地元レポーター発!旅のコラム

標高日本一?!神秘の洞窟「飛騨大鍾乳洞」に行ってきた!

あすみん
あすみん
投稿日;
飛騨大鍾乳洞は、観光鍾乳洞の中では日本一である標高900メートル(岐阜県高山市丹生川町)に位置する鍾乳洞です。
飛騨大鍾乳洞の中は年間平均気温が12℃前後となっており、夏は非常に涼しく、避暑地としても人気の観光スポットとなっています(上着が1枚あると良いかもしれません)。
全長800メートルのコースは、登ったり曲がりくねったり、狭い道を通ったり…とまるで洞窟探検のよう!
今回はこの地で長い長い年月をかけて自然が創り出した幻想的な鍾乳洞の見どころをご紹介します。

また、併設されている大橋コレクション館には、この鍾乳洞を発見した大橋外吉氏が収集した世界的な美術品・芸術品の数々(約1000点)のほか、一時テレビなどを賑わした「金塊」も展示されていますので、鍾乳洞探検へ出発する前にぜひご覧ください。

「日本一宿儺鍋(すくななべ)」がお出迎え〜両面宿儺ゆかりの地〜

無料駐車場に車を停め、階段を登るとまず目に飛び込んでくるのが、大きな鍋です!

飛騨大鍾乳洞の入場口前付近には、直径約6mの「日本一宿儺鍋」が展示されています。

この鍋は、体長が3メートル以上あったとされる宿儺(両面宿儺)が、民からの好意で鍋を振る舞われた逸話に由来して作られたのだそう。

両面宿儺(りょうめんすくな)を偲び五穀豊穣を願って開催されている「飛騨にゅうかわ宿儺まつり」で平成13年から19年まで実際に使用されたもので、現在、日本一宿儺鍋は使用されていませんが、毎年11月3日には丹生川支所前駐車場で「飛騨にゅうかわ宿儺まつり」が開催されています。


両面宿儺は、高山市丹生川町に伝わる飛騨の豪族です。「日本書紀」によると、1つの体に顔が2つ、手足が各4本の大男(怪物)として恐れられ、大和朝廷に背いて討伐されたとありますが、飛騨では武勇に優れ地域を守った英雄として語り継がれています。

また、飛騨大鍾乳洞の近くには、両面宿儺が生誕・居住していたと伝わる「両面宿儺洞窟」や両面宿儺を祀る「両面宿儺 遥拝所」があります。駐車場から徒歩1分ほどの場所です。


両面宿儺をモチーフにしたご当地キャラクター「すくなっツー」のパネルも大鍋付近に展示されていますので、ぜひ記念撮影してみてください!

飛騨大鍾乳洞ができるまで

飛騨大鍾乳洞は、1965年(昭和40年)に、大橋外吉氏によって発見された鍾乳洞で、国内約80ヶ所ある観光鍾乳洞の中で最も標高の高い場所(標高900m)にあります。

第1洞〜第3洞まである約800mのコースでは、「ストロー(鍾乳管)」と呼ばれる白く細長い管状の鍾乳石や、「ヘリクタイト」というねじ曲がりながら垂れ下がる、大変珍しい鍾乳石を見ることができます。

現在は海無し県である岐阜県ですが、2億5千万年前までは飛騨地方も海だったため、サンゴやフズリナなどの海洋生物が堆積したことで石灰岩の地層が形成されました。

その後、地殻変動により石灰岩の地層が陸地となり日本アルプスが誕生したそうです。

石灰岩は酸性の水(雨水など)に溶けやすく、長い年月をかけ徐々に溶食されてできた石灰洞(洞穴)には、学術的にも珍しい鍾乳石や芸術的な形の鍾乳石などが多数できました。

鍾乳石とは、石灰岩の主成分である炭酸カルシウムが雨水などにより溶け出し、その水が再び固まってできた石のことで、100年で約1cmしか成長しないそうです(洞内の環境による)。

こうして長い長い時を経て、鍾乳洞の入り口が大橋外吉氏に発見され、観光鍾乳洞として整備されたことで、私たちは神秘的な鍾乳洞を見学することができるようになりました。

「飛騨大鍾乳洞」は、2億5千万年かけて自然の力で出来上がった神秘の洞窟。
地球のエネルギーを感じられるパワースポットとも言われているよ!

大橋コレクション館

  • 場内は撮影禁止ですのでご注意を!

入場口でチケットを購入したら、鍾乳洞へ入る前に「大橋コレクション館」を見学することができます。

飛騨大鍾乳洞を発見した大橋外吉氏が集めた、世界的な美術品・芸術品約1,000点を見られるほか、平成19年に強奪された100kgの金塊のうち「戻ってきた金塊」の一部が、強盗前のレプリカと共に展示されています。

※コレクション館内は撮影禁止ですので、ご注意ください。

鍾乳洞内の通年平均気温は12℃前後!?

大橋コレクション館展示場を後にし、鍾乳洞入り口までは連絡通路を渡っていきます。

洞窟の入り口には「只今の洞内温度12.8℃」の表示。外は炎天下だったこの日、キンキンに冷えた空気が外まで漏れ出ていて、とても気持ちよかったです!(個人の感想です)

12℃は一緒に行った息子には寒すぎたようで(半袖短パンでした)、「上着持ってくればよかった〜」と言いながらずっと足踏みをしていました。

夏の鍾乳洞へは、羽織るものを1枚持っていくことをおすすめします!

第1洞 竜宮の夜景・夢の宮殿

飛騨大鍾乳洞は、第1洞〜第3洞で構成されており、その中でも特に見どころが多いのが第1洞だそうです。

洞窟の中で一番天井が高く、美しいと言われているのが、入場してすぐの場所にある「竜宮の夜景」。

青色のライトに照らされた地下水の上には白い鍾乳石が多数見られます。

暗闇に浮かび上がる幻想的な景色は、なんだか静かな海の中にいるような気分にさせてくれました(個人の感想です)。

さらに進んだ先にある「夢の宮殿」と名付けられたエリアでは、まるで宮殿のように育った鍾乳石を見ることができます。この大きさになるまでに一体何万年、何億年かかったことでしょう…。

(洞内の鍾乳石は苔の繁殖を抑えるために青色等のカラーライトでライトアップされています。)

私が第1洞で個人的に一番感動したのは、下写真「ローマの遺跡」と名付けられた景色です。

つらら石が無数に垂れ下がり、立派な純白の石筍もたくさん!奥の方まで続いていました。

しばらく進んでいくと、突如お酒の瓶がずらりと並んだ貯蔵庫が!

この中には、日本酒・焼酎・ワインなどが貯蔵されており、お土産品としても喜ばれているそうです。

ここから先は急な坂や階段、狭い道が多い第2洞、第3洞へ進みます。

急いでいる方や、足腰に自信のない方は、すぐ先の「第1出口」から外へ出ることができます。無理はしないようにしましょう。

第2洞 愛深スポット

第1洞から第2洞に入る際は、地下に作られた45mのトンネル「愛深スポット」を通っていきます。

カラフルなLEDライトに照らし出された幻想的な空間をカップルで通れば愛が深まると言われており、人気スポットとなっています。


「愛深スポット」を抜けると第2洞です。

鍾乳石かと思いきや、暗所で栽培している真っ白な「ウド」が現れた時には驚きました。

ウドの栽培地を通り過ぎると、水の音が聞こえてきます。

なんと鍾乳洞の中に勢いよく滝が流れているのです。

「幸福の滝」と名付けられた滝は、私からは全貌は見えませんでしたが、水飛沫が勢いよく飛んでくるのを感じ、涼しさが更に増しました!


下写真の大きな鍾乳石「王冠」は、昭和46年2月2日に高松宮殿下が御命名されたものだそうです。

周りの鍾乳石含め、とても立派で、私の目には王冠を守る獅子がいるようにも見えました。

いよいよこの先は第3洞。道幅も狭くなり、急な階段を登っていくことになります。

第2出口が用意されていますので、足元が不安な方、お急ぎの方は第2出口をご利用ください。

第3洞 月の世界

狭い階段を登っていくと、そこには「月の世界」が待っていました。

こちらは下から見上げた様子です。

天井が高く、美しい鍾乳石に囲まれた空間にいると、なんだか知らない星を見ているような感覚になります(個人の感想です)。

その他「大仏の耳」など、個性的な形の鍾乳石を見学したら、いよいよ第3出口に向けて、最後の階段を登っていきます。見た目以上に急な階段です。お気をつけください。

終点直前には、赤い鳥居のあるお社が建っています。

こちらは「子宝神社」と呼ばれ、お社の中には、飛騨大鍾乳洞を象徴するシンボルとして総重量3トンの「日本一の男子宝物石器」が祀られています。

この石を撫でると、子宝に恵まれると言われており、全国から来る多くの方々から祈願されるようになったとのことです。

鍾乳洞探検はこれにて終了です!

出口から出たら、通路を駐車場の方へ下っていきます。

冬季は氷の渓谷も出現!

鍾乳洞出口から駐車場までの通路を進んでいくと、窓の外に七福神の石像がずらり。お見送りをしてくれました!

上写真は夏の様子ですが、冬にはこの付近に、谷の水を木々にかけて凍らせた「氷の渓谷」が出現します。


氷の渓谷…1月上旬頃から3月上旬頃

氷の渓谷ライトアップ…毎年2月の土曜日に開催されます。


冬もぜひお越しいただき、見てほしい景色です!

恋人の聖地に認定されました!

通路を下まで下り切った先には、恋人の聖地、の文字。

カップルやご夫婦たちのためのモニュメントや誓いの鐘が設置されています。

このモニュメントは、恋人の聖地に認定されたことを記念して建てられたもので、二人の幸せを願い、フクロウ(不苦労)と若葉(愛が芽生える)が飾られているそうです。

ハート型の「誓いの合鍵」や「誓いの絵馬」がズラリと並ぶキュートなブースになっていました!

駐車場内には、飲食店等のほか、両面宿儺のパネル展会場もあります。

飛騨大鍾乳洞&大橋コレクション館と合わせてゆっくりとお楽しみください!


「飛騨大鍾乳洞」

住所:岐阜県高山市丹生川町日面1147

TEL : 0577-79-2211

定休日:年中無休


入場料:

大人一般(高校生以上) 1,100円

小人(小・中学生) 550円

団体(20名以上) 大人900円 小人350円


営業時間:

4月〜10月 8:00〜17:00(閉館 17:30)

11月〜3月 9:00〜16:00(閉館 16:30)


この記事のレポーター

あすみん
あすみん
“飛騨の景色を届けたい”をモットーに
カメラ抱えて東へ西へ
生まれ育った飛騨が大好き
GIFUを世界へ! ママフォトグラファー

記事一覧

私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
more
飛騨高山でモーニングを食べるならここ!私の好きな6つのお店
飛騨高山でモーニングを食べるならここ!私の好きな6つのお店
more
飛騨高山観光~食べ歩きグルメおすすめ6選~
飛騨高山観光~食べ歩きグルメおすすめ6選~
more

関連記事

いま読まれている人気記事

私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
飛騨高山で観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買わなきゃ帰れません!(個人の感想です)
ご家族や同僚へ、はたまた、帰ってからも飛騨高山の余韻に浸るためのセルフお土産など、選ぶのも楽しいお土産物探し。

でも、おすすめってお店によってもさまざまで、迷ってしまいますよね…。
今回は、地元高山大好きレポーターの私が推してるお土産(食べ物系)を6つ選んでみました!もちろん他にも素晴らしいものがたくさんあります!(こちらは私の主観で選んでいます)

番外編として、高山イチたくさんの品物が揃っていると言っても過言ではないお土産物館「飛騨高山物産館」でのお買い物についてもお伝えします!お土産をお得に買えて、そのまま郵送もできちゃうなんて…必見です!

高山土産を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more

オススメのPick Up 記事

カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
俳聖 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えたむすびの地である岐阜県大垣市船町。

かつては、川湊(かわみなと)として栄えたこの町の一角に、和菓子店とカフェが併設された憩いの空間が誕生しました。

近くには「大垣市 奥の細道むすびの地記念館」や遊歩道「四季の路」があり、春は水門川に沿ってお花見や舟下りも楽しめる観光名所です。

今回は、2024年3月20日にオープンした「船町ベース」をご紹介します。
more
登山よりもハードル低く、山と自然を楽しむ!絶景の宝庫・岐阜が誇る「山歩スポット」10選
登山よりもハードル低く、山と自然を楽しむ!絶景の宝庫・岐阜が誇る「山歩スポット」10選
「山歩(さんぽ)」という言葉はご存知でしょうか?これは山や身のまわりの自然の中を気持ちよく歩くことを指し、登山GPSアプリを手がける「YAMAP(ヤマップ)」が提唱している山の楽しみ方です。あくまで山に登ることではなく、歩くことに主眼が置かれています。そこで今回は、バリエーションに富んだ自然が魅力の岐阜県から、トラベルライターの筆者がおすすめの「山歩コース」をご紹介!ジャンルごとに厳選しているので、ぜひチェックしてみてください。
more
春の飛騨地方〜桜めぐり6選〜
春の飛騨地方〜桜めぐり6選〜
岐阜県の飛騨地方は、四季折々の美しい景色が楽しめる観光地として知られていますが、特に春に訪れたいのが桜の名所です!
今回は、筆者が実際に足を運んだ桜の名所や、人気上昇中のスポットの中から6箇所をご紹介します。
美しい桜の花が咲き誇る場所で春の訪れを感じながら、心安らぐひとときをお過ごしください。

※飛騨地方は雪深い地域が多いため、開花が遅い場所があります。
※通常は桜の開花時期が4月〜5月下旬頃までとなっていますが、気候によっては例年より大幅に開花時期がずれることもあります。
more