地元レポーター発!旅のコラム

多治見の陶芸体験はこちらへ!「アトリエORIBE」なら子供も大歓迎

ちゃんた
ちゃんた
投稿日;
焼物の町、多治見市で陶芸体験をした時の様子をお伝えします。

2021年4月にオープンしたアトリエORIBE(おりべ)

気軽に楽しく陶芸体験をしませんか?お子さんOK、手ぶらでOK、体験時間は1時間、みんなで一緒に楽しく陶芸体験のできるお店が多治見市にオープン。先日、私たちは3人の息子たちと陶芸体験に挑戦しました。この体験で得たものは、息子の集中力と素敵なオリジナル陶器です。

楽しかった体験の様子を紹介していきますので参考にしてくださいね。

アトリエ織部で陶芸体験をする流れ

1.電話で体験予約(当日予約もOK)

2.お店へ行き、エプロン着用(お店が用意してくれます)

3.先生から説明を受ける

4.作り始める(先生が優しく指導してくれます)

5.器の形が完成したら、焼き上がりの色を選ぶ

6.ここで体験は終了。焼き上がりの完成を待つ(約1カ月)


以上が大まかな流れになります。次からは、私たちが体験した様子を説明していきますね。

初めての陶芸体験に挑戦!

私たちは体験日の二日前に予約をしました。13時から体験開始なので、当日は15分前にお店へ行きます。三人の息子たち(9歳、6歳、2歳)は初めての陶芸体験に緊張気味。

陶芸体験の受付を済ませると、お店で用意してくれたエプロンを着用。さっそく、初めての陶芸体験の始まりです。

「ろくろ体験」と「手びねり体験」

陶芸を教えてくれる先生は優しい女性の方でした。おかげで息子たちの緊張もほぐれ、楽しそうな表情に変わっています。


長男は「ろくろ体験」、二男と三男は「手びねり体験」を選択。「ろくろ」はグルグルと回る機械を使用するのに対して、「手びねり」は手だけで仕上げていきます。最初に先生から作業全体の説明を受けました。説明が終わると子供たちの出番です。


「手びねり」の二人は、満面の笑顔で楽しそう。6歳の二男は一人で製作が出来そうですが、2歳の三男は親の助けが必要でした。

陶芸体験で子供の集中力UP

「ろくろ」の長男は作業に集中。普段は落ち着きのない子なので、そのギャップに驚きます。さらに、上手にろくろを回しているじゃないですか。

こんなに集中する息子を見るのは初めての事。「陶芸体験をさせて良かったよ!」と、パパの心からの声を掛けますが無視してろくろに集中する息子。

作業開始から20分ほどで湯呑を完成させました。粘土の段階では60分の制限時間内に何個でも作ることができ、その中から1個だけ焼き上げる作品を選ぶことができます。

親子で協力する大切な時間

さてさて、「手びねり」の二人も段々と作業に集中してきました。

ママに手伝ってもらいながらの作業になりますが、とても楽しそうでした。

「手びねり」の二人は、制限時間内に1個の作品を完成させることができました。最後にお好みで器に模様を描きます。

オリジナル陶器が一生の思い出に!

「ろくろ」の長男は3個の作品が完成。その中から1個だけを選んで焼き上げるのですが、追加料金を払えば2個でも3個でも選んで良いそうです。今回は追加料金(800円)を支払い2個を選びました。

最後に焼き上がりの色決めです。なんと、11種類もの色がありましたよ。

あとは焼き上がりを待つのみ。約1カ月で完成するとのことで、完成した作品は店頭での引取りか郵送が選べます。送料は別料金になりますが、遠方にお住まいの方も安心ですね。

陶芸体験の後はカフェとギャラリーへ

アトリエ織部には、お洒落な陶器を展示販売するギャラリーと、広大なお庭のあるカフェもありますので、陶芸体験と併せてお楽しみ頂けると思います。

1ヵ月後・・・これが完成品!

陶芸体験を終えてから約1ヵ月後、ついに私たちの作品が焼き上がりました。ろくろで作った茶碗と湯呑み茶碗は市販品レベルの出来栄え!

湯呑み茶碗に取手を付けた9歳の発想が面白くてお気に入りです。

一生の思い出となるように、器の底面に「体験日」と「好きなアルファベット2文字」が入れられます。

手びねりで作った小皿のデコボコ感は味がありますね。可愛い色の釉薬が、子供用の小皿としてピッタリ!

アトリエORIBEの店舗情報

住所:岐阜県多治見市旭ヶ丘10丁目6番地の130

電話番号:0572-26-9555 (体験予約も電話でお願いします)

営業時間:10:00-17:30 (体験受付16:00まで) 

休業日:不定休

駐車場:無料駐車場有

体験料金:下の写真を参考(各種クレジット対応)



岐阜のワークショップ、こちらもあります!

この記事のレポーター

ちゃんた
ちゃんた
岐阜在住歴40年の“ちゃんた”です。三児の父であり週末は家族で岐阜県内の公園などで楽しんでいます。趣味は愛車のクロスカブ(原付二種)で県内をツーリング。中濃や東濃の絶品グルメ&絶景を探索中です!

記事一覧

馬籠宿の”一人旅におすすめグルメ”6選
馬籠宿の”一人旅におすすめグルメ”6選
more
岐阜県美濃加茂市に人気パン屋がオープン!「mills by TruffleBAKERY」
岐阜県美濃加茂市に人気パン屋がオープン!「mills by TruffleBAKERY」
more
【郡上八幡観光】あなたはどっち!?食品サンプル作り体験が出来る店舗を徹底比較
【郡上八幡観光】あなたはどっち!?食品サンプル作り体験が出来る店舗を徹底比較
more
子供の遊び場!岐阜の大きい公園3選
子供の遊び場!岐阜の大きい公園3選
more

関連記事

いま読まれている人気記事

私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
私の推しお土産6選〜飛騨高山 食べ物編〜
飛騨高山で観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買わなきゃ帰れません!(個人の感想です)
ご家族や同僚へ、はたまた、帰ってからも飛騨高山の余韻に浸るためのセルフお土産など、選ぶのも楽しいお土産物探し。

でも、おすすめってお店によってもさまざまで、迷ってしまいますよね…。
今回は、地元高山大好きレポーターの私が推してるお土産(食べ物系)を6つ選んでみました!もちろん他にも素晴らしいものがたくさんあります!(こちらは私の主観で選んでいます)

番外編として、高山イチたくさんの品物が揃っていると言っても過言ではないお土産物館「飛騨高山物産館」でのお買い物についてもお伝えします!お土産をお得に買えて、そのまま郵送もできちゃうなんて…必見です!

高山土産を購入する際の参考にしていただければ幸いです。
more
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
飛騨高山ご当地グルメ!~高山ラーメン(中華そば)6選~
国内屈指の観光地、飛騨高山を訪れたら、絶対におさえておきたいのがご当地グルメの「高山ラーメン(中華そば)」です!

地元民には昔から「中華そば」や「そば」という呼び名で親しまれ、日常的に食べられているご当地ラーメン。人気アニメ映画『君の名は。』の中で、主人公達が「高山ラーメン」を注文していたことから注目が集まり、観光客や県外のお客様には「高山ラーメン」という呼び名が浸透していったとの情報もあります。
とは言っても、「高山ラーメン」を提供している老舗店のほとんどが「中華そば」とのれんを出しているため、お店を探す際はご注意ください。

飛騨高山にたくさんある「高山ラーメン」店ですが、馴染みのお店を決めてしまうと、どうしてもそこへ通ってしまいがち…(筆者である私は、家族の影響もあり子供の頃から老舗店「まさごそば」一択でした)。今回は馴染みのお店から飛び出して、私が実際に食べ歩いたオススメ店を6店ご紹介します!(個人の感想です)

この記事内に掲載されていない、おいしいお店はまだまだたくさんありますので、イチ参考としていただき、お好きな「高山ラーメン」食べ歩きを楽しんでください!
more
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more

オススメのPick Up 記事

日帰り旅!白川郷~御母衣ダム、 白水湖と白水の滝
日帰り旅!白川郷~御母衣ダム、 白水湖と白水の滝
岐阜県の最北に位置する大野郡白川村には、岐阜県が世界に誇る世界遺産「白川郷」があります。冬は豪雪地帯ならではの幻想的な景色となり、ライトアップイベントも開催されます(事前予約制)。
四季を通して人気の白川郷ですが、その周辺にはまだあまり知られていない秘境の絶景スポットがあります!白川郷と共に楽しみたいスポットを併せてご紹介いたします。

※県道451号線(白山公園線)が冬季通行止め期間は、「白水湖」「白水の滝」へは行けませんのでご注意ください。
more
篠田桃紅の世界観に浸る!「岐阜現代美術館」リニューアルオープン
篠田桃紅の世界観に浸る!「岐阜現代美術館」リニューアルオープン
墨彩による抽象表現で国際的に評価の高い美術家・篠田桃紅の作品を所蔵する「岐阜現代美術館」(Gifu Collection of Modern Arts)がリニューアル。

新しく建設された「桃紅館(とうこうかん)」が、桃紅の誕生日である3月28日にオープンしました。

2021年3月に107歳で亡くなるまで制作に没頭した篠田桃紅の作品を1000点以上保有し常設する美術館は、世界でここだけ。

今回は、新装なった岐阜現代美術館の魅力をたっぷりとご紹介します。
more
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
カフェで楽しむ和菓子!水都・大垣に「船町ベース」誕生
俳聖 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えたむすびの地である岐阜県大垣市船町。

かつては、川湊(かわみなと)として栄えたこの町の一角に、和菓子店とカフェが併設された憩いの空間が誕生しました。

近くには「大垣市 奥の細道むすびの地記念館」や遊歩道「四季の路」があり、春は水門川に沿ってお花見や舟下りも楽しめる観光名所です。

今回は、2024年3月20日にオープンした「船町ベース」をご紹介します。
more