地元レポーター発!旅のコラム

「ワイドビューひだ」で飛騨の冬景色と飛騨牛を!

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
投稿日;
冬だからこそ、思いっきり楽しみたくなる景色がある。それが飛騨。
今回は飛騨へとだんだん近づいていく景色を楽しみながら「ワイドビューひだ」で飛騨古川へ行ってみました。

「ワイドビューひだ」で飛騨に向かう

JR岐阜駅から乗車し飛騨へ。

途中、川を見ることができる。飛騨に近づくにつれ川の色が変わり少し雪深くなっていく。そんな変化を車窓から観察するのもこの旅の楽しみの一つです。

別世界の飛騨古川

駅に着くと思ったより雪が深い。以前、春に訪れた際に見た景色とは全く違って見える。

歩道は凍っている所もあるが、歩きやすい様に雪かきがしてある。

ちょっとした事だが、街の方たちの優しさを感じる。

古い町並みの建物と雪は本当に良く合い、どこを撮っても映えスポットになる。

城下町・古川といえば、白壁土蔵街。そこを流れる瀬戸川に泳ぐ鯉は、人気の観光スポットであるが、11月下旬から4月上旬までは増島城跡の池へ移される。それでもこの雪景色が観たくて白壁土蔵街には必ず訪れようと思っていた。

城下町を独り占めした気分で、いつもより時間がかかる雪の中の散策も最高に贅沢な時間の過ごし方となる。

歩いていると除雪車に遭遇。雪煙を空に向かって吹いている姿は勇ましい限りだ。朱塗りの今宮橋と雪のコントラストがいかにも飛騨らしい。

この橋から見る桜も綺麗だが、雪にも見惚れる。

聖地「君の名は。」 気多若宮神社入口

飛騨といえば、映画「君の名は。」の聖地巡礼の地。

映画の中では雪が積もっているシーンは無いが、せっかくなので行ってみた。見慣れた風景が雪によって真新しく感じる。


・気多若宮神社入口

まさに聖地への入り口。雪が積もっているからか、神秘的に感じる。


聖地「君の名は。」 飛騨古川駅

・飛騨古川駅

飛騨市の観光サービスは万全で、聖地に行くと撮影スポットが紹介されている。

最も親切さを感じたのは、写真が撮りやすいよう踏み台が設置してあったり、窓の格子の幅が少し広い。巡礼と共に飛騨市の心配り巡りもしたい。

同じ景色でも季節によって表情が違う飛騨に、聖地巡礼に限らず心奪われる。

他にも「君の名は。」の聖地があるので時間があったら全て回りたい。

何度も行きたい「飛騨古川まつり会館」

2022年4月19日・20日に開催される古川まつり。

実際お祭りを見るのはもちろん楽しいが、ゆっくり1つ1つの山車を眺めたり、説明を聞いたり、実際のお祭りを楽しむまでの予習も楽しい。

起し太鼓の際に行われる曲芸の「とんぼ体験」は、ここでやってみてほしい事のひとつ。

実際は約3.5メートルと、かなりの高さで行われるが、初心者向けに足がつく高さで体験できる。なかなかの難易度だ。ますます祭りが見たくなる。

飛騨といえばお酒。まつり会館では、2,000円(税込)でお酒のラベル作り体験が出来る。

和紙に絵やメッセージを書き、世界に1つだけのオリジナルラベルが作れる。実際に作ったラベルは、酒瓶に貼り持ち帰る事が出来る。

飛騨の旅のお土産はここで作ろう!

飛騨で飛騨牛

飛騨といえば、やはり「飛騨牛」

その土地の名がついた牛肉は、やはり押さえておきたい。今回は飛騨を訪れた際にはぜひ行ってみてほしい名店「山勇牛一貫」で飛騨牛をいただいた。

おすすめポイントは、何といっても繁殖から飼育まで一貫して行っているところ。


お店の入り口で〝飛騨のさるぼぼ 飛騨牛″がお出迎えしてくれる。

記念撮影のおすすめスポットでもある。


メニューも豊富で、リーズナブルなセットから、思い切って奮発して食べてみたいものまで、幅広いところもおすすめだ。

そのたくさんのメニューの中から、今回選んだのはコチラ。

”「山勇牛」厳選おすすめ部位ステーキセット”

その時の一番美味しい部位を選んでくれる。飛騨牛のうまみたっぷりで、舌でも飛騨を感じることができた。

セットには、小鉢・サラダ・ご飯・味噌汁が付いており、サラダのドレッシングは自家製季節の野菜ドレッシング。飛騨産コシヒカリ。地味噌使用の味噌汁に飛騨のお漬物、といった具合に、飛騨愛をここでも感じることができる。


平日1日10食限定のランチメニューも捨てがたい。

絶品の飛騨のトマトと合わせた「トロットロ牛すじトマト丼」、低温で3時間かけて仕込んだ赤身肉の「飛騨牛ジューシー ローストビーフ丼」。

また次に来た際には、ぜひ食べてみたいと思う。

どの季節も素晴らしい飛騨

いかがでしたでしょうか?

どの季節も素晴らしさを感じさせてくれる飛騨古川。

寒い時に飲む日本酒の熱燗もまた格別です。四季を問わず楽しませてくれる飛騨にぜひ一度遊びにいってみてださい。

この記事のレポーター

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
1996年10月6日岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市プロモーション大使。飛騨市観光プロモーション大使。
ボーイズグループMAG!C☆PRINCEのメンバーとして、東海地方を中心に活動中。
テレビやラジオ番組・舞台などで、活躍の場を広げている。

記事一覧

ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
more
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
more
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
more
岐阜の道の駅!野菜!ご飯!モーニング!!
岐阜の道の駅!野菜!ご飯!モーニング!!
more

関連記事

いま読まれている人気記事

センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
人気映画に漫画も! ロケ地が点在する岐阜・大垣市周辺エリア
人気映画に漫画も! ロケ地が点在する岐阜・大垣市周辺エリア
映画『聲の形』や人気グループ嵐が出演した映画『黄色い涙』など、大垣市周辺をロケ地にして描かれている作品が多くあります。聖地を見ようとカメラを持って来ているファンの姿もちらほら。作品と同じ風景を見つけたら興奮すること間違いなし! 今回は大垣市を含む西濃エリアでロケ地になった場所をご紹介します。ぜひ聖地巡礼の参考にしてみてください。
more
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
面積が広く、数々のツーリングスポットを有している岐阜県。白川郷や下呂温泉などがその代表例でしょう。中部や関西のライダーでも1泊2日ほどあれば、手軽に訪れられるのも魅力です。

そんな岐阜県ですが、ツーリングでぜひ着目してほしいポイントが、四季折々の美しい道。アクセスという側面だけでなく、その道を走ることが目的になるような、素晴らしい名道が数々存在します。

今回はシーズン別に、筆者オススメの道を5つご紹介していきましょう!
more

オススメのPick Up 記事

人気映画に漫画も! ロケ地が点在する岐阜・大垣市周辺エリア
人気映画に漫画も! ロケ地が点在する岐阜・大垣市周辺エリア
映画『聲の形』や人気グループ嵐が出演した映画『黄色い涙』など、大垣市周辺をロケ地にして描かれている作品が多くあります。聖地を見ようとカメラを持って来ているファンの姿もちらほら。作品と同じ風景を見つけたら興奮すること間違いなし! 今回は大垣市を含む西濃エリアでロケ地になった場所をご紹介します。ぜひ聖地巡礼の参考にしてみてください。
more
うまいお酒と出逢う旅!飛騨高山の酒蔵を巡る「のん兵衛まつり」へ行ってきた!
うまいお酒と出逢う旅!飛騨高山の酒蔵を巡る「のん兵衛まつり」へ行ってきた!
飛騨高山「酒蔵のん兵衛まつり」は、古い町並周辺の歴史ある酒蔵を巡り、呑み比べを楽しむ「のん兵衛」の為のイベントです。例年、新酒の出来上がる冬の寒い時期に開催されていましたが、令和4年は初夏の開催となりました。
地酒大好きな地元レポーターが、イベントアイテムの「NOMBE(のんべえ)バッグ」を手に、レンタル着物で酒蔵を巡り、「のん兵衛まつり」期間中や期間外の酒蔵での楽しみ方を学んできました!
お酒のことは「のん兵衛」に聞くのが一番!!
というわけで、今回イベントに参加された6つの酒蔵でお話を伺ってきましたので、ぜひ参考にしていただき、ほろ酔い気分で酒蔵や周辺のお店をハシゴしていただければと思います。

※のん兵衛(のんべえ)…お酒が好きでよく飲む人を人名のように言った語。呑兵衛。
more
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
温泉と美味しいものはセットで!岐阜の秘湯 & グルメ巡りにオススメの旅行先5選
北アルプスや御嶽山など、日本屈指の山岳地帯である岐阜県。日本三名泉にも選ばれている下呂温泉や、野趣に富んだ奥飛騨温泉郷をはじめとして、山麓のいたるところから温泉が湧き出ています。

そんな温泉県の岐阜県ですが、意外に面白い観点が「秘湯+グルメ」の組み合わせ。日帰りでも宿泊でも、野趣ある温泉と、岐阜ならではの山川の幸を味わえます!今回は、秘湯 & グルメ巡りができるスポットを5つご紹介したいと思います。
more