地元レポーター発!旅のコラム

今話題の柳ヶ瀬グラッスル35!新オープン店&周辺グルメと金公園を取材!

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
投稿日;
2023年3月4日にオープンした「柳ヶ瀬グラッスル35」。
岐阜市の中心部では4棟目、総戸数335戸の岐阜市内最大のタワーマンションで、1・2階に商業施設、3・4階には公益施設(子育て支援施設・健康運動施設)があり、1階入口にはイベントができる広場もあります。
僕は、建築途中からロケで度々訪れたことがあったので、完成した時は自分のことのように嬉しかったです。今回は、柳ケ瀬グラッスル35を中心に、柳ケ瀬のおすすめスポットをご紹介します。

【金神社・金公園】

地元では「こがねさん」の愛称で親しまれ、今や名所となっている金(こがね)神社。

古来より産業繁栄、財産・金運招福、商売繁盛の神様として信仰されています。入口には”黄金の鳥居”があり、撮影スポットとしても有名です。この鳥居を撮影すると、自然に「柳ケ瀬グラッスル35」が画角に入り、新しい岐阜を感じます。


そして、金神社の隣には、柳ケ瀬グラッスル35のオープンに合わせリニューアルされた、セントラルパーク”金公園”があります。母が子どもの頃は、大きな噴水やプールがあったそうですが、今回のリニューアルで、小高い丘や高さ1.5メートル・幅20メートルの斜面すべり、バスケットゴールが整備されました。


皆さん、ベンチで読書したり、撮影したり、自由にくつろげる空間として利用していました。オープニングイベントにお邪魔しましたが、キッチンカーも入れるようになっています。これから、どんどん楽しみが増えそうですね。

【柳ヶ瀬グラッスル35・Gテラス】

柳ヶ瀬グラッスル35の1階入口「Gテラス」は、広々とした空間で大画面モニターがある多目的広場となっており、イベントも開催できるそうです。コンサート・展示会・発表会・物品販売など、様々な催し物ができるレンタルスペースになっています。大きな屋根がついているため、屋外でありながら天気を気にする必要がありません。


僕が取材したのは3月下旬でしたが、これからテナントも増える予定とのことなので、ますます目が離せません。今後の柳ヶ瀬グラッスル35がとても楽しみです。

【KITCHEN FUKUI 2nd】

柳ヶ瀬商店街に行く時、よく立ち寄る「大福屋」という食堂があります。こちらの「KITCHEN FUKUI 2nd」は、大福屋さんの店主の弟さんが柳ヶ瀬グラッスル35に出店されました。グラッスル出店前は、 ホテル”グランヴェール岐山”で20年間シェフを務められ、その後は岐阜市加納にお店を構えていたそうです。


店内に入り、メニューの豊富さに驚きました。どれにしようか決めきれず…悩んだ末に今回いただいたのは、日替わりランチ「ハンバーグ・国産牛のビーフカレー・デザートにワッフルを」。

スパイスが効いたカレーは、香りだけでおいしいと分かる本格的カレー。ハンバーグはフワッとしていて、ソースも抜群でした。デザートのワッフルには、甘いけれどちょっと酸味のあるベリー系のソースがかかっていて、焼き加減もサックリしていておいしかったです。


ガラス張りの店内から、先述のイベント会場「Gテラス」を見ながらいただくのも贅沢で良いかもしれません。自分の家のような雰囲気で、くつろげる空間とおいしい料理に大満足。他にも気になるメニューがたくさんあったので、次はグリル系のお料理を食べに行きたいです。


住所:岐阜市徹明通り2-20 柳ケ瀬グラッスル35 1階 107

電話番号:058-214-7893

営業時間:11:00~21:00

定休日:毎週木曜日、隔週水曜日

【冷麺のお店 hachi】

岐阜市に来たら、ぜひ食べていただきたい冷麺があります。季節ごとの食べ物ももちろん良いですが、アイスクリームを季節問わず食べたくなるように、冷たい麺を食べたくなった時には、「冷麺のお店 hachi」がオススメです。柳ヶ瀬からは少し外れますが、大通りを挟んだ美殿町にあります。


岐阜市で盛岡冷麺?と思った方も、ぜひ一度味わっていただきたいです。盛岡へは行ったことがなく、本場の冷麺を食べたこともありませんが、このお店には絶対食べに行った方が良い!それくらいオススメです。実は、僕もすでに何度か通っています。笑


テーブルに置いてある2種類のオリジナル調味料をお好みで使うのが通の食べ方です。にんにく酢と、特製出汁にカツオを入れた酢。食べている途中の味変に、ぜひ使ってみてください。おなかに余裕がある方は替え玉で楽しむのも良いですね。 


そして、辛いものが食べたい時は”宮崎辛麺”、さっぱりしたのが食べたい時は”レモン麺”など、冷麺の世界が広がっています。どんどんメニューが増えていて、新メニュー「冷やしたぬき」の情報も!全メニュー制覇を目指します。


住所:岐阜市美殿町45

電話番号:070-7781-9532

営業時間:11:30~14:30、17:30~22:00

定休日:月曜日

【新岐阜サウナ】

そして最後に…僕の最近のお気に入りはサウナ!

仕事のサウナロケで色々な所へ行かせていただいているうちに、すっかりハマってしまいました。最近では、スケジュールを見て「今度はココに行ってみよう!」と新規開拓をしています。


その中でも、岐阜市に来たらぜひ行っていただきたいサウナのひとつが「新岐阜サウナ」です。タワーサウナ・セルフロウリュウサウナ・薬草サウナと3種類あり、気分によって変えられます。

そして何より僕がオススメしたいのが、シングル水風呂(約7度)・スタンダード水風呂(約15度)・寝水風呂(約25度)の3種類の水風呂です。特に、シングル水風呂は、熱いサウナの後に入ると最高の気分になります。その後、ととのいスペースに行き整えると、日々の仕事の疲れも癒されます。


サウナのシメに「オロポ(オロナミンCとポカリスエットのドリンク)」を飲むと、さらに整います!撮影できないのでお見せできませんが、サウナの中が気になると思いますので、ぜひ実際に体験してみてくださいね。


住所:岐阜市一番町7

電話番号:058-201-4137

定休日:なし(※基本男性専用のサウナですが、女性デーもあります。公式サイトのカレンダー等でご確認ください)

駐車場:あり

この記事のレポーター

永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
永田 薫(MAG!C☆PRINCE)
1996年10月6日岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市プロモーション大使。飛騨市観光プロモーション大使。
ボーイズグループMAG!C☆PRINCEのメンバーとして、東海地方を中心に活動中。
テレビやラジオ番組・舞台などで、活躍の場を広げている。

記事一覧

ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
ぎふ長良川の鵜飼と楽しむ「お弁当」6選
more
岐阜のソウルフード「冷やしたぬきそば」のお店5選
岐阜のソウルフード「冷やしたぬきそば」のお店5選
more
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
岐阜駅から歩いて行けるモーニング 10選!!
more
話題の岐阜城を色々な角度から眺めながら、周辺グルメを堪能!
話題の岐阜城を色々な角度から眺めながら、周辺グルメを堪能!
more

関連記事

いま読まれている人気記事

私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
飛騨高山で観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買わなきゃ帰れません!(個人の感想です)
ご家族や同僚へ、はたまた、帰ってからも飛騨高山の余韻に浸るためのセルフお土産など、選ぶのも楽しいお土産物探し。

でも、おすすめってお店によってもさまざまで、迷ってしまいますよね…。
今回は、地元高山大好きレポーターの私が推してるお土産(食べ物系)を6つ選んでみました!もちろん他にも素晴らしいものがたくさんあります!(こちらは私の主観で選んでいます)

番外編として、高山イチたくさんの品物が揃っていると言っても過言ではないお土産物館「飛騨高山物産館」でのお買い物についてもお伝えします!お土産をお得に買えて、そのまま郵送もできちゃうなんて…必見です!

高山土産を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
more
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more

オススメのPick Up 記事

絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
瑞浪市の標高約500メートルにあり最高の眺望を望むことができる「カフェー清涯荘」。肉や魚を使わないヴィーガンランチ等が楽しめるお店です。一般席とは別に、会員だけしか利用できないスペース「TEN KUH Lounge」が店の屋上にあったのですが、なんと2024年4月1日より、誰でも利用できるように開放されました! 早速訪れて、最高な空間で食事を楽しんできたのでその様子をリポートします。
more
飛騨古川に来たら行くべき「定番」スポットと「オススメ」お土産をご紹介!
飛騨古川に来たら行くべき「定番」スポットと「オススメ」お土産をご紹介!
旅行といえば、テーマパークや温泉、歴史に触れる旅もいいですが、ふる里へ帰るように田舎の空気を感じたいなら、岐阜県飛騨市の飛騨古川は本当におすすめ。
友達とはしご酒を楽しんだり、1人でまちをぶらぶら散策したり、とても落ち着ける魅力的な場所です。
今回は、何度も訪れている飛騨古川で、ここに来たらこれを買うよね!さらに新しいものも発見!をテーマにまちを巡ったお土産特集です。
more
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
俳聖 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えたむすびの地である岐阜県大垣市船町。

かつては、川湊(かわみなと)として栄えたこの町の一角に、和菓子店とカフェが併設された憩いの空間が誕生しました。

近くには「大垣市 奥の細道むすびの地記念館」や遊歩道「四季の路」があり、春は水門川に沿ってお花見や舟下りも楽しめる観光名所です。

今回は、2024年3月20日にオープンした「船町ベース」をご紹介します。
more