• 観光スポット
  
  
  
  • 20206
  • 20207
  • 20208
  • 20209
  • 202010
  • 202011
  • 202012
  • 20211
  • 20212
  • 20213
  • 20214
  • 20215
  

現在の検索条件

  • 中濃
335件ありました
名もなき池(通称:モネの池)

名もなき池(通称:モネの池)

中濃エリア
まるで「モネの池」!岐阜県関市の美しすぎる池 
口コミで広がった話題の池を紹介!! 岐阜県関市板取にある名もなき池(通称 モネの池) 透明度の高い湧水に咲く睡蓮がとても美しく、 池の中を優雅に錦鯉が泳ぐ姿は、まるでモネの代表作「睡蓮」のよう。 初夏の睡蓮の花が咲く時期は絶景ですので、 是非、お越しください! 場所がわかりづらいので、お車でお越しになる際は 池の前にある施設の「フラワーパーク板取」をナビに登録してお越しください。
郡上八幡の古い町並み

郡上八幡の古い町並み

中濃エリア
水とおどりの城下町で地元の暮らしを感じる 
長良川の上流に位置し、「宗祇水」に代表される清冽な水と夏の郡上おどりで有名な郡上八幡。   職人町、鍛冶屋町といった町名にひかれてそぞろ歩けば、そこには古い家並みとその軒先をほとばしるように流れる水路があります。   柳町の家々は侍町のおもかげを残しており、隣家との境に袖壁をもつのが特徴。江戸時代から変わらない地元の暮らしを感じることができます。
麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館

麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館

中濃エリア
花フェスタ記念公園内にオープン! 
現在開館しております。 2020年1月から大河ドラマ「麒麟がくる」が放送されることに合わせて、花フェスタ記念公園内にある花のミュージアムに、大河ドラマ館を開館します。光秀に関するさまざまな展示、イベント、グルメやお土産を用意して皆さまをお待ちしております。 <シャトルバス情報> JR可児駅・名鉄新可児駅 ⇔ 花フェスタ記念公園 6月から日曜日・祝日のみ運行 平…
美濃市神洞「ほたるの里公園」

美濃市神洞「ほたるの里公園」

中濃エリア
美濃市神洞 ほたるの里公園 
美濃市の神洞にある「ほたるの里公園」では、毎年たくさんのホタルが乱舞し、 訪れる人の目を楽しませてくれます。 ホタルは地域住民による「神洞ホタルを守る会」が、保護活動や河川の清掃を行っています。 ホタルの見ごろは6月の中旬~下旬ごろ。午後8時ごろがピークです。 駐車場もございますので、お車でお越しいただけます。
リフレッシュ空間!! 「みたけの森」へようこそ

リフレッシュ空間!! 「みたけの森」へようこそ

中濃エリア
四季折々に表情を変える景色を楽しむ 
春はツツジやヤマザクラが赤や薄紅色に森が染まり、夏はササユリや花ショウブが咲き、秋は紅葉、冬は雪景色を楽しめます。 展望台からは金峰山や恵那山、伊吹山が一望出来ます。 ピクニックやバードウォッチングなど一日遊べる公園です。  
関市のホタル

関市のホタル

中濃エリア
~みんなで守り続けているホタル~ 
岐阜県関市には、ホタルが見れる場所が多く存在します。 ホタルの観察時期は、5月下旬~6月上旬で、ホタルが一番活躍する時間は午後8時~9時頃です。 昨年もたくさんのホタルの飛ぶのが見られました。これは河川の浄化など長年にわたる地域の方のホタルを守る活動が実を結んだものです。 是非、真っ暗な自然の中で輝く、幻想的なホタルを見に来てください。
明智城跡

明智城跡

中濃エリア
明智光秀が30年過ごしたと伝わる城 
現在、大河ドラマ「麒麟がくる」で話題沸騰中!!ぎふ可児大河ドラマ館より、徒歩約25分。 岐阜県可児市は、戦国時代、天下統一を目指した織田信長を本能寺の変で倒し、時代の流れを変えた武将である明智光秀の生誕の地。 光秀が落城するまでの約30年間を過ごしたとされる明智城は、自然の地形を生かした典型的な中世の山城で、現在は、遊歩道が整備され、ハイキングコースとして最適です。 明智荘(明…
うだつの上がる町並み

うだつの上がる町並み

中濃エリア
江戸時代の情緒を想う 
国の伝統的建造物群保存地区に選定されたうだつの町並み。「うだつ」とは、屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことで、裕福な家しか「うだつ」を造ることができなかったため、庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」の言葉もできました。 美濃市は、江戸時代の商人の町で、この「うだつ」が多く残っています。 町並みには、江戸~明治時代にかけて造られた商家が軒を連ね、…
五宝滝

五宝滝

中濃エリア
剣豪宮本武蔵が修行した伝説の滝 
五宝滝は5つの滝からなる全国でも有数の名瀑。 全て合わせると落差80mになる一の滝・二の滝・三の滝と、剣豪 宮本武蔵が修行をしたという伝説が残る、二天の滝・円明の滝があります。 夏の納涼にはもちろん、11月中旬の紅葉シーズンには滝周辺のモミジが見頃を迎え、散策にもピッタリです。 四季とともに表情が変わる渓谷で、ハイキングコースをのんびり散策しながら、自然と歴史に触れてみませんか。