解禁後は洪水等で危険でない限り、ヤナに上がって、清流板取川のヤナ場をお楽しみいただくことができます。   料理は、お好みに合わせて焼きあげた香魚ともいわれる川魚の貴婦人「鮎」は、クセになるおいしさ。リピーター続出です。  
大滝鍾乳洞

大滝鍾乳洞

中濃エリア
自然の造形美。神秘の世界へいざなう 
郡上八幡から山ひとつ隔てた場所にある大滝鍾乳洞は、古生代の石灰岩層にできた断層が地下水によって大きく削られ造られました。 鍾乳洞の入り口までの杉林の急な斜面を全国でも珍しい木製のケーブルカーが往来しています。 豊富な地下水が作り出したさまざまな鍾乳石の造形がみられ、洞内最深部にある落差30mの神秘の大滝は地底の滝では日本最大級といわれています。 大滝鍾乳洞から車で約3分のところに…
郡上八幡の古い町並み

郡上八幡の古い町並み

中濃エリア
水とおどりの城下町で地元の暮らしを感じる 
長良川の上流に位置し、「宗祇水」に代表される清冽な水と夏の郡上おどりで有名な郡上八幡。   職人町、鍛冶屋町といった町名にひかれてそぞろ歩けば、そこには古い家並みとその軒先をほとばしるように流れる水路があります。   柳町の家々は侍町のおもかげを残しており、隣家との境に袖壁をもつのが特徴。江戸時代から変わらない地元の暮らしを感じることができます。
うだつの上がる町並み

うだつの上がる町並み

中濃エリア
江戸時代の情緒を想う 
国の伝統的建造物群保存地区に選定されたうだつの町並み。「うだつ」とは、屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことで、裕福な家しか「うだつ」を造ることができなかったため、庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」の言葉もできました。 美濃市は、江戸時代の商人の町で、この「うだつ」が多く残っています。 町並みには、江戸~明治時代にかけて造られた商家が軒を連ね、…
五宝滝

五宝滝

中濃エリア
剣豪宮本武蔵が修行した伝説の滝 
五宝滝は5つの滝からなる全国でも有数の名瀑。 全て合わせると落差80mになる一の滝・二の滝・三の滝と、剣豪 宮本武蔵が修行をしたという伝説が残る、二天の滝・円明の滝があります。 夏の納涼にはもちろん、11月中旬の紅葉シーズンには滝周辺のモミジが見頃を迎え、散策にもピッタリです。 四季とともに表情が変わる渓谷で、ハイキングコースをのんびり散策しながら、自然と歴史に触れてみませんか。
阿弥陀ヶ滝

阿弥陀ヶ滝

中濃エリア
マイナスイオンで癒しを 
日本の滝100選 岐阜県名水50選の阿弥陀ヶ滝は落差約60m、東海一の名瀑。滝壺のすぐ近くまで遊歩道があります。 名前の由来は、室町時代天文年間に、白山中宮長瀧寺の僧が、護摩修行中に阿弥陀如来が現れたことからその名がついたといわれています。葛飾北斎が浮世絵「諸国瀧廻り」で描いているのは有名です。 また、近くでは流しそうめんが食べられます。
郡上鍾乳洞

郡上鍾乳洞

中濃エリア
穴場の穴場! 
以前は「油石洞」と呼ばれていました。 国道256号線沿いに大きな看板があります。   水質は中性。 鍾乳石はあまり発達をしていませんが、水量は豊富です。 アットホームな感じの鍾乳洞を探検して下さい。   営業日・時間は不定期なので通ったときは、チェックしてください。 大きな看板が目印です。  
郡上八幡やな

郡上八幡やな

中濃エリア
プロが焼く清流長良川の鮎は絶品! 
清流長良川のすばらしいロケーションと香魚”鮎料理”を心ゆくまでご堪能下さい。   団体で・・・、家族連れで・・・お子様にも大人気!  
ひるがの分水嶺公園

ひるがの分水嶺公園

中濃エリア
山から海へ・・水の旅立ち 
ひるがの高原は標高約875mで、大日ヶ岳から流れてきた水はここを分水嶺として太平洋側と日本海側に分かれて流れていきます。分水嶺公園は、水が分かれる様子が一目でわかるように、整備された公園で、国道156号線に面しています。 春にはカタクリや水バショウ、梅雨時にはササユリなどの山野草も見られます。秋の紅葉も見事です。