地元レポーター発!旅のコラム

子供の集中力UP!一生の記念!親子で楽しく「アトリエORIBE」で陶芸体験ができました

ちゃんた
ちゃんた
投稿日;
焼物の町、多治見市で陶芸体験をした時の様子をお伝えします。

2021年4月にオープンしたアトリエORIBE(おりべ)

気軽に楽しく陶芸体験をしませんか?お子さんOK、手ぶらでOK、体験時間は1時間、みんなで一緒に楽しく陶芸体験のできるお店が多治見市にオープン。先日、私たちは3人の息子たちと陶芸体験に挑戦しました。この体験で得たものは、息子の集中力と素敵なオリジナル陶器です。

楽しかった体験の様子を紹介していきますので参考にしてくださいね。

アトリエ織部で陶芸体験をする流れ

1.電話で体験予約(当日予約もOK)

2.お店へ行き、エプロン着用(お店が用意してくれます)

3.先生から説明を受ける

4.作り始める(先生が優しく指導してくれます)

5.器の形が完成したら、焼き上がりの色を選ぶ

6.ここで体験は終了。焼き上がりの完成を待つ(約1カ月)


以上が大まかな流れになります。次からは、私たちが体験した様子を説明していきますね。

初めての陶芸体験に挑戦!

私たちは体験日の二日前に予約をしました。13時から体験開始なので、当日は15分前にお店へ行きます。三人の息子たち(9歳、6歳、2歳)は初めての陶芸体験に緊張気味。

陶芸体験の受付を済ませると、お店で用意してくれたエプロンを着用。さっそく、初めての陶芸体験の始まりです。

「ろくろ体験」と「手びねり体験」

陶芸を教えてくれる先生は優しい女性の方でした。おかげで息子たちの緊張もほぐれ、楽しそうな表情に変わっています。


長男は「ろくろ体験」、二男と三男は「手びねり体験」を選択。「ろくろ」はグルグルと回る機械を使用するのに対して、「手びねり」は手だけで仕上げていきます。最初に先生から作業全体の説明を受けました。説明が終わると子供たちの出番です。


「手びねり」の二人は、満面の笑顔で楽しそう。6歳の二男は一人で製作が出来そうですが、2歳の三男は親の助けが必要でした。

陶芸体験で子供の集中力UP

「ろくろ」の長男は作業に集中。普段は落ち着きのない子なので、そのギャップに驚きます。さらに、上手にろくろを回しているじゃないですか。

こんなに集中する息子を見るのは初めての事。「陶芸体験をさせて良かったよ!」と、パパの心からの声を掛けますが無視してろくろに集中する息子。

作業開始から20分ほどで湯呑を完成させました。粘土の段階では60分の制限時間内に何個でも作ることができ、その中から1個だけ焼き上げる作品を選ぶことができます。

親子で協力する大切な時間

さてさて、「手びねり」の二人も段々と作業に集中してきました。

ママに手伝ってもらいながらの作業になりますが、とても楽しそうでした。

「手びねり」の二人は、制限時間内に1個の作品を完成させることができました。最後にお好みで器に模様を描きます。

オリジナル陶器が一生の思い出に!

「ろくろ」の長男は3個の作品が完成。その中から1個だけを選んで焼き上げるのですが、追加料金を払えば2個でも3個でも選んで良いそうです。今回は追加料金(800円)を支払い2個を選びました。

最後に焼き上がりの色決めです。なんと、11種類もの色がありましたよ。

あとは焼き上がりを待つのみ。約1カ月で完成するとのことで、完成した作品は店頭での引取りか郵送が選べます。送料は別料金になりますが、遠方にお住まいの方も安心ですね。

陶芸体験の後はカフェとギャラリーへ

アトリエ織部には、お洒落な陶器を展示販売するギャラリーと、広大なお庭のあるカフェもありますので、陶芸体験と併せてお楽しみ頂けると思います。

1ヵ月後・・・これが完成品!

陶芸体験を終えてから約1ヵ月後、ついに私たちの作品が焼き上がりました。ろくろで作った茶碗と湯呑み茶碗は市販品レベルの出来栄え!

湯呑み茶碗に取手を付けた9歳の発想が面白くてお気に入りです。

一生の思い出となるように、器の底面に「体験日」と「好きなアルファベット2文字」が入れられます。

手びねりで作った小皿のデコボコ感は味がありますね。可愛い色の釉薬が、子供用の小皿としてピッタリ!

アトリエORIBEの店舗情報

住所:岐阜県多治見市旭ヶ丘10丁目6番地の130

電話番号:0572-26-9555 (体験予約も電話でお願いします)

営業時間:10:00-17:30 (体験受付16:00まで) 

休業日:不定休

駐車場:無料駐車場有

体験料金:下の写真を参考(各種クレジット対応)



この記事のレポーター

ちゃんた
ちゃんた
岐阜在住歴40年の“ちゃんた”です。三児の父であり週末は家族で岐阜県内の公園などで楽しんでいます。趣味は愛車のクロスカブ(原付二種)で県内をツーリング。中濃や東濃の絶品グルメ&絶景を探索中です!

記事一覧

親子で水遊びの問題を解決!「清流長良川あゆパーク」なら快適に1日が過ごせます
親子で水遊びの問題を解決!「清流長良川あゆパーク」なら快適に1日が過ごせます
more
【郡上八幡観光】あなたはどっち!?食品サンプル作り体験が出来る店舗を徹底比較
【郡上八幡観光】あなたはどっち!?食品サンプル作り体験が出来る店舗を徹底比較
more
30万人以上が作った!「美濃和紙の里会館」で”紙すき体験”
30万人以上が作った!「美濃和紙の里会館」で”紙すき体験”
more
ここは秘密基地?入口がピラミッド!「ヤマザキマザック工作機械博物館」が楽し過ぎた件
ここは秘密基地?入口がピラミッド!「ヤマザキマザック工作機械博物館」が楽し過ぎた件
more

関連記事

いま読まれている人気記事

センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
センスの良いお菓子で喜ばせたい!岐阜の今っぽい手土産10選
昔から定番の岐阜の手土産もいいけれど、友人や取引先など大切な人への送りものをするからには、最新でセンスの良いものを選びたいですよね。岐阜では現代のニーズに合わせてアップデートされた老舗菓子店のお菓子や、新進気鋭の新店などが続々と誕生しています。今回はその中から特におすすめの10商品をご紹介します。
more
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
「この道、バイクで走りたい!」四季折々美しい、岐阜の道5選
面積が広く、数々のツーリングスポットを有している岐阜県。白川郷や下呂温泉などがその代表例でしょう。中部や関西のライダーでも1泊2日ほどあれば、手軽に訪れられるのも魅力です。

そんな岐阜県ですが、ツーリングでぜひ着目してほしいポイントが、四季折々の美しい道。アクセスという側面だけでなく、その道を走ることが目的になるような、素晴らしい名道が数々存在します。

今回はシーズン別に、筆者オススメの道を5つご紹介していきましょう!
more
親子で水遊びの問題を解決!「清流長良川あゆパーク」なら快適に1日が過ごせます
親子で水遊びの問題を解決!「清流長良川あゆパーク」なら快適に1日が過ごせます
岐阜県郡上市にある「清流長良川あゆパーク」は、東海北陸自動車道白鳥ICから車で10分。安全なパーク内の人工河川、魚つかみ、釣り、広い芝生、食事に自動販売機、綺麗なお手洗い、そして駐車場完備。親子の水遊びで問題になることを全て解決した施設をご紹介します。
more

オススメのPick Up 記事

うまいお酒と出逢う旅!飛騨高山の酒蔵を巡る「のん兵衛まつり」へ行ってきた!
うまいお酒と出逢う旅!飛騨高山の酒蔵を巡る「のん兵衛まつり」へ行ってきた!
飛騨高山「酒蔵のん兵衛まつり」は、古い町並周辺の歴史ある酒蔵を巡り、呑み比べを楽しむ「のん兵衛」の為のイベントです。例年、新酒の出来上がる冬の寒い時期に開催されていましたが、令和4年は初夏の開催となりました。
地酒大好きな地元レポーターが、イベントアイテムの「NOMBE(のんべえ)バッグ」を手に、レンタル着物で酒蔵を巡り、「のん兵衛まつり」期間中や期間外の酒蔵での楽しみ方を学んできました!
お酒のことは「のん兵衛」に聞くのが一番!!
というわけで、今回イベントに参加された6つの酒蔵でお話を伺ってきましたので、ぜひ参考にしていただき、ほろ酔い気分で酒蔵や周辺のお店をハシゴしていただければと思います。

※のん兵衛(のんべえ)…お酒が好きでよく飲む人を人名のように言った語。呑兵衛。
more
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
大河ドラマの地でも話題!各務原市を大探索!
雑誌の撮影で訪れたのをきっかけに、プライベートでも写真を撮りに行くようになった岐阜県各務原市(かかみがはらし)。僕は”旅行”というより、”探検”に行く気分で街を巡っています。
自慢できる場所やおススメしたいスポットが豊富で、訪れる度に新しい発見がある各務原市を紹介します。
more
アクティブな避暑のたび。夏の郡上の楽しみ方〜絶景、グルメにスイーツも〜
アクティブな避暑のたび。夏の郡上の楽しみ方〜絶景、グルメにスイーツも〜
家に閉じこもりがちになる、暑い暑い日本の夏。「どこか暑さを忘れて、涼感に浸れる旅行先はないだろうか?」という方にオススメしたいのが、岐阜県北部の郡上(ぐじょう)エリアです。

“水の都”として親しまれる中心部の「郡上八幡」では、湧き水スポットを巡ったり、名水スイーツを味わい、北西部の「ひるがの高原」では花々を愛で、異国情緒漂うペンションでの滞在に癒されます。

今回は、そんな夏こそ訪れたい郡上の楽しみ方をご紹介します。
more