地元レポーター発!旅のコラム

岐阜県・東白川村にあるGifutoでお茶と本を楽しみながらゆったりとした時間を過ごしませんか?

ハマダアヤノ
ハマダアヤノ
投稿日;
みなさんは、岐阜県加茂郡東白川村(ひがししらかわむら)をご存知ですか?

東白川村は、土地の名産である白川茶を育てている茶畑が所々に広がっており、日本の美しい村としても認定されるほど、自然が豊かでのどかな風景を楽しめる地域です。

今回はそんな素敵な場所で、古民家を改装して日本茶ブックカフェを運営しているGifuto(ギフト)にお邪魔してきました。

Gifutoでは、とても心地の良い時間を過ごすことができたので、忙しい毎日にゆっくりした時間を取りたいと思っている方はぜひドライブをしながら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

大きな手作り看板を目印に

私の住んでいる名古屋から東白川村に向かうには、国道41号線を北上し、白川町で県道62号線へ入るのですが、少し進むと「本」と書かれた大きな看板を見つけることができます。その看板を目印に、山の方へ目を向けると、東白川村の美しい風景と馴染んだ古民家があります。


外観を見ると、本やお茶にまつわる文章が書かれた印象的なデザインの横断幕が目に飛び込んできます。こちらの横断幕は、お茶と本が好きな店主自らが制作したもの。本やお茶が好きな方は、特に気になるのではないでしょうか。

古民家の風情を残したままの店内

入り口の扉を開けると、まず目に入ってくるのは、大きな土間。


古い民家では玄関として使われていた土間が、そのまま生かされているので、どこか懐かしい印象を受ける方もいるのではないでしょうか。


入り口では、可愛い置物たちがお出迎えしてくれます。どこもかしこも昔のままの雰囲気を感じられるので、その心地よい雰囲気を感じたり、写真を撮影をしたりして、入り口でまず立ち止まってしまうと思います。

人が集まる日本茶ブックカフェ

土間から上がると、大きなストーブがある部屋へと繋がっています。ここはカフェのメインスペースであり、冬になると暖を取るために多くの人がこの部屋に集まるそうです。


「本に合うお茶を出す」という想いのもと、日本茶ブックカフェとして運営をしているGifuto。


たくさんの本に囲まれながら、おいしいお茶が飲めるこの場所は、一人で過ごすことはもちろん、気の合う仲間とゆったり過ごせる、そんな空間になっています。何より、本がたくさんあるので、読書が好きな人は、ずっと居たいと思うのではないでしょうか。


そして、メインのカフェスペースから奥へ進むと、畳のある隣の部屋へと繋がっています。そこには、これまでに店主が選んで集めた本が所狭しと並んでいます。


様々なジャンルの中から選んでいるので、気になるものがあれば、店主とその本について話すのも楽しいと思います。

古道具を見る楽しさ、選ぶ楽しさを

さらに部屋の奥へと進むと、何やら物がたくさん並んでいる部屋へと辿り着きます。


ここにあるものは、この古民家や蔵から出てきた、昔使われていた家具や道具です。懐かしいものもあれば、見たことがないものもありますが、アンティークや古い物が好きな人には、ときめきが抑えられない空間ではないでしょうか。


見るだけでも楽しいのですが、購入もできるので、宝探しの気分で色々な家具や道具をぜひチェックしてみてくださいね。

おいしいお茶と本と時間を楽しめる空間

取材を終えて一息ついていると、店主がお茶を出してくれました。


初夏にぴったりの水出し煎茶がとてもおいしかったので、家でも飲みたいと思い、販売用のお茶を購入しました。お茶の隣には、「倒れない湯呑み」も販売されていて、おしゃれな英字の文章が書かれた素敵なデザインは、お土産にもおすすめです。


昔懐かしい古民家で、おいしいお茶と、たくさんの古い本や道具に囲まれて、とても良い時間を過ごすことができました。


忙しい毎日に、少しゆったりと休憩する時間が欲しいなという人は、ぜひ岐阜県・東白川村にあるGifutoに行ってみてください。心穏やかになれる時間を過ごせると思います。

この記事のレポーター

ハマダアヤノ
ハマダアヤノ
28歳でウェディング専門花屋を起業。新型コロナウイルスの影響を受け、自分の人生をより自由に選択できるようにと店舗を縮小し、フリーのライター兼フォトグラファーとして活動を始める。現在はクリエイティブな仕事を請け負うマルチクリエイターとして活動中。

記事一覧

何気ない休日観光におすすめ。岐阜県・海津市にある千代保稲荷神社で写真散歩をしませんか?
何気ない休日観光におすすめ。岐阜県・海津市にある千代保稲荷神社で写真散歩をしませんか?
more
食卓を一段とおしゃれに。今、手に入れたい美濃焼の器が売っているお店はここ。
食卓を一段とおしゃれに。今、手に入れたい美濃焼の器が売っているお店はここ。
more
ぶらりお散歩旅。岐阜県・可児市でゆっくりひとり時間を楽しんでみませんか?
ぶらりお散歩旅。岐阜県・可児市でゆっくりひとり時間を楽しんでみませんか?
more
岐阜県・各務原市にある学びの森でゆったりとした時間と自然を満喫しませんか?
岐阜県・各務原市にある学びの森でゆったりとした時間と自然を満喫しませんか?
more

関連記事

いま読まれている人気記事

私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
飛騨高山で観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買わなきゃ帰れません!(個人の感想です)
ご家族や同僚へ、はたまた、帰ってからも飛騨高山の余韻に浸るためのセルフお土産など、選ぶのも楽しいお土産物探し。

でも、おすすめってお店によってもさまざまで、迷ってしまいますよね…。
今回は、地元高山大好きレポーターの私が推してるお土産(食べ物系)を6つ選んでみました!もちろん他にも素晴らしいものがたくさんあります!(こちらは私の主観で選んでいます)

番外編として、高山イチたくさんの品物が揃っていると言っても過言ではないお土産物館「飛騨高山物産館」でのお買い物についてもお伝えします!お土産をお得に買えて、そのまま郵送もできちゃうなんて…必見です!

高山土産を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more

オススメのPick Up 記事

絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
瑞浪市の標高約500メートルにあり最高の眺望を望むことができる「カフェー清涯荘」。肉や魚を使わないヴィーガンランチ等が楽しめるお店です。一般席とは別に、会員だけしか利用できないスペース「TEN KUH Lounge」が店の屋上にあったのですが、なんと2024年4月1日より、誰でも利用できるように開放されました! 早速訪れて、最高な空間で食事を楽しんできたのでその様子をリポートします。
more
飛騨古川に来たら行くべき「定番」スポットと「オススメ」お土産をご紹介!
飛騨古川に来たら行くべき「定番」スポットと「オススメ」お土産をご紹介!
旅行といえば、テーマパークや温泉、歴史に触れる旅もいいですが、ふる里へ帰るように田舎の空気を感じたいなら、岐阜県飛騨市の飛騨古川は本当におすすめ。
友達とはしご酒を楽しんだり、1人でまちをぶらぶら散策したり、とても落ち着ける魅力的な場所です。
今回は、何度も訪れている飛騨古川で、ここに来たらこれを買うよね!さらに新しいものも発見!をテーマにまちを巡ったお土産特集です。
more
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
俳聖 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えたむすびの地である岐阜県大垣市船町。

かつては、川湊(かわみなと)として栄えたこの町の一角に、和菓子店とカフェが併設された憩いの空間が誕生しました。

近くには「大垣市 奥の細道むすびの地記念館」や遊歩道「四季の路」があり、春は水門川に沿ってお花見や舟下りも楽しめる観光名所です。

今回は、2024年3月20日にオープンした「船町ベース」をご紹介します。
more