地元レポーター発!旅のコラム

これが図書館!?施設大充実の「みんなの森」ぎふメディアコスモス

showka♡
showka♡
投稿日;
図書館とは思えないおしゃれでアートな空間として話題の「みんなの森」ぎふメディアコスモスは、岐阜駅-長良川-金華山をつなぐ緑の拠点として建てられました。
「ここにいることが気持ちいい」「ずっとここにいたくなる」「何度でも来てみたくなる」をモットーに掲げている心地よい空間です。

述床面積約15,000㎡!広くておしゃれな空間に心奪われます!

2階は市立図書館、1階は開放的な空間になっていて市民活動交流センター、多文化交流センターや展示ギャラリー等からなる複合施設です。

「建築界のノーベル賞」と言われている「プリツカー賞」を受賞した建築家「伊東豊雄」さんが設計を手掛けた建物は近未来と日本ならではの木造家屋が融合され、まるで森の中にいるような素敵な空間です。

巨大な傘!?

図書館への階段を上り天井を見上げると、ドーム状の巨大な傘が出迎えてくれます。見た目がユニークなこのドーム状のものは「グローブ」と呼ばれていて、昼間は自然光を柔らかく拡散させ、夜間は照明のシェードになります。

また、上部に設けられた開閉式の水平窓を開けることで、一番上の部分から外の新鮮な空気を取り入れることができエネルギーをかけずに2階の大空間を換気することができます。

木製格子屋根と共にとってもエコな役目を果たしています!

波打つような曲線美!木製格子屋根

岐阜の東濃ひのきを使用した木製の格子屋根。全て職人さんの手で組み合わせて作られています。岐阜の山々の稜線を思わせる形状で美しい曲線美が特徴です。その屋根から「グローブ」が吊り下げられ、それぞれの空間を優しく包み込み癒しの空間となっています。館内には11個の「グローブ」があり、本のジャンルや過ごし方に合わせて空間を分けています。

お好みの空間で過ごそう!

2階は11のエリアに分かれていて、子供たちが調べたり学習できる「チャイルドグローブ」、親子で絵本の読み聞かせなどが出来る「親子グローブ」、中高生のためだけの場所「ヤングアダルトグローブ」、貴重な郷土資料の閲覧ができる「リサーチグローブ」などがあります。

中でも一番大きな空間!直径14mの「ゆったりグローブ」はグローブ内の椅子も座面が広く、名前の通りゆったりくつろげるスペースです。

その他にも金華山岐阜城が見えるテラス席や、開放的な大きな窓ガラスに沿った席などもあり、お好みの場所で過ごすことができます。

グローブにはそれぞれ模様があり、目印のグローブを探すサインの役目もあります。

つい時間を忘れてしまう滞在型図書館

木のぬくもりに包まれまるで森の中にいるような癒し空間なので、ゆったり時間を忘れて楽しめます。1階にはスターバックスコーヒーとローソンがあるので、お腹が空いても安心、気分転換もできます!

ローソンでは「ぎふみやげ」も販売しています。何度でも来たい、何時間でも居たい。市民に寄り添った「滞在型図書館」のコンセプト通りの場所です。

館内はバリアフリー、授乳室やお子さま用トイレも完備されています。

探検気分!?「本の蔵」

1階のエントランスからは見えているのに入り方はちょっぴり複雑で探検気分に!2階の中央スペースから専用のエレベーターで降りると1階の書庫スペース「本の蔵」につながります。寄贈文書や古い資料、新聞縮刷版、電話帳などが保管されていて公開書庫として自由に閲覧ができます。

図書館撮影について

1階の総合案内で、撮影許可を受ければ館内の撮影ができます。どこを切り取っても素敵な空間なので撮影も時間を忘れて楽しめます。

お隣の岐阜市庁舎15階・17階の展望スペースから図書館を撮影すると、まるで海外の建物のような写真が撮影できます。(手持ち撮影 iso2000 f6.3 ss1/13秒)

※撮影時の注意事項等は各施設で確認下さい。

所在地、アクセス

〒500-8076 岐阜市司町40番地5

JR岐阜駅、名鉄岐阜駅より徒歩約25分 /JR岐阜駅、名鉄岐阜駅から路線バスで約15分

開館時間 9:00~21:00

中央図書館 9:00~20:00

駐車場 8:00~21:30



この記事のレポーター

showka♡
showka♡
趣味でカメラを始めてから休みの日にはカメラを片手に撮影を楽しんでいます。各地域の名物や美味しい物も大好きなので岐阜の魅力を発信出来ればと思います♪

記事一覧

厳選5選!!マイナスイオンたっぷり岐阜県の滝
厳選5選!!マイナスイオンたっぷり岐阜県の滝
more
中華そば屋「丸デブ 総本店」と喫茶店「サロン ド マルイチ」、岐阜柳ヶ瀬の老舗店へ
中華そば屋「丸デブ 総本店」と喫茶店「サロン ド マルイチ」、岐阜柳ヶ瀬の老舗店へ
more
岐阜県美濃市「うだつの上がる町並み」を散策
岐阜県美濃市「うだつの上がる町並み」を散策
more
岐阜県で栗スイーツが楽しめるカフェBEST5!
岐阜県で栗スイーツが楽しめるカフェBEST5!
more

関連記事

いま読まれている人気記事

私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
飛騨高山で観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買わなきゃ帰れません!(個人の感想です)
ご家族や同僚へ、はたまた、帰ってからも飛騨高山の余韻に浸るためのセルフお土産など、選ぶのも楽しいお土産物探し。

でも、おすすめってお店によってもさまざまで、迷ってしまいますよね…。
今回は、地元高山大好きレポーターの私が推してるお土産(食べ物系)を6つ選んでみました!もちろん他にも素晴らしいものがたくさんあります!(こちらは私の主観で選んでいます)

番外編として、高山イチたくさんの品物が揃っていると言っても過言ではないお土産物館「飛騨高山物産館」でのお買い物についてもお伝えします!お土産をお得に買えて、そのまま郵送もできちゃうなんて…必見です!

高山土産を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
more
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more

オススメのPick Up 記事

絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
絶景の天空ラウンジが一般解禁!瑞浪市「清涯荘」のTEN KUH Lounge
瑞浪市の標高約500メートルにあり最高の眺望を望むことができる「カフェー清涯荘」。肉や魚を使わないヴィーガンランチ等が楽しめるお店です。一般席とは別に、会員だけしか利用できないスペース「TEN KUH Lounge」が店の屋上にあったのですが、なんと2024年4月1日より、誰でも利用できるように開放されました! 早速訪れて、最高な空間で食事を楽しんできたのでその様子をリポートします。
more
日帰り旅!白川郷~御母衣ダム、 白水湖と白水の滝
日帰り旅!白川郷~御母衣ダム、 白水湖と白水の滝
岐阜県の最北に位置する大野郡白川村には、岐阜県が世界に誇る世界遺産「白川郷」があります。冬は豪雪地帯ならではの幻想的な景色となり、ライトアップイベントも開催されます(事前予約制)。
四季を通して人気の白川郷ですが、その周辺にはまだあまり知られていない秘境の絶景スポットがあります!白川郷と共に楽しみたいスポットを併せてご紹介いたします。

※県道451号線(白山公園線)が冬季通行止め期間は、「白水湖」「白水の滝」へは行けませんのでご注意ください。
more
雪解けの絶景・ドラゴンアイを目指して。濁河温泉から「御嶽山」へ日帰り登山体験記
雪解けの絶景・ドラゴンアイを目指して。濁河温泉から「御嶽山」へ日帰り登山体験記
岐阜県と長野県にまたがる「御嶽山(おんたけさん、標高3,067m)」。火山としては富士山に次いで標高が高く、日本百名山の一つに選ばれている秀峰です。夏から秋にかけて多くの登山者で賑わいますが、山が雪解けを迎える5月下旬〜6月上旬にだけ、「ドラゴンアイ」と呼ばれる絶景が見られるのはご存知でしょうか?今回は、濁河(にごりご)温泉からドラゴンアイを目指した日帰り登山体験記をお届けします。
more